未来のお金の形、それがビットコインに始まる多くの仮想通貨(暗号通貨)です!!

『2017年は仮想通貨元年』とTV、新聞、インターネット等々いろんなところで報道されています。

でも実際、ビットコインからはじまる仮想通貨について正しい情報であったり、また、どれ位のインパクトがあるのかを全然知らない人が、人口の9割以上を占めているのも現状です。

まだまだ『ビットコイン=怪しい』という認識がほとんどです。

でも、『怪しい』とは、私は全くその知識を理解していませんという日本語の裏返しであることを、私は一緒にビジネスをする仲間に教えて頂き

せめて、知りたい!学びたい!と思っている人にだけでも、ちゃんと教えようと思い活動しています。

 

ビットコインとお金の未来

MITメディアラボで仮想通貨の技術や応用法を研究する「デジタル通貨イニシアチブ」研究部長を務めるネハ・ナルラ氏が語ったお金の未来

現在の貨幣システムは、みなさんもよくご存知の通り銀行による多くの中間手数料がとられています。

「銀行による中間マージンが一切なくなった世界は便利だとは思わない?そんな未来を創造してみてください」というのがナルラ氏のプレゼンテーションの主題です。

しかもそれは、ブロックチェーンの技術により「早く」「安全に」実現できるといいます。

今回この番組を取り上げたのは、引き続き日本をおおう「仮想通貨やビットコインなんて、どうせい怪しいものでしょ」という誤った認識を少しでも払拭できたらな、という思いからでした。

MITはいわずとしれた世界最高峰の研究機関の1つです。彼らも専門の研究機関を用意して、仮想通貨やブロックチェーンの応用を研究しています。お金のインターネットがいつ本格化するかは誰にも分かりませんが、80年代ファミコンの発売で家庭用ゲーム機が世界中に広り、90年代Windows95の発売でインターネットがあっという間に世界を覆いつくすネットワークになったように、仮想通貨も私たちの生活を短期間のうちに劇的に変化させていくと、私は思っています。

仮想通貨(暗号通貨)って何?

 

仮想通貨「Bitcoin」とは一体何か、どういう仕組みかが一発で分かるまとめ

Bitcoinは、銀行のような中央を経由せず、直接、1対1で通貨のようなものを取引できる仕組みである。これはつまり、サーバー・クライアントモデルに基づいた信用によらず、取引ができる仕組みになっています。

この仕組みは、P2P(Peer-to-peer)技術と、公開鍵暗号などの暗号技術を用いて実現されている。このような「通貨」は、Bitcoinによってはじめて実現されましたが、現在、同様の仕組みを用いた通貨はBitcoinの他にも多数存在しています。これらをまとめて、「暗号通貨」(Cryptocurrency; クリプト・カレンシー)と呼びます。

私たち日本では仮想通貨と呼んでいますが、正式名称は暗号通貨と呼ぶんです。

取引履歴で通貨を表現

P2Pで、いかにして通貨を表現するかを説明します。

Bitcoinでは、すべての取引履歴を10分間に1度作られるブロックという塊として表現しています。具体的には、「トランザクション」(Transaction; 取引)を以下のように定義。各トランザクションは、前のトランザクションのハッシュ値や、新たな所有者の公開鍵を含み、元のコインの所有者の暗号鍵によって電子署名されている。全てのトランザクションの情報は、P2Pネットワーク全体で共有される。

 

一見分かりづらいかもしれませんが、取引をこのように表現することで、通貨としての多くの特性を表現できていることが分かるかと思います。

例えば、「あるコインについて、元の所有者の許可なく、コインを本人以外が勝手に譲渡することはできない。」また「第三者は、ある人からある人へのコインの譲渡を、客観的に確認することができる。」

ということです。

しかし、この仕組みだけでは、これを通貨として用いることはできません。なぜなら、二重譲渡を防ぐ仕組みがないからなんです。

二重譲渡とは、元のコインの持ち主が二人以上の相手に、全く同じコインを譲渡することです。通貨として用いるためには、どちらの譲渡のみをネットワーク全体で、正しい取引として決定する必要があります。一般的には、時系列的に後のトランザクションを無効とみなすのが自然です。しかし、これらの取引はP2Pネットワーク上でなされるので、ネットワーク全体として見たとき、どちらが先に行われた取引かということを、確実には決定するのが非常に困難なのです。

ブロックチェーン技術で二重譲渡を防ぐ

重要なのはネットワーク全体で、特定のどちらか一方のみを一貫して、正しい取引であると決定できることです。

前項『取引履歴で通貨を表現』で説明したとおりに通貨を表現することにより、不正を働くことができるのは、コインを持っている人だけとなっています。

したがって、矛盾する二つの取引があった場合、厳密にどちらの取引が先になされたかというのは、あまり重要ではないんです。

そこでBitcoinに導入されたのが、「ブロックチェーン技術」(Block Chain; ブロック鎖)という仕組みです。

それぞれの「ブロック」(Block)は、多数のトランザクションと、「ナンス」(Nonce)と呼ばれる特別な値、そして直前のブロックのハッシュを持っている。「ブロック」に含まれた取引のみを「正しい取引」と認めることにしています。そして、ネットワーク全体で「唯一のブロックの鎖」を持つ仕組みとなっています。これによって、一貫した取引履歴を全体が共有できるというのがブロックチェーン技術のコンセプトなんです。

しかし、ここで当然のように誰が「ブロック」を作成するのかという問題が生じます。特定の誰かにブロックを生成する権限を与えたら、「非中央集権」という性質が失われてしまうからです。

かといって、誰でも無条件でブロックを生成することができたら、どれが「唯一の正しいブロックの鎖」なのか、誰にも分からなくなってしまいます。

 

仕事の証明によるブロックの生成

ここで用いられたのが「仕事の証明」(proof-of-work, PoW; プルーフ・オブ・ワーク)と呼ばれる仕組みです。

それぞれのブロックについて、SHA-256ハッシュを取ることを考え、このハッシュの先頭に一定の数以上の0が並んでいるブロックのみを、「正しいブロック」として、ネットワーク全体で認めることにする。ブロックには、ナンスと呼ばれる特別な値が含まれていたことを思い出してください。ナンスを変えることで、ブロック全体のSHA-256ハッシュを変化させることができるので、条件を満たすようなハッシュを持ったブロックを作ることができる。という仕組みです。

SHA-256などのような暗号学的ハッシュ関数は、ハッシュ値から簡単にデータを逆算できないように設計されています。したがって、全探索・総当り以外の方法で、条件を満たすようなナンスを探すことはできません。これは、計算資源を使わないと、条件を満たすブロックを生成することができないということなんです。これによって、ブロックの作成に「誰でも作成できる訳ではないが、特定の誰かのみが作成する権限を持っている訳でもない」という性質を持たせることができたということになります。P2Pネットワーク上の各ノードは、ナンス値を変化させながら全探索・総当りをし、条件を満たすブロックを発見しようと努力します。そして、これをみつけたノードは、そのブロックを他ノードに配信し、ネットワーク上の全てのノードがこれを認めるのです。

ブロック生成の難易度は、過去のブロック生成速度に応じて、およそ10分に1個のブロックが発掘されるよう適切な値が設定されるようになっています。(Bitcoinの細部) コンピュータの性能は爆発的に向上してきていることが知られていますが、これは、もし探索の難易度(つまり、ハッシュの先頭にいくつ0が必要か)が一定のままだとすると、やがてブロックはただ同然の計算資源で生成できるようになってしまうということを意味するからです。また、ネットワークに参加するノードが増えるにつれてブロックの生成速度が次第に速くなっていってしまうということも意味し、これも同様に望ましくない。したがって、難易度を変化させる必要があるんです。

実際のブロックチェーンのデータは、Blockchain.infoなどで閲覧することができますので、実際に見ることで更に分かるかと思います。

マイニングによる利益

前項『仕事の証明によるブロックの生成』で、ブロックの生成には計算資源を使う必要があることを説明しましたが、ブロックの生成に見返りがなければ、わざわざコストをかけてコンピュータや機材を買って、ブロックを生成してくれる人はいませんよね。

したがって、ブロックの生成には報酬が支払われる仕組みがあります。

報酬は、それぞれのブロックの先頭にある『コインベース(coinbase)』と呼ばれる特殊なトランザクションによって実現されています。

このトランザクションは、誰かから誰かへのコインの譲渡を表すのではなく、コインの生成を表すトランザクションとなっていて、そして受取先はブロックの生成者となっています。

この特殊なトランザクションのおかげで、ブロックを生成すると生成者は、一定額の定められたコインを報酬としてもらうことができる仕組みとなっています。

Bitcoinはよく性質が金(Gold)に似ているので、ブロックの生成は採掘作業と表現されることから、ブロックを生成することを一般に「マイニング」と呼ばれている。

 

正しいブロックチェーンの決定

以上の仕組みによって、中央集権でなくても、Bitcoinネットワークは正しいブロックチェーンを作り上げていくことができるのです。

しかし、ここまでの仕組みだけでは、ブロックチェーンが絶対に分岐しないことを保証するには不十分となっています。

そのためBitcoinは、分岐点から先がより長いほうのブロックチェーンを、常に正しいブロックチェーンとして認める、という規則を導入しているのです。

 

 

これは単純な方法で一見してまだ不十分であるようにも見えますが、Bitcoinの原著論文では、これについて、確率論的な説明がなされている。(論文(PDF)の11章)論文によると、攻撃者とブロックチェーンの伸ばし合い競争をした場合、善意のノードの持つ計算資源が、攻撃者のそれより少しでも多いかぎり、攻撃者がブロックチェーンを乗っ取れる可能性はきわめて低いとされています。

 

まとめ

Bitcoinは、

  • 電子署名を使い、コインを取引のかたまりとして表現している。
  • 二重譲渡をブロックチェーンと仕事の証明により防いでいる。
  • ブロックの生成者に報酬が与えられる。(マイニング)

以上がおおまかなBitcoinの原理の説明となります。登場した概念の中で、本当の意味で、多くの人々にとってなじみのないものは、仕事の証明の部分ではないでしょうか。

Bitcoinの原理自体は決して難解でないという事が、理解できたかと思います。

 

世の中におけるビットコインの認知度

現在、仮想通貨は世界中に少しずつ認知されているというのが実感です。2年前や3年前は本当にただの怪しい商材のような印象を世間は受けていました。やっと2016年頃から仮想通貨とは電子マネーとは違いバーチャル世界の通貨と認知され、日本では公共料金の支払いで初めてビットコインが用いられたり、ビットコイン専用のATMが設置されたりと周知はされてきています。

海外では既に受け入れられ生活の一部となりつつあります。

ヨーロッパ中央銀行は2012年に仮想通貨を「未制御だが、特殊なバーチャルコミュニティで受け入れられた電子マネー」と定義付けた。米国財務省金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は2013年に仮想通貨を「本物のお金」の対義語と位置づけ、どの司法組織においても法定通貨としての価値を持たないものとして、ガイダンスを発表した。さらに2014年、欧州銀行監督局は仮想通貨を「デジタルな価値の表現で、中央銀行や公権力に発行されたもの(不換紙幣を含む)でないものの、一般の人にも電子的な取引に使えるものとして受け入れられたもの」と定義付けた。

出典:Wikipedia

では、日本ではどうでしょう?

 

日本では2016年に成立した新資金決済法の下では、「仮想通貨」は「物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」又は「不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」と定義されている。

出典:Wikipedia

2016年には通貨として認められ、既に2017年4月から仮想通貨法が施行されています。

仮想通貨(暗号通貨)とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価として使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。

また、仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

簡単にまとめて言うと国が発行していない世界共通通貨ということなんです。

 

日本人にとって、なぜビットコインの仮想通貨(暗号通貨)に対する印象が悪い!?

仮想通貨の印象を悪くしている原因として、まず一番最初にMTGOX(マウントゴックス)社という仮想通貨の取引所の社長が逮捕された事件じゃないでしょうか?

 

2014年にMTGOXがビットコインを28億円もハッキングで盗まれて倒産申請し、この社長が横領などの罪で逮捕された時です。

これが逆にビットコインっていう通貨を世間に知らしめた要因であると思います。

当時、ビットコイン社長逮捕などとも報道され、何も悪くないビットコインの印象が、世の中に『ビットコイン=怪しい、詐欺』と、多くの日本人に根深く刷り込まれました。

その他

  • どこの国にも管理されない、ようは価値を認める根拠が使っている人達だけで成り立っているのを信用できない。
  • 実態が無い電子マネーである。
  • 実際に使える所が無く、マネーゲーム的要素しかイメージ出来ない。

などなどの理由を実際よく耳にします。

 

まず、仮想通貨(暗号通貨)ビットコインを知る前にお金の知識を身に付けよう!

ビットコインはじめ仮想通貨(暗号通貨)を怪しいと思うなら、自分がどれだけお金の知識を持っているか自覚した方が早いです。

今、実際に使っている日本の法定通貨『円』の価値って誰が決めてるの?誰が認めてるの?何故、一生懸命朝から晩までお金を稼ぐ為に働いているのに生活が豊かにならないの?何故、国の借金はどんどん増え続けているの?

パッと答えれる人が何人いるでしょう?

極論言います。

学校で何故お金のことを教えないのですか?

何故でしょうか?

それは、日本の政治や経済を動かしている権力を持った人の都合が悪くなるからです。

お金の本当の意味についてはまた別途説明しますが、これからの時代、少なくても円という通貨だけに依存していたら大変なことになるんだという事だけ理解しておいた方が良いです。

それは、円だけに限らず、ドル、人民元、ユーロなど各国が発行している法定通貨に共通して言える事です。

 

仮想通貨(暗号通貨)ビットコインが凄いのは、超画期的な技術の結晶であること!

仮想通貨に代表されるビットコインに組み込まれているブロックチェーン技術であったり、仮想通貨の時価総額ランキング2位のイーサリアムに組み込まれているスマートコントラクト技術が、多くの人や企業はじめ世界中の国にも価値を認めさせている技術なんです。

では、どんな技術なのか、簡単に説明します。

  • ブロックチェーン技術とは?  :ブロックチェーンは分散型のコンピューターネットワークであり、中央集権を置かずにして信憑性のある合意に到達する方法を可能にする技術です。
  • スマートコントラクト技術とは?:スマートコントラクトとは、「オンライン上の効率的な合意システム」として、送金時に『合意』したこと添付することを可能にする技術です。

今現在、約19兆円規模の仮想通貨市場で価値が認められているのは、ちゃんと世の中の役にたつ素晴らしい技術があるという根底の上に成り立っています。

 

これから仮想通貨を0から学んでも、十分資産構築することはできる!?

最近、「仮想通貨」や「ビットコイン」という言葉を新聞やテレビや雑誌でよく見かけ、興味を持ちはじめ色々情報を収集していく中で、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行をはじめとするメガバンクやビックカメラやリクルートといった大企業も次々と仮想通貨関連の事業へ本格参入することを発表していて、仮想通貨って凄いかもと感じているけど、でもよく分かんないから怪しいしと思ってる人も少なくないと思います。
でも今年は『仮想通貨元年』と言われているだけあって既に仮想通貨バブルが始まったと言っていいでしょう。

なぜそんなこと言えるのか?

私の周りでも、わずか数ヶ月で資産を何十倍何百倍にも増やして、一気に人生が変わった人が続出しています。

でもその一方で、メルマガ、Youtube、SNSを中心に「仮想通貨は稼げる!」とか「資産が数ヶ月でウン十倍になった!」という話を持ちかけ、ビットコインを利用したHYIPなどの投資詐欺案件やこれから上場公開され価値が何十倍何百倍になるプレコインと呼ばれる未公開通貨の投資詐欺もたくさん世に出回りました。

でも、そんな詐欺が横行する中でも、ちゃんと資産を増やせている人は何人もいます。

騙されないで増やす具体的な方法って気になりますよね^^

でも、仮想通貨ってどこで買えるかよく分からないし、そもそも仮想通貨は怪しいと思ってませんか?

安心してください。

暗号通貨投資倶楽部では、ちゃんと仮想通貨のことを理解し暗号通貨と言うようになるまで個別で一つ一つ丁寧に分かりやすく理解するまで説明します。

そして、面白そうだな!とか持ってみたいと思った人にだけ、ビットコインなどの仮想通貨に交換できる取引所の口座開設を教えます。当然中にはPC操作が苦手な人もいますので、しっかりサポートしますよ^^

仮想通貨でお金を稼ぐということは、労働をするわけではありません。

知識を身につけるということです。

ですから暗号通貨投資倶楽部では、

・お金について理解していただきます。
・ビットコイン(仮想通貨)について理解していただきます。

どういうことかというと投資して利益出したかったら、まず学べをモットーにしています。

何故、そうしているのか?

それが王道だからです。

ビットコインのFXのツール?アービトラージのツール?アルトコインの仕手情報が手に入るコミュニティ?
そんな稼げもしないツールやコミュニティにお金を投じること自体もったいないです。

それは何故か?

彼らは何故ツールを作るのですか?彼らは何故有料の情報配信コミュニティを作ってるのですか?

人が集まり金儲けできるからですよね!

要は、稼げるというキャッチフレーズで人を集め、養分にしてるということです。

そういうことも暗号通貨投資倶楽部では、ちゃんと教えます。

ちゃんと学び、ちゃんとした情報を掴んでいれば、ここ数年で莫大な資産を築けます!

 

 

仮想通貨(暗号通貨)ビットコインは、マイニングで増やせる!!

ビットコインやその他のアルトコインって、安く購入したいですよね。ビットコインをはじめ、多くの仮想通貨はマイニングすることにより増やすことができます。マイニングとは取引の承認作業のことで、世界で一番最初に取引の暗号計算問題を解いた人にビットコインが報酬として付与されるというものです。こうして市場に出回るビットコインは増えていくのです。このチャンスは10分に1回あり、2017年現在では12.5BTC(+α)のマイニング報酬を得ることができます。

ビットコインは、一度に300万円以上の報酬とは驚きですが、世界中でビル一棟にスパコンがフル稼動して競っているので一般人がマイニングで勝ち得るのは非常に困難というか、ほぼほぼ無理です。さらに、膨大な電気代と冷却が必要になるので環境破壊にもなっています。

ここで、ビットコインのブロックチェーン技術とマイニングについて分かりやすい10分程度の動画を用意したので、是非ご覧ください。

マイニングの仕組みが何となくだけど更に理解できたと思います。
ビットコイン技術を用いることでのコスト削減効果は、金融業界の送金手数料だけで60兆円と言われています。
ビットコインの価値が50兆円を超えることは現実的な話なのです。

どんどん、情報を掴んで仮想通貨(暗号通貨)理解し、まだ地に埋もれているチャンスを手に入れて頂ければと思います。

 




更新日:

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.