お金とは?

もともと私は、会社員として二十数年働いていたのですが、その間お金と給料という概念はイコールでした。
お金は苦しく辛い労働の対価として月に一度、会社から支払われるものであり、来月の給料のために苦しく辛い労働を行うことを定年退職する60歳までやって、それでも安定した生活が困難な状況だったら再就職をしなければならないこと、それが私ににとってのお金を稼ぐということでした。

ですから会社員を辞めたいけど、お金のために辞められないという状態が続いていました。

しかしある日、マイナンバー制度施行の話を聞いて、今まで自分の家族が協力し合ってコツコツ貯めてきた自分の預貯金や収入が全て丸裸にされ政府に完全管理されることを危険だと思い、今までお金について真剣に考えたことがなかったことに気づき、そもそもお金って何だろう??と考え始めました。

給料のおかけで生活に不自由しているわけでなかったのですが、お金のことで不自由な生き方をしていると思うようになってきたのです。

もし、お金のことを(敵のことを)知ることで、もう少し自由な生き方ができる可能性があるならば考えてみても悪くない、そう考えたのです。

『お金』とは何でしょうか?

このことを考えるうえで、『お金』に関する問いを2つに分けて設定しておくことが重要です。

一つ目は、『お金そのもの』について。
二つ目は、『お金を稼ぐ』について。

『お金を稼ぐ』ためには、稼ぐ対象のお金自体が何かを理解しておかなくてはなりません。

しかし、往々にして『お金を稼ぐこと』にだけ頭を使い『お金そのもの』を理解しようとしなかったために、
『お金』の実態が見えずひどく不自由な考え方になりがちです。

狩りに例えるなら、狩る獲物によってその方法は全く異なる訳ですから、
”何を”狩りたいのかを明確にしなければ、”どのように”狩るかを理解することはできないということになります。

これを読んでいるあなたは、何を狩りたいでしょうか?
そのために、少しずつ、一緒に考えていければと思います。

まずは『お金そのもの』について考えることにしたいと思います。

経済学を学んできた方は聞いたことがある話かもしれませんが、まずはこんな話があるので読んでください。

ーーーーーーーーーー ここから ーーーーーーーーーー

だんご三兄弟や、ピタゴラスイッチの生みの親として有名な佐藤雅彦さんという方がおられます。
最近は現代芸術もされているようですが、もともとは広告代理店で働いておられた方の話です。

佐藤さんが小学校のころ牛乳瓶の蓋(紙でできたもの)これをコレクションすることがクラス中で流行りはじめたそうです。あるクラスで始まり、それは最初は蓋の数、何枚持っているか、ということが一種の競技のように生徒間で争われ、次第に蓋のデザインや希少性も争われるようになったそうです。
やがて、牛乳瓶の蓋は、各生徒がビニール袋いっぱいに集めるようになりました。さらにこの現象はエスカレートし、「掃除当番の代わりになってくれたら、この蓋を君にあげる」と、一種の通貨のような働きまで持ち始めたそうです。
面白いのは、こうした一種の流行が、ある日突然終わったことです。
そのきっかけは、当時のクラスの転校生のひとりが、知り合いの牛乳配達屋さんにお願いをして、これまでの生徒たちの規模を遥かに超えた蓋をもらってきたことだったそうです。 これまで、必死に蓋を集めていたのが、突如ばからしくなり、皆急に醒め、なんとなく蓋に熱中していること自体が恥ずかしいことのように思えてきたそうです。
その日以来、蓋が持っていた不思議な価値は消えてなくなり、やがて皆、ごみ箱に捨てられてしまったと言っておられました。

ーーーーーーーーーー ここまで ーーーーーーーーーー

さて、この話ですが、あなたも幼少期に似たような経験をしたことがないでしょうか?
私自身の経験を振り返ると、キン消し(キン肉マン消しゴム)やビックリマンシールがまさにブームで、お金と同等ものによってはそれ以上の価値がありました。
私のちょっと上の世代だとスーパーカー消しゴムやプロ野球カードが大人気だったと聞いています。
日本経済においても1980年代の「バブル」と呼ばれる熱狂的景気も構図が全く同じであることに気づくかもしれません。土地や株は、どんどん価値が上がると世の中の多くの人は思っていました。
つまり、対象が何であれ、「皆がこれを欲しがる」というお互いの暗黙の了解が、その対象の価値を作り出している、という構図です。
似たような話は歴史を紐解けば、いくらでもサンプルを上げることができます。
例えば、人類の最初のバブルと言われることもある、オランダのチューリップ・バブル。これもチューリップという単なる花が、皆にとって価値があるに違いないという暗黙の了解、ないし思い込みによって、チューリップの一株がとんでもない値段になりました。そして、ある日突然、「そんなに価値なくない?」という誰かの気づきにより、バブルが弾けてしまったのです。

ではあなたが毎日汗水垂らしてもらっているお金?これは何でしょうか?

これを考えるために、試しに一度一万円札を手に取ってみてください。
そこには、『日本銀行券』という記載があるのがわかるはずです。
この紙も、基本的には佐藤さんの牛乳瓶の蓋の話と全く同じで、一万円札も単なるインクのついた紙であることには変わりはありません。(ちなみにですがこの話、実はこち亀にも似たような話が書かれています。)
この紙で、「大体これくらいのモノと交換してもらえる」というお互いの『信用』があって始めて、この紙は今『お金』として認識され扱えるようになっているのです。
ただし、ひとつだけ違いがあるとすれば、この紙は単なるクラスメイト間の合意というものだけではなく、日本銀行(日本政府)がこの紙に価値がありますよ、と言ってくれているという点が挙げられます。
私たちは、一万円札の価値を日本が担保してくれていると信用があるから、アメリカをはじめ、イギリスやロシアなど多くの諸外国が一万円札は単なる紙ではなく「お金」として認め決済手段として機能することができるのです。
つまり、言い換えると『お金』とは、『互いに価値があると信用があるモノ』ということができます。
ですので、『お金』とは紙であっても、チューリップであっても、牛乳瓶の蓋のあっても基本的は実はそれほど差異はありません。ただ、『誰が』その価値を保障しているか、という点が大きく違うわけです。
この『保障している誰か』が十分『信用できるひと』である限りにおいて、この『モノ(お金)』の価値は、きちんと担保されるといえるでしょう。
逆に信頼のおけない誰か、が価値があるといっても全くの無駄なわけです。

例えば、私が『日本俺銀行券』という紙を印刷して、100万ドルの価値があるぜ、といっても聞く耳を持つ人はいないでしょう。
逆に、怪しい占い師がそこらの壺を「100万の価値がある」といったとき、僕にとっては意味がないですが、信者の方にとっては意味があるのでしょう、
それは不思議なことに「100万円の価値」のモノになってしまうのです。
ここまでのことをまとめると、お金とは、「『信用』のおける誰かが価値を担保しているモノである」と言うことが分かるかと思います。

 

​現金とは、現在のお金である!!

あなたは普段、お金のことを『現金』と言っていたり、聞いていたりしているはずです。

ではなぜ『現金』と言うのでしょう?

別に通貨でも良いじゃない!って、思いませんか?

これはちゃんと意味があるんです。

『現金』とは、現在通用している通貨のことを言います。

そんなの当たり前じゃんって思うかもしれませんが、ここに落とし穴がある事をちゃんと理解しておきましょう。

例えば、Aという国で銀行が開店する前に我が国の通貨を新しくしますとA国政府発表したら、今財布にあるお金や銀行に預けているお金が紙くずにしましたと言われたのと同じことなんです。大体は混乱を避けるために制限をかけて新しい通貨に交換して貰うことはできますが、その時点で国に現金を搾取されているのと同じことが言えます。

そう、これが金融封鎖です。

最近では、2013年にキプロスショックがありました。
2002年のウルグアイ、2001年のアルゼンチン、1998年ロシア等、世界各国で預金封鎖が行われていたのです。

知っていますか?日本も既に​1944年と1946年の2回、金融封鎖をしていることを!!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%90%E9%87%91%E5%B0%81%E9%8E%96

もうないだろうと安心していたら足元をすくわれますよ!

歴史は繰り返されるのです。

今を知り過去を知ることで未来を予測することが可能です。

​しっかりとお金の知識を身に付けていきましょう!!

 

お金の歴史を知ろう!!

私たちが普段よく使う「お金」が、どのように誕生していったのかを見ていきましょう。

1.日本のお金の起源

お金は硬貨とお札に分かれますが、日本で最初に硬貨が出始めたのは7世紀の「無文銀銭」だと言われています。これについては708年に発行された「和同開珎」が日本初の硬貨として有名で知られていますが、この「無文銀銭」の発見により、教科書の一部が書き換えられるといった事がありました。

しかし、富本銭の発見についてはその発掘例が少ない事や、用途が「まじない用」だった説があるため、和同開珎のように貨幣として使用されていないと主張する意見も根強くあり、現在でも論争が続けられています。

ちなみに和同開珎は、奈良~平安時代に発行された硬貨の通称「皇朝十二銭」と呼ばれるものの1つです。この皇朝十二銭はお隣の唐(中国)の貨幣制度をまねて、平城京の建設の目的を兼ねて制定されました。しかし、畿内以外の地域ではあまり流通しなかったことや、当時の政治家が貨幣や経済のことを理解していなかった事もあってこの制度は上手くいかず、やがて国内での硬貨の発行は停止されました。

2.中世から近世における日本のお金の歴史について

その後の日本では硬貨は作られず、物々交換などによって経済活動が行われるようになります。

もともと、日本では貨幣が生み出される前に、物そのものが貨幣として用いられていた時期がありました。古代から米・絹・布などが商品貨幣、貝殻、石、骨などが自然貨幣として利用されてきました。

しかし、平安時代末期の平清盛の時代には日宋貿易が盛んとなり、国内に大量の宋銭が持ち込まれます。これによって日本国内には中国から持ち込まれた大量の貨幣が流通するようになりました。その後も中国を由来とする元銭、明銭といった貨幣が輸入されていました。

戦国時代になると、戦いを行っていた戦国大名は独自の貨幣を作るようになります。例えば甲斐国(山梨県)の武田信玄は「甲州金」と呼ばれる、日本ではじめての金貨を作ったことで知られています。また、天下を統一した豊臣秀吉は「天正大判」という、世界で1番大きいと言われる金貨を発行した事で知られています。秀吉、そしてその後を継いだ江戸幕府によって、統一した硬貨の発行が行われていきました。

3.江戸時代で完成した日本の貨幣制度!紙幣も誕生?

江戸時代になると、金・銀・銅の三貨制度が定められ、全国で貨幣制度が統一されました。

1606年に江戸幕府によって制定された慶長通宝は、皇朝十二銭以来の時の権力者が定めた通貨だと言われています。1636年には寛永通宝の鋳造がはじまり、これは幕末の時代まで用いられました。

また、この時代には紙幣も登場します。1610年に発行された羽書は日本最古の紙幣と言われており、現在の三重県で発行されたものしたが、幕府が発行した銀貨との交換が可能でした。また、藩がその領地内だけ流通することが可能とした藩札を発行したり、江戸幕府の直臣である旗本が発行した「旗本札」と呼ばれる紙幣も、各地で発行されるようになりました。

話は変わりますが、金貨と銀貨には交換比率というものがあります。これは「銀貨3枚で金貨1枚と交換ができる」といったものを表すのですが、この比率は日本と海外では大きく異なっていました。そのため、幕末に日本が開国を行うと、この比率の差を利用した外国人商人などによって、日本にあった金が大量に持ちだされたといった出来事が起こった事もありました。

4.明治時代以降のお金の歴史!電子マネーやビットコインも?

明治時代に入ってからは、お金の主役は貨幣から紙幣へと変わっていきます。また、この時代には政府による紙幣をはじめ、銀行によるお金の単位(通貨単位)が「円」に定めらた銀行券も発行されるようになりました。こうした銀行券は当初、金貨や銀貨と交換できる「兌換紙幣」(だかんしへい)と呼ばれるものでしたが、今から約40年以上昔、1971年にアメリカ合衆国のニクソン大統領がドル紙幣と金との兌換(同額の金貨や銀貨に交換する約束)の停止を宣言した日からお金が永久に変わってしまいました。

どういうことかというと、いま世界中に流通している法定通貨は本当の意味でのお金ではなく、インクのシミのついたただの紙になってしまっているということなんです。なぜなら各国の政府が好きなだけお金を刷ることができるようになってしまったからです。

近年では技術の進化と共に、電子マネーといったIT技術を活用したお金の存在も見られるなど様々な形で発展を遂げ、そして2017年4月には仮想通貨法案が施工されビットコインをはじめ多くの暗号通貨が一般生活に溶け込み当たり前になる兆しを見せています。




更新日:

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.