Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



BTC相場分析

ビットコイン低迷期脱出 は時間の問題!?

更新日:

どんどん上値を切り下げ狭い値幅で急騰急落を繰り返すビットコイン相場。

もはや、いつ底値更新を覚悟している投資家も少なくないと思います。

そこで、多くのトレーダーが相場の原理原則に則り今後最も訪れる蓋然性の高い値動きの意見を参考に分析してみました。

現状のビットコインの相場環境を再分析

ボラティリティ(価格変動幅)

ビットコインチャート ボラティリティ

ビットコインのボラティリティは2017年11月の急騰期をピークとして、時間が経過するにつれボラティリティが縮小傾向になってきています。

まるで階段を一段ずつ降りてくるような頭を切り下げてくる相場に対し、今すぐ2017年末の急騰相場を妄信するのは今や何の根拠もない希望的なポジティブ思考であって現実的ではないと言えます。

このような時の経過と共に効率の悪い相場を作るのは、なぜでしょうか?

多くの人はこう思うはずです。

「バブル崩壊で投資家心理に傷がついたゆえに、取引量が減少しているからだ!」

プロのトレーダーに言わせれば「それは違う。相場の本質から言えば、相場は買いと売りのポジション比率がどちらかに偏りすぎた時に面倒な相場を作りやすい習性をもつからであって、偏れば偏るほど新規注文が入りにくくなるからだ。」という意見です。

ビットコインは2017年の一年間で、とてつもない勢いで急成長をしました。

つまり、売りに対して買いが圧倒的に偏っていたから急成長したということが分かるかと思います。

では、今後どのような相場環境になれば再び動きやすい相場を作るのか?が一番気になるところ。。。

過去のバブル経済に倣うと、それは現在も滞留を続ける大量の買いポジションを解消させ買いと売りのポジション比率がフラット化した時に再び動きやすい相場を作っていくことが分かりました。

つまりは「利益確定の売り」であったり、「損きりやロスカット売り」といった大量の決済注文を一気にかっさらった時です。

滞留しているポジションを解消されるタイミングはどこ?

ビットコインチャート 最終防衛ライン

滞留しているポジションを解消されるには、今まで何度も下落してきた度に強い買い圧力で支えられてきた上記の赤いライン領域(62万~65万円)を、強い売り圧力でブチ抜いてきたタイミングといえます。

この赤いライン領域はバブル相場崩壊後、一度たりとも強い売り圧力でろうそくチャートの実体を残しておらず、現在に至るまでひたすらこの上で推移し続けてきています。

何度も何度も底を試してきていますが、その度に跳ね返され続けてきている「鉄壁の最終防衛ライン」なんです。

私をはじめとする多くの投資家は、こういった何度も機能した水準を無意識的に意識しています。

「ここを割ったらまずい」

そして多くの投資家は「ここを割ったらまずい」といえる水準に決済予約注文を忍ばせ最悪のリスクに備えるようになります。

それは短期トレーダーだけでなく、大きな資金を運用する長期投資家も含めほとんどの投資家にいえる心理だと、相場で何年も生き抜いてきたトレーダーは言うのです。

つまり、買いの決済は「売り」

この水準を深く割り込むとき、一気に決済売りを巻き込んで急落する可能性が高いという事が分かるかと思います。

上昇・下落のトレンドを区切ると見えてきたボラティリティの変化

上の画像のように上昇トレンドと下落トレンドを分けてみると、新たに見えてくるものがあります。

それは、赤い上昇トレンドと青い下落トレンドの期間の推移です。

2017年末の時は短期間で上昇し時間をかけてゆっくり下落してきたのに対し、月日が経過するにつれて上昇するのにゆっくり時間が掛かるようになり、下落は短期間で終わるようになってきました。

つまり、買われるときよりも売られるときの方が圧力を帯び始めてきた結果であり、売りが入りやすい相場へと転換を遂げたことが分かるかと思います。

上昇トレンドから見えてくる急落の予兆

上記チャートのトレンドラインは急騰前の最安値と急騰後の最高値を結んだもので、トレーダーはこのトレンドラインの角度で上昇の圧力を表し判断しています。

チャートを見たら一目瞭然、時の経過と共に上昇の圧力がまるでドミノ倒しのように弱まっている事が確認できました。

日経225やマイクロソフトなどの株式チャートでも前例があるように、バブル相場などで一定程度地合いが強い相場を経た後の典型的な形になっていることが分かるかと思います。

2月の急騰、4月の急騰、6月の急騰と、、、底値をタッチした後は再びバブル相場を妄信し、安くなったタイミング買いを仕込んできた結果です。

急騰の度にバブル相場を妄信する人もどんどん減ったことで、売り圧力を突破する力が徐々に無くなり上値が切り下がりました。

このドミノ倒し相場こそが「もうダメかもしれない…」と気づき始めた投資家心理の表れであり、大きな急落前の予兆に繋がることになります。

暗号通貨の投資に参入する投資家たちの特徴を考える

暗号通貨市場に参入する投資家たちの傾向として、私も含め新米投資家の多さが挙げられます。

それは日本人に投資家が少ないというのもありますが、持ってるだけで資産が100倍、1,000倍になったという投資経験0の人が2016年頃から徐々に誕生し、それをSNS(TwitterやFacebook)、ブログ、YouTube、TVなどで見たことにより、同様に投資経験0の人が参入したからだと言えます。

日々チャートに向き合い、テクニカルを学ぶようになってはじめて分かったのは、そんなピュアな投資家が多い市場の特徴として、「トレンドライン」や「サポート&レジスタンスライン」、「キリ番(キリの良い価格)」や「分かりやすいチャートパターン」だけでエントリーの判断材料に取引していたことであったり、買いや売りのポイントが何も分からないがゆえに、ただ闇雲に毎月コツコツ積立てていたこと。

そして私と同様にそういう投資家たちが多いということが見えてきました。

確かに2017年の10月以前から暗号通貨に投資していた人は、それだけでも十分利益を出せていますが、出川組と言われる2017年12月に暗号通貨投資をはじめた人は、今現在も大きな損失を抱えている状況です。

そんな投資未経験者が大勢いる暗号通貨市場ですが、今のビットコイン相場の日足でこんなにも解りやすいラインが描けた「ディセンディングトライアングル」をみたらどう考えるでしょうか?

ディセンディングトライアングル(下向きの三角保ちあい):基礎的概念では下抜ける事が多いと言われる

他の市場でも、こんなにも長い間トレンドラインとサポートラインが機能することは滅多にないと多くのトレーダーは言います。

このチャートを突きつけられると、今までバブルを妄信し65万円近辺まで安くなったのをみて全力投球で買いを仕込んできた多くの投資未経験者は、徐々に不安にかられるようになります。

「あれ、もうダメなんじゃないのか」と。

一流のトレーダーは既に今年の春(2018年4月頃)に、ディセンディングの可能性を想像していますが、多くの投資家はチャートパターンが完成してから危機を感じ始めますし、暗号通貨市場においては投資未経験者が多いので、それこそ70万円を超えられなくなってから気付くかもしれません。

危機を感じた投資家の中には、既に一旦決済している人も少なくないと思いますし、まだ決済をしていない人も、これからの決済売りで起こった急落を見て、決済を悩んでいた者たちが決済を決意する。そしてまた急落したことで、さらに・・・という感じで決済売りが加速することが予測できます。

トレーダーの中でBTCFXをしている人は、その動きを見て追い討ちを掛けるように新規売りを仕込んでくる人も大勢いることも十分考えられます。

もはや、重要な節目であった65万円は売りが売りを呼ぶ形で崩壊する可能性は「生理現象」と言える段階まで煮詰まったと断言できる状況まできているのは明確です。

このように売りが売りを呼び、今までの相場環境をブチ壊す下落をセリング・クライマックス(セリクラ)と言われ、多くのトレーダーはそのタイミングを今か今かと待っている状況でもあります。

セリング・クライマックスとは:最後の売り場を意味します。 これ以上売る人はいなくなるので、今後株価はリバウンドすることになります。 安値圏で出来高が急増したらセリングクライマックスの可能性が高くなります。 市場は総悲観になり、売りの最終局面、つまり大底の可能性が高いことを意味します。

ビットコイン低迷期脱出 にはセリクラが条件?

セリクラが起こる方が、暗号通貨市場にとっては良い!

セリング・クライマックス(セリクラ)が起こるとビットコインはじめ多くの暗号通貨の価格も今よりさらに急落するのは目に見えています。

しかし、それは後々のことを考えるとは、起きてくれた方がありがたいことが言えるのです。

それは何故か?

セリング・クライマックス(セリクラ)により急落した時のリバウンド効果でディセンディングトライアングルをしっかりとしたロウソクの実体で突き抜けトレンド転換が明確になり、今のダラダラ続いている暗号通貨市場低迷期を脱け出せるということが容易に想像でき、暗号通貨市場に参入した当初に多くの投資未経験者が持っていた持ってるだけで資産が増える状態に戻るからです。

セリング・クライマックス(セリクラ)はいつ起きる?

いつ起きてもおかしくない状況ではありますが、いつかは分かりません。

ただ、ビットコインのチャートの動きに相関性があるとされているマイクロソフトの株価はインターネットバブル崩壊後、5,000日間の低迷期がありました。

え?じゃああと10年間も掛るの?とがっかりする必要はありません。

モルガン・スタンレーは、ビットコインのチャートの動きは2ナスダック総合株価指数の15倍の速度だと言っています。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-20/P5VQ4H6KLVR601

つまりビットコインの低迷期は「5,000日➗15倍速=333.333...(約11ヶ月)」で終わる。

時期としては、ビットコイン低迷期スタートが2018年2月、それから11ヶ月後は2019年1月or2月が一つの目安となります。

さらに、マイクロソフトが低迷期に一度リーマンショックの影響による大きな下落がありましたが、それをビットコインのセリクラに当てはめるとしたら、9月末から10月上旬に位置するので、本当にいつ起きてもおかしくない状況だということが分かりますね。

低迷期脱出した後のビットコインの価格はどうなる?

まず、9月末から10月上旬にセリクラが起きた場合として、ビットコインの今後の価格予測を願望をたっぷり込めてしていきたいと思います。

  • 10月下旬から11月上旬で100万円まで上昇
  • 100万円のラインで上昇停止、一旦70万円前後まで調整下落
  • 年末に向け110万円から150万まで再度上昇
  • 2019年1月、100万円まで調整下落
  • 2019年2月、CBOEのETF承認により急騰190万円
    (のちに世界株式市場73TRILLIONの資金の1%がETF経由で流入するだけで580万円まで上昇する可能性もある)

ビットコインのチャートの動きに相関性があるとされているマイクロソフトの株価は、バブル崩壊後の底値(15$)から約6,426日かけて約7倍の110$まで上昇していることからビットコインはその15分の1である約14ヶ月で最高値を更新する可能性が高いことから、2019年末のビットコインの価格は最高値更新を十分期待できると思います。

まとめ

目先では圧倒的下げ目線ですが、それも最終局面を迎えている状況と言えます。

目先のチャートの価格に一喜一憂せず、しっかりビットコインはじめ暗号通貨の可能性を理解し、下落の最終局面を確認した上で投資するのが間違い無いと言えます。

今はまだ辛抱の時ですが、それももう後少しです。

マインドを強く持って乗り切りましょう!

 

グーグルアドセンス




-BTC相場分析
-, , , , , , , , ,

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.