Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog 暗号通貨を始めよう

暗号通貨の資産管理徹底! ハードウェアウォレット を徹底検証!

投稿日:

暗号通貨の資産管理大丈夫ですか?

資産をちゃんと管理すると言ったらそう「ウォレット」です。ウォレットにも色々種類があって ハードウェアウォレット 、 ペーパーウォレット 、 ウェブウォレット 、 ソフトウェアウォレット など色んな種類があります。

ちょっと古い話で有名なのはマウントゴックスのビットコインハッキング事件、最近では2018年1月に日本の大手仮想通貨取引所『コインチェック』で約580億円相当のXEM(ネム)がハッキングされ盗まれた事件の話で、暗号通貨の怖さであったり、資産管理の大変さや重要性について説明されています。

また、ハッキングではありませんが、最近BitFlyerが金融庁から業務改善命令を受けてBitFlyerに預けている自分の資産を自由に動かせなくなり困っている人も多いです。

これらの事例を身を持って体験した多くの暗号通貨ホルダーは、保管方法の大切さを身にしみてちゃんと管理するようになったと思います。

とはいえ、ウォレットでのそれぞれの保管方法にはメリット・デメリットがあるので、しっかりと理解した上で、状況や目的にあった方法を選択することが大切です。

今回は、ガチホ勢(長期ホルダー)にオススメの ハードウェアウォレット について解説していきたいと思います。

ハードウェアウォレット とは?

ハードウェアウォレットと聞いて、ハードウェア(USBメモリ)に暗号通貨自体を保管すると想像しますよね。でも厳密には、暗号通貨そのものではなく、取引(送受金)に必要となる秘密鍵(プライベートキー)を保管しているという仕組みなのです。

ちなみにペーパーウォレットは紙媒体、ウェブウォレットやソフトウェアウォレットは自身がPCやメモ帳にメモして保存するのが一般的となっています。

取引所も同様に秘密鍵を保管することで普段はユーザが意識することなく取引が行えます。しかし、取引所がハッキングされてしまうとコインチェックのXEM(ネム)流出事件ように暗号通貨が流出するリスクがあります。ハードウェアウォレットの最大の利点は、その秘密鍵をネットワークの繋がったパソコンから切り離して保管することができるので、ネットワークを通じた流出のリスクを抑えることができるということです。

ハードウェアウォレット の注意点

ネットワークから切り離されているからといっても完全にリスクがないわけではありません。ハードウェアウォレットは、1万円以上するものも多く、少しでも安く手に入れたいと中古市場などで購入すると、悪意ある者が初期設定を済ませている(秘密鍵を握られている)ものがあります。そうすると、秘密鍵を使って別のハードウェアウォレットに同期されハードウェアウォレットへ送金したことにより資産を抜き取られます。ハードウェアウォレットを購入して安心したのもつかの間、自分の暗号通貨を盗まれる結果になるので、必ず正規代理店で新品を購入しましょう。

どれを買えば良いのか?

いくつもの会社がハードウェアウォレットを販売しているので、どれを買えば良いか迷ってしまうところです。注目すべきポイントは、対応する通貨、セキュリティの高さ、ウォレットの形状、価格などが挙げられます。使用環境や目的など、自分に合ったものを選定しましょう。

今回は有名で認知度も高いLedger Nano S(レジャーナノ・エス)TREZOR(トレザー)KeepKey(キープキー)COLDLAR(コールドラー)の4製品で比較してみました。

各製品の基本情報は下表の通りとなっている。

ハードウェアウォレット 種類

対応通貨

ハードウェアウォレットに保管できる主な通貨の対応状況をまとめてみました。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)は、全てのウォレットで対応しているのが分かると思います。一方、日本人に人気のあるリップル(XRP)は、Ledger Nano S(レジャーナノ・エス)COLDLAR(コールドラー)のみ対応しており、ネム(XEM)に関しては、TREZOR(トレザー)COLDLAR(コールドラー)のみ対応しているので保管したい暗号通貨に合ったハードウェアウォレットを必ず選定しましょう。また、現時点で対応していなくとも、将来的にファームウェアのアップデートで対応されることもあるので、各ウォレットの公式サイトなどで情報を逐一チェックするのもお勧めです。

また、あくまでも対応している通貨であって、同時に全ての暗号通貨を保管できるわけではないので、その点も注意してください。

基本暗号通貨のウォレットは1通貨1ウォレット です。

確かにマルチウォレットもありますが、暗号プログラムのベースが違うのに同じところに保管できるということはセキュリティが弱いなど、色んな課題が常にあるのでお勧めしません。

ハードウェアウォレット 対応通貨

ハードウェアウォレット のセキュリティ

ハードウェアウォレットを自宅や会社の安全な場所に保管しておく分には全然問題ありませんが、出先で決済に利用したり、出張や旅行で持ち出したりすることもあると思います。

万が一、紛失したり盗難に遭ったりした場合、ロックがかかっていないと保有している暗号通貨を盗まれる危険があります。これはスマホのパスコードロックの設定がされていないのと同じです。スマホをパスコードロックしていないと簡単にLineのトーク履歴や電話帳(アドレス帳)やメールの情報を見られてしまうのと同じです。

今では、たとえ家族でもスマホの中身を見られたくない重要なプライバシーです。ハードウェアウォレットも同じだということを理解しましょう。

ハードウェアウォレットのロックは機種によって方法が異なります。

Ledger Nano S(レジャーナノ・エス)TREZOR(トレザー)KeepKey(キープキー)の3つは、PINコードやパスフレーズをサポートしているのに対して、COLDLAR(コールドラー)はスマホのように、指紋認証やパターンロック認証をサポートとなっています。COLDLAR(コールドラー)のロックは現代人にとってとっても馴染みやすい仕組みになっています。

COLDLAR(コールドラー)は他の3つと比べて、もうひとつ特徴があります。それは、他の3つがUSBで端末に接続するのに対し、COLDLAR(コールドラー)はQRコードで接続するというところです。インターネットにつながった端末にハードウェアウォレットをUSBで接続すると、ウォレットを使用している間は、インターネットを通じてリモートコントロールされるリスクがあります。QRコードで接続する方法だとそのリスクを回避できるので安心できます。ここまで徹底しているハードウェアウォレットは珍しいなと素直に思いました。

まとめ

まずは、自分の暗号通貨資産を見直し、ホールドする期間や金額ごとに分けてみると良いです。すぐに取引するのであれば、取引所のウォレットに置いておくのが便利だし無駄な送金手数料を節約できます。ですが、中長期でガチホするのであれば、ウォレットで保管する方が安心できます。

今回はハードウェアウォレットについて解説しましたが、他のウォレットでも全然問題ありません。

要は、インターネットの仕組みや怖さをちゃんと理解しPCとスマホを使いこなせれば問題ないだけだと思ってますよ。

グーグルアドセンス




-blog, 暗号通貨を始めよう
-, , , , , ,

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.