Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



BTC相場分析

2018年10月12日 焦ってエントリーしてはいけない BTC相場

更新日:

昨日の大きな下落から、誰もがセリクラを想像する下落目線になってきています。

だからと言って、ここでショートエントリーするのは間違い!

それは何故か?

これからの下落は、今まで何度もサポートラインとして機能してきた鉄壁の防衛ラインを超える必要があるからです。

鉄壁の防衛ラインは、大口が買いでエントリーするポイントであり、多くの個人投資家も過去の相場の動きからここにタッチしたら反発すると意識しているポイントでもあります。

上の画像のとおり、実際、昨日の下落の後に2回下を試してきていますが、強い買い圧力で阻まれていますね。

特に2回目は、逆U字を描きしっかり上値の固さを示してから陰線で強い下落となってきましたが、サポートラインを割ることができず反発となっています。

この底固さを見た多くの投資家はどう思うでしょうか?

ここが底だ

と、思うのです。

そして、買いを仕込む。

スキャルピングで、今の相場の安値高値の利幅を狙うのもありだと思います。(私はしませんがw)

しかし、チャートを見る限りボラティリティが全然なく強い反発になってません。

こういうタイミングで、売りだ買いだと入るのは早計

一昨日、昨日の下落を取っている人なら余計、自分を戒めてフラットな目線で相場と向き合わないと地獄を見ます。

私の戦略は、まずは様子見

この鉄壁の防衛ラインは簡単に突破できない!

では、どうすれば突破できるのか考えた結果、一旦上昇する!

と思っています。

では、どこまで上昇するか?

それは、過去のチャートでサポートレジスタンスとして機能し続けた6350$~6400$のゾーン

まずは、ここを意識しています。

ここで、しっかりと上値の重さを示して、やっぱり下げだと投資家達に思わせる必要があると思っています。

多くの投資家の目線を下げに思わせ既にロングポジションを持ってる投資家の不安を煽ってから、再度強い下落を見せてくるでしょう。

その時がエントリーチャンス!!

こうなれば、大口ファンドも今までサポートとして見ていた防衛ラインでエントリーするのを様子見してくる可能性が高くなります。

そして下落が進むにつれ、多くのロングポジションのロスカットを巻き込み更に下落が加速し、結果セリクラとなるのでは!?

と、想像しています。

かと言って目先の利益に目が眩み、ここでロングエントリーするのは愚の骨頂!

相場は次の瞬間、どう動くかは分からない!

どんなに分析しても、必ずそのとおりになる訳ではないのです。

自分の方向性を見定め、そのポイントがきた時だけ勝負する!

エントリーできず、利益を取れなかったら負けではありません。

これからチャンスは無限にあると思い、どうして自分がエントリーできなかったか反省すればいいだけです。

焦る必要はありません!

分析参考資料

私がいつも勉強しているYoutube動画です。

私同様、本気でトレーダーを目指したい人はチャンネル登録をお勧めします。

BTC相場分析は41:00から

グーグルアドセンス




-BTC相場分析

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.