Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



BTC相場分析

2018年11月30日 伸び悩みを見せ下落不安を隠せない BTC相場

投稿日:

伸び悩みを見せ下落不安を隠せない 今の値動きをチェック

サポートゾーンで踏みとどまり再度上昇してきたBTC相場

再上昇は力強く勢いもあり高値を更新してきたがレジスタンスゾーンを突き抜けることは出来ず再度サポートゾーンまで押し返されてきました。

しかし、そのままサポートゾーンにへばりつくことなく底値は若干切り上げて反発し、レンジ中央より上で再度上を試していく素ぶりを見せています。

再度、上を試していくか?

それとも、力尽きて下落していくのか?

どのような値動きがごく自然なのか今日も分析して行きたいと思います。

これからの値動きを分析する前に週足 日足を再チェック

週の後半に突入した今もまだ陽線を維持しています。

このまま確定してくれると過去2週間の週足で陽線になったことが1日もなかったことから急落相場は終わったと確定できる蓋然性が増します。

日足は陽線のコマで確定しました。

上に行くか下に行くか迷って決めれなかった感が伝わってきますね。

ただ、上ヒゲが長いことから上値抵抗感がかなり強いと感じます。

現状を把握して、これからの値動きを予測

昨日Twitterでこんな投稿を見かけました。


すごい相関性があります。

「歴史が繰り返される」という意味でも下落する蓋然性が伝わってきます。

この2日間の上昇でも相関性のある値動きをしています。

だからといって下落目線になるのはまだ早いです。

今は底値切り上げの平行チャネルレンジでの値動きなので、下落は陰線の実体でトレンドラインを割らないと再度上を試す蓋然性は全然あると言えます。

底値にへばりつくだけの下落圧力もまだ感じられない以上、再度上昇するのが自然かなと個人的には思っています。

これでレジスタンスゾーンを突き抜けれず、サポートゾーンまで下落してきた場合、三尊が形成され、エリオット5波動目も終了も確定するので、一気に下目線になってきます。

そうなると再度、底値を試す蓋然性が増してきて3000$を割り込んでくる可能性も出てきます。

なので、個人的にはこれから再度レジスタンスゾーンは試すけど跳ね返されてサポートゾーンにへばりつき、揉み合いの末サポートゾーンを割り込んでくるのではないかな?と思ってます。

 

グーグルアドセンス




-BTC相場分析

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.