Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



BTC相場分析

2018年11月6日 高値更新望めず、下抜け濃厚!? BTC相場

投稿日:

高値更新望めず、下抜け濃厚!? 今の値動きをチェック

昨日の投稿の予測通り、ボラティリティを縮小させ三角保ち合いになったBTC相場。この三角保ち合いの中で次に行く方向のサインが見えました。

それは、レンジ下限ラインを陰線で下抜けていることです。

その後、陽線をつけてまたレンジ内に戻っているから、安易に下落していくと判断するのは早計ですが、底固めを描く値動きを何度も何度もして上昇を試みるも時間の経過とともに高値が切り下がってきていますし、レンジラインを割った後も上昇に繋がるU字の底固めの値動きというより、パーンと一気に反発し下落前の兆候によく見える逆U字のような値動きになっています。

しかし、ここからU字のような底値を切り上げる値動きになった場合は再度上を試していくとも言えるので、ここで安易にエントリーするのは禁物。

まだまだ静観した方が良いと言えます。

これからの値動きの前に週足 日足を再チェック

まだ1週間が始まったばかりなので何とも言えませんね。週足チャートを見る限り売り圧力がまだまだ強く上昇を押さえつけられてる感がするので上昇しても一過性と感じ、まだまだ下落トレンドの範疇というのが感じ取れます。

下落前のレンジ相場にピタッとハマってる状態となっています。前回2週間揉み合ってきたゾーンということもあり、またレンジ相場を形成していくかも知れませんね。

現状を把握して、これからの値動きを予測

三角保ち合いの後、抜けた方へ一気に動く可能性もありますが、上も下も限定されてる状態なので焦る必要はないと思います。

下抜けしても一気に6000$を割ることはありません。どんなに頑張っても6100$のラインにタッチするかどうかで、前回の下落値まで一気に下落するかどうかも怪しい位、買い圧力は思ったより強いです。

目先の小さな値動きに注目し疲弊するくらいなら、ある一定の距離感を持って横目でチラ見程度が疲れませんね。

ある程度の距離感で相場チェック程度でまだまだOKじゃないでしょうか?

分析参考資料(引用元)

私がいつも情報をとり勉強しているトレードスクールです。

口座開設方法にはじまり、資金管理方法やレバレッジの計算方法など、もっとも基礎に重きを置いているので、ついこの前までの私同様、0からトレーダーを目指して勉強したいという人、稼げないツールを掴まされたり当たるというシグナル配信のサロンに参加し、配信に依存したゆえに損失を出したという人にお勧めします。

※詳細については以下の画像をクリックしてください。

FX帝王学

 

上記スクールの他に私がいつも相場の値動きについて勉強している御堂唯也さんのYoutube動画もおすすめです。

https://www.youtube.com/channel/UCpyG7cTjh1nIBW5aWYZ5z7g/featured

また御堂さんの最新情報はTwitterで入手できるのでフォローしておくと良いです
http://twitter.com/Mido_yuiya

 

グーグルアドセンス




-BTC相場分析

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.