Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



BTC相場分析

2018年11月7日 まだまだ続く平行チャネルレンジの攻防 BTC相場

投稿日:

まだまだ続く平行チャネルレンジの攻防 今の値動きをチェック

昨日は高値を更新できず、レンジの下限を維持して揉み合っていましたが、今日未明から力強く上昇してきたました。

値動きとしてU字を描くような底固めになっていることもあり、もう一段上を目指す上昇があってもおかしくない状況です。

今回は目の前の売りの厚い領域を超えれると思いますが上にはまだまだ売りの厚い領域が待ち構えています。

どこまで平行チャネルレンジの勢いを維持して上昇していくか分析していきたいと思います。

これからの値動きの前に週足 日足を再チェック

3週に渡り頭を押さえつけられてきた上限を力強く抜けて上昇しています。週足が固まるまでここを維持して終わった場合、もう一段上の領域をめぜしていく蓋然性は強くなりますので踏ん張りところです。

日足はしっかりと実体を作り、スラストアップしています。すでに今日も続伸していることからまだまだ上昇を期待できる値動きに感じます。

現状を把握して、これからの値動きを予測

記事を書いてる最中にどんどん上昇し、次のレジスタンスゾーンにタッチしていきました。このレジスタンスゾーンは。昨日まで揉み合っていたレジスタンスゾーンより、さらに一段分厚い領域になります。

すでにポジション比率もショートからロングに偏りはじめてますし、6600$あたりからファンドが売りだと考えてくるポイントだということも考慮すると次のレジスタンスゾーンをしっかりと抜くのは一筋縄ではいきません。

一旦平行チャネルレンジの下限まで緩やかに下落した後に底固めとして、昨日までのゾーンをサポートラインとしてしっかり機能させ再度試さないと上抜けはキツイのかなと感じます。

焦って逆張りでポジションを持つより、平行チャネルレンジの底固めを確認した後や平行チャネルが崩れた後の上値の重さが見えた時にエントリーするのがリスクが少なくいいと思います。

分析参考資料(引用元)

私がいつも情報をとり勉強しているトレードスクールです。

口座開設方法にはじまり、資金管理方法やレバレッジの計算方法など、もっとも基礎に重きを置いているので、ついこの前までの私同様、0からトレーダーを目指して勉強したいという人、稼げないツールを掴まされたり当たるというシグナル配信のサロンに参加し、配信に依存したゆえに損失を出したという人にお勧めします。

※詳細については以下の画像をクリックしてください。

FX帝王学

 

上記スクールの他に私がいつも相場の値動きについて勉強している御堂唯也さんのYoutube動画もおすすめです。

https://www.youtube.com/channel/UCpyG7cTjh1nIBW5aWYZ5z7g/featured

また御堂さんの最新情報はTwitterで入手できるのでフォローしておくと良いです
http://twitter.com/Mido_yuiya

 

グーグルアドセンス




-BTC相場分析

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.