Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



BTC相場分析

2019年1月9日 上値の限界が感じられ下落に転じる可能性が出てきた BTC相場

投稿日:

やはり、昨日は底を試すもそこが押し目となって上昇、高値を更新してきたがトレンドラインを超えたタイミングで買い圧を一気に打ち消す売りが入り頭を押さえつけられた結果となった。そこから徐々に下落し今はダブルボトムが意識され再度上を試しききているようだ。

深夜の急騰急落は1時間足で陰線のピンバー4時間足で陰線コマとなっていてコンセンサスしており、かつ2Bリバーサルの条件も達成しているので、上値限定として意識する投資家も少なくないことが言える。

ここからダブルボトムを意識して買いが入り上抜けするか?

それとも再度トレンドラインとレジスタンスゾーンで跳ね返され下落に転じるか?

今日も分析していきたいと思います。

週足は昨日に引き続き陰線コマの状態。

何週も実体押さえつけられてることから上値は相当重いのは事実。

また真下もある程度買いの厚い領域として意識されていることがわかる。

日足は陰線のピンバーで確定。

上値が相当重いことが感じられるので、ここから買いを入れていくという投資家はほとんどいない。下で買った人の決済するポイント探しと下落初動を取るための売り場探しに目線がシフトしている可能性が高い

まだ3980$あたりは押し目として機能していてある程度買いが入る状態。ダブルボトムを形成しながら再度トレンドラインを試す蓋然性は全然あると思うが、日足、4時間足、1時間足で陰線のコンセンサスがある以上、トレンドラインを実体で力強く上抜ける蓋然性は感じられない。

むしろ今押し目として機能している3980$がどこまで通用するかに目線を向けるべきかと思う。

この押し目が機能しなくなり、明確に3900$を実体で突き抜けるほどの売り圧力がきたら利食いやロスカットを巻き込んで一気に下落が進むと言える。

上値が限定化された時が仕掛けるタイミング

逃さないように集中あるのみ!

グーグルアドセンス




-BTC相場分析

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.