Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog 暗号通貨バイブル

ADA COIN 『CARDANO』の凄さを理解しよう!

更新日:

 

通貨名(通貨単位):Cardano(ADA)最大供給量:45,000,000,000 ADA現在の供給量(記事作成時):25,927,070,538 ADAシステム(アルゴリズム):Proof of Stake公開日:2017年公式サイト:https://www.cardanohub.org/ソースコード:https://github.com/input-output-hk/cardano-sl/Blockchain Explorer(取引詳細):https://cardanoexplorer.com/ホワイトペーパー:https://www.cardanohub.org/en/academic-papers/Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2243703.0公式フォーラムCoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/cardano/

CARDANOという名前の由来は16世紀のイタリア人の数学者ジェロラモ・カルダーノの栄光を受け継ぐ意味としてこの名になっています。

また、ADAは人類史上初のプログラマーであるエイダ・ラブレス(19世紀のイギリスの貴族女性)の栄光を受け継ぐ意味としてこの名にしています。

CARDANO紹介動画

カルダノは、分散された公開ブロックチェーンの暗号通貨プロジェクトであり、完全にオープンソースです。
(Youtube:IOHK | Cardano whiteboard with Charles Hoskinson)

カルダノとは

カルダノ(Cardano)は、デジタル資金を送受信するために使用することができるADA暗号通貨の本拠地です。

このデジタル通貨は暗号化を使用して安全であることが保証された、迅速で直接的な転送を可能にします。

カルダノは単なる暗号通貨だけではありませんが、今日世界中の個人、組織、政府が毎日使っている金融アプリケーションを実行できる技術プラットフォームです。

プラットフォームはレイヤーで構築されているため、システムをより簡単に保守し、ソフトフォークを使用してアップグレードすることができます。

ADAを実行する決済レイヤーが完成した後、将来の商取引およびビジネスを支えるデジタル法的契約であるスマートコントラクトを処理するために別のコンピューティングレイヤーが構築されます。

カルダノは分散アプリケーションや分散型アプリケーションを実行し、単一のパーティでは制御されず、代わりにブロックチェーン上で動作します。

これは、科学哲学から開発されたブロックチェーンプロジェクトであり、世界の有力な学者と技術者チームによって設計され構築されたプロジェクトです。

このテクノロジーは、何百万人ものユーザーが使用するために安全で柔軟性があり、スケーラブルであることが不可欠です。

その結果、その分野の有力な専門家の中には、かなりの考えと配慮がプロジェクトに費やされており、意思決定に役立っています。

航空宇宙や銀行業務などのミッションクリティカルなシステムに適用される科学的厳密性は、高い保証実施を伴って、暗号化通信の分野にもたらされました。

カルダノの大きな革新は、ユーザーのニーズと規制当局のニーズとのバランスをとることであり、プライバシーを規制と組み合わせることです。

カルダノのビジョンは、規制を受けたコンピューティングの新しいスタイルが、公正な金融サービスに誰もが自由にアクセスできるようにすることで、より大きな財政的な取り込みをもたらすことです。

新たなProof of Stake
カルダノはOuroborosと呼ばれる新たなProof of Stakeを使用します。

これは、個々のノードがネットワークについてコンセンサスに達する方法を決定します。

このアルゴリズムは、ADA暗号通貨をサポートするインフラストラクチャの重要な部分であり、ブロックチェーン技術の主要な革新です。

Ouroborosは、PoWプロトコルの必要性を排除します。

これは、より広範な用途のためにスケールアップするための障壁となっています。

IOHKのチーフサイエンティストであるAggelos Kiayias教授のチームを設計したOuroborosは、数学的に安全であることが明らかにされた証明プロトコルです。

Ouroborosによって証明されたセキュリティのレベルはBitcoinのブロックチェーンのレベルと比較されます。

CARDANO ADAコインの特徴

ステーキングすることでキャピタルゲインも得られる

Cardano ADAを持つ意味(2018年2月追記)

  1. ADAは時代最先端の最高の技術者達(世界第2位の暗号通貨イーサリアムの開発者であるIOHKの天才数学者、チャールズ・ホスキンソンを始め、世界最高峰の技術者)が開発している暗号通貨であること。
    【TED】Charles Hoskinson 日本語字幕付き 
  2. カルダノテクノロジー(ワールドクラスのコンピューティング基準に基づいて1から開発されたブロックチェーン)を採用したのがADAであり、その技術が素晴らしいこと。
  3. IOHKー世界で最も優秀な暗号専門家達がチームで開発し、カルダノ財団と連携。
    エマーゴのマーケティング分野の人達が個人に、ベンチャーにADAを広めていること。
    いち、コインのために財団まであること。
  4. IOHKは、マイクロソフト・グーグル・NASAと同じようにソフトウェア工学に関する国際会議であるASE2017のスポンサーにもなっていること。
    (この実績により、プレセール時にADAをカジノ詐欺コインと言う輩を一掃。)
  5. 現在、一般使用されている楕円曲線暗号を破ることのできる量子コンピュータ耐性
    盗まれないための安全なダイダロスウォレットの開発を行っていること。
  6. 今後、ダイダロスウォレットはADA以外にも、イーサリアムクラシック、ビットコイン対応する予定であること。
    (2/10現在)
  7. POWではなく、ウロボロスと言われるPOS採用し、預けておくだけでマイニング報酬を受けることが可能になる。
    シンプルに円を日本の銀行に預けるよりメリットがある。
  8. POS採用なので、POWにあった無駄な電気代、機械代、人件費がかからないので、とてもエコであること。
  9. しっかりとしたプラットフォームがあること。
  10. 「30億人のための財布を作ること」という理念自体がグローバルかつシンプルなこと。
  11. BinanceやBittrex等、世界の多くのユーザーが信頼している大きな取引所に上場していること。
  12. 開発者のチャールズはイーサリアム、ビットシェアーズ開発者であり、かのTEDでも講演を行い、「暗号通貨界のスティーブ・ジョブズ」とも謳われていること。
  13. 上場してから数ヶ月で、1500ある暗号通貨の中で時価総額5位になったこと。
  14. プレセールから180倍以上(MAX800倍Over)になり、投機(投資)として見ても、これからの伸びしろや可能性は無限にあること。
  15. 時価総額が5位の時点で、ADAが全く完成されてないというポテンシャル(潜在性)を秘めていること。
  16. ホワイトペーパーでは一言では言い表せない、今後の暗号通貨界の主軸にするような巨大プロジェクトであることが書(描)かれている。ある意味、現在送金手数料が割高で時間も掛かっているビットコインの代わりに台頭することを開発する前の段階から視野に入れて具体的なイメージをしていること。
  17. 約1,000 のアルトコインから理にかなっている機能を学習し、採用された今の結果がリアルタイムのADA。
    今後どんどん精度を増していくこと。
  18. 第三世代暗号通貨であること。ブロックチェーン3.0(2018年2月時点では最新技術)。
  19. ADAが暗号通貨の中でもスケーラビリティ(拡張性)を持ち、ハードフォーク(分裂)しないようにCARDANOプラットフォーム内で解決するように開発中であること。
  20. 実社会での多様な商取引、今後の法的規制をも想定した設計になっていること。
    つまり暗号通貨に関しての法律が変わっても柔軟に対応可能なこと。
  21. 将来的に本物の法定通貨と同等の役割を果たせる存在となることが目標なこと。
    (ホワイトペーパー:これは当たり前かと思うかもしれないが、多くの暗号通貨は基準をクリアできずそこに限界がある。そして改良を重ねてもハードフォーク、つまり分裂せざるを得ない)
  22. 将来、イーサリアムに装備されているスマートコントラクトに改良を加え、複雑な情報を自由に付加して使いやすいようにすると明言されていること。(今後、ICOもADAでする可能性が高いこと)
  23. IOHKがエジンバラ大学や東京工業大学等、公共機関と共同で開発を進めていることで信頼を更に増していくこと。
  24. 将来、デビットカードにも対応し、世界中でADAがいつでも、どこでも、誰でも使えるようになること。
  25. ADAの価値や可能性に魅力を感じているホルダーも勿論、上記のことを知っているので売らない人が多いと言われている
    (=買いたい人が今後増えると価値はどんどん上がっていく)
  26. 世界が欲する通貨ではなく、今世界が必要とする通貨になること。
    (流動性が増すことで価値は上がり、そして認知されたあと安定すること。)
  27. ダイダロスウォレット自体が「ADAコインのため」のウォレットなこと。 1コインのためだけに壮大なスケールのビジョンの
    ウォレットが開発される現状にあること。
  28. 投票システムを採用していること。
  29. 他の通貨と比較しても、ADAは今後最も伸びしろがある暗号通貨の一つであると、多くの専門家達による客観的分析結果とその理由を述べていることが多いこと。
  30. 非常に強力な学問的財産を持ち、世界的な暗号会議であるCrypto2017で、学術論文の1つが受け入れられた最初の暗号通貨であること。 学問的な財産を持つことがどれだけのブランディングになるかということ。
  31. P2Pネットワーク採用により、非中央集権で、従来の円やドルなどの法定通貨よりも手数料をとても少なく出来ること。
  32. 送金スピードを今より短縮可能になること。
  33. ADAを使うことで、世界中の銀行口座やクレジットカードを持ってない人と、日本人やイギリス人のように豊かな生活をしている人が、同じ目線で1:1で取引が可能になること。
  34. 他の暗号通貨と比較してアップデートしてから投資者や興味ある人への発表の感覚が短いこと。
    投資者が知りたい情報をいち早く知れ、Cardanoと自分達の差を少しでも縮めることが可能としていること。
  35. Weiss ratings暗号通貨最新格付けでランクB。
    総合2位につけていること。(2018.2.2.現在)
  36. 仮想通貨のランキングを作成・表示しているウェブサイトーCryptoMisoのランキングで1位。
    2位Liskと3倍の差をつけていること。
  37. 査読され、学会に論文も受理され学術的に大きな信頼を得ていること。
  38. 「ハスケル」と言う数あるプログラミング言語の中でも難解で非常に安全性の高いプログラミング言語で構築されたブロックチェーンであること。
  39. 将来、開発、研究が進み、高い手数料や盗み、横領の心配なく、時間のかからない健全な取引が可能になること。
  40. 例えば日本がハイパーインフレになったとしても、ウォレットにADAがあるだけで資産を守ることが出来、従来と変わらない生活が保証されてるという大きな意味を持つこと。
  41. どこにいても世界中で使えるようになること。
  42. エマーゴがアジア最大級のアクセラレーター大手である、 MOX社(台湾)、CHINACCELERATOR社(中国)とパートナー提携締結を発表したこと。
    これでモバイル業界、インターネット業界のベンチャー起業へのアプローチ、マーケティングに拍車がかかる。
  43. Cardano技術であるウロボロスはForbes、NASDAQの記事に出るほど、世界的に注目されていること。
  44. ステーキングやウォレットの精度が高まると、更に価格が伸びる可能性があること。
  45. Cardanoチームは、ADAの普及のために世界でも最も早く日本に力を入れた。
    私たちは世界と比較して少し、早く知ることができたこと。
  46. ADAの恩恵で億り人になった人が既に沢山いること。
    誰もがその人たちと同じようになれる可能性を秘めていること。
  47. 研究と開発とのペースを釣り合わせることで、商業的優位性を科学的厳密性より優先させないこと
    (Cardano公式HPより)ほとんど未開発だからこそ、今売る人が出てくる。
    長期ホールド(ガチホ)の人にとっては売りが出てくるのは嬉しい。
  48. 日本の都市でも世界の都市でも、定期的にミートアップが行われており、企業提携や投資家や個人による勉強も可能な環境が用意されていること。
  49. カルダノ財団が、個人や法人だけでなく、広い範囲の業界(銀行、貿易及び保険業界、規制機関や政策立案者等)との関係を深めていること。(Cardano公式HPより)
  50. 将来はカルダノプロトコルを使った多くのサービスを、多くの人々が使うことになるという予測。
    Cardanoの技術を様々な企業や国家が利用するようになる。
    ここでADA株がどうなるかは無論。
  51. 投資者は値段が上がるのを待つだけでなく、賢く楽しく使うことも可能になる。
    例えばスマートウォッチを使った買い物の取引時、ADAがビットコインのように、手数料も多くかかり、送金も遅かったらどう思うだろう。そうでもないから説得力がある。
  52. 世界各国の投資家、分析家、専門家から観た安全性と信頼性、これからの伸びしろに関しての客観的評価が他と比べて格段に高いこと。
  53. ウロボロスが「安全」と客観的にとわられるだけでなく、「数学的証明に基づいた安全性」を兼ね備えていること。
  54. “シェリー”の開発リリースが実装された段階で、システムは完全な形で機能する独立の暗号通貨になり、IOHKやチャールズがいなくともADAはその形のままずっと機能するとチャールズが明言。
    (http://cardanoada.hatenablog.com/entry/2017/10/09/012624)永続性そのものに可能性を感じること。
  55. 0から開発されているブロックチェーンということ。
    ここで他と完全に差別化を図れる。
  56. ADAが今日、ビットコイン、イーサリアムに続く可能性がある暗号通貨の一つと言われていること。
    (主観的観点でよく挙げられるのがADA、XRP、IOTAあたりだろうか)
  57. 技術力と世界貢献度のレベルが他と比べ類を見ない。
    (IOHKはイリノイ大学と連携し、「IELE」と言われる将来の世界基準ブロックチェーン技術を担う次世代の仮想マシーンの設計を依頼されている。資金提供元はNASA、Darpa、ボーイング、トヨタ、マイクロソフト、サムスンなど世界が認めている機関や大企業であること。国家レベルで用いられる技術をIOHKが創っている背景があり、そのIOHKがADA開発に携わる。2018.2.9.現在で価格は1ADA=40円。という点であることだと思う。)
  58. ADAは暗号通貨のルールに乗る側ではなく、ルールを作っている側の暗号通貨であること。
    ルールを作る(仕掛ける)側が結果を出した時の恩恵は過去の事例をとっても明らかであること。
  59. ADA保有者とその開発者側の人とのコミュニティの場が良く関係性も素晴らしいこと。
    (分からない時に相談しやすい環境があるというのは大切です。何かあっても迅速に対応できない取引所やサービスセンターは数多く存在します。)
  60. 「今」がADAが完全に開発された2020年ではなく、2018年だということ。伸び代しかない。
  61. ルールを作る側だからこそ、自由であるということ。暗号通貨の性質上、特質上、柔軟性に長けていると言える。
  62. セキュリティ面でも世界最高クラスだということ。
  63. 今後、量子コンピューターが出てきた時点で1500以上ある暗号通貨はセキュリティーに耐性がなく、安心して保有出来ないことから、ふるいにかかり、本物だけが生き残る。
    ふるいにかかった後に、その人達は本気で考え、次に何に投資するか?NEO、IOTA、SHIEID。。。一応既に色々あるが、ADAはその人達のために残された投資先の一つであるのは間違いないということ。
  64. ウォレットの汎用性、拡張性、セキュリティ性、安全性、使いやすさ。
    例)ダイダロスウォレットによる複数の人々の共同資産運用。
    資産を利用する前に合意を必要とするようなジョイント式の資産管理を可能にする機能。(Cardano公式HPより)
  65. Cardanoは上場までに数年かけて準備してきた。
    しっかりとした計画性と将来性のあるプロジェクトだからこそ信頼して投資できる。計画を練って数ヶ月でICOの準備をする企業とは比べ物にならない。
  66. ADAはまだ開発されてもないし、広まってもない。
    その前に売るだの買わないだの言う人が多く存在する。
    持ち続けることによってADAを利用できる。
    これから進化していくものはずっと持ってれば良い。
  67. オンラインカジノ等、携帯を使った遊びから実生活まで、金融業界を変える暗号通貨であること。
  68. 日本でもADA利用可能なATMを普及予定。利用できるようになる。
  69. 価格面から言っても今後最大で2018年末までに80倍になる予想も立っている。
  70. 2020年末には1ADA=1320ドルになる予想も立っている。
    そこまでのポテンシャルを秘めていること。
  71. ADAはスマートコントラクトを適用し、イーサリアムよりも更に精度を増した状態で取引、契約をスムーズに行えるようになる。
  72. 日本だけでなく、アジア、ヨーロッパ、アメリカと世界中でADAの開発が進み、開発者や個人に向け、世界中にマーケティングが今日も行なわれていること。取り組みが一国内だけでなく、全世界で行われていること。
  73. どんな人が宣伝しても、どれだけ資金があっても、技術と理念がなければその暗号通貨は潰れる。ADAにはそれがある。
  74. ビットコイン、イーサリアムの限界を超えた、真のスケーラビリティを実現すると明言していること。
  75. 取引時の手数料、送金の速さ、サービスの限界等、暗号通貨を使う際に感じるであろうストレスを限りなく少なくしようと試みているのがADAであること。
  76. ビットコインやイーサリアムと比較して今1ADA=50円以下と手に入れやすいこと。
  77. ダイダロスウォレットを介し、デビットカードにADAを送金。
    資金は選んだ通貨に自動的に両替(例:日本円→中国元)され、オンラインショッピングや店頭で利用可能になる。(Cardano公式HPより )
    この仕組みが最もシンプルに便利であること。
  78. 本物で本当に良いモノは時間をかけて勝手に広まる。
  79. 他暗号通貨と比較できない、強烈な独自性を備えているため。
    (マーケティング分野でもよく言われるUSP=独自の売りと言われるものがADAにはある。)
  80. ADAコインが世界でも最も注目されている暗号通貨の一つであるという事実。
    注目されているということは常に無視出来ないということ。これから暗号通貨に参入、投資する投資未経験者はビットコインやイーサリアム等の「その時に有名で信頼できるモノ」に入れるだろう。その時既に参入し、投資しているものにとっては
    メリットしかない。
  81. 第三世代暗号通貨であるので、IoT技術、フィンテック業界に貢献できる。
    つまり数年もせずに「モノ」とADAを融合させたライフスタイルになり、世界的に広まるのは時間の問題。
    拡張性、使い勝手は今までにないモノになるだろうという個人的予測・主観から投資。
    (例えば農家の高齢の方々はイチゴの取引を、スマホやスマートウォッチ一つで銀行にも行かずにADA決済で将来的に取引可能になる。遠いところまで車を走らせる時間とガソリン代、労力を使わずに済む。それも簡単に決済できるようになるならば、尚更良い。)
  82. リリース戦略がきちんとなされていること。メインネットがローンチされ、エンジニアは開発のアプローチを一新。
    ソフトウェアアップデートは更に頻繁に行われるようになり、ユーザーは新しい情報を頻繁に手に入れることが可能になっていること。
  83. 将来インテルと連携する可能性。
  84. 技術と哲学を駆使した結果、科学的根拠、証明に基づいた設計や開発がなされていること。
    =何が起きたとしても、その根拠と理由を説明出来る説得力がそこにあること。
  85. ホワイトペーパー(WP)ー
    カルダノの拡張性は、そのコンセンサスアルゴリズムによって可能となります。
    ウロボロスは、GoogleやFacebookなどの大規模なインフラストラクチャプロバイダのニーズに応えるために、過去20年間に開発された従来のプロトコルを実行できるコンセンサスノードのクォーラム(分散型システムにおいてトランザクション処理を実行するために必要なノード)を分散化された方法で選出することができます。
    ・・・とりあえずニュアンスですごいということはわかる。(投資者に理解させる気がなく技術者が価値を理解してくれさえすれば良いんだと心底思う)
    WPにはこのようなことがたくさん書いてある。
  86. ウロボロス、ダイダロスウォレット実装まで、勝負は2019、遅くても2020年。
    ADAの価格が高くなってからでは遅い。今が最大の投機(投資)段階にあるということ。
  87. 暗号通貨の複雑性と抽象性と消し、人々にとって分かりやすく提供すると約束。(WP)
  88. 伝統的な金融界とカルダノの間で情報と価値が自由に行き来する必要があり、ブロックチェーンがしっかりと
    開発されれば、それは世界規模かつ永続的なものとなると明言(WP)
  89. ADAの最小単位はLovelace(ラブレス)。
    1Lovelace=0.000001ADA。
    恐らく、発展途上国の30億人の人々は、
    ラブレス単位で利用していくのではないかと予想。
    世界中の人に使いやすく提供するというのはそういうことだと思う。
    ADAはきめ細かく計算して開発されている。
  90. 商業の社会的側面を探求するー
    開発だけでなくてどう広めるかにも尽力している。
  91. ホワイトペーパー自体が非常にミクロかつマクロに述べてある論文で、プロジェクトはグローバルで壮大でありながら、同時にADA利用者に対してとても繊細も配慮もなされていると感じられる。(WPを読んでみればわかる)
  92. 現状のアルトコインの問題を提起し、それに対してリアルタイムで改善、進化を繰り返す暗号通貨であること。
    ブロックチェーンそのものから、根本から変えていくこと。
  93. 今後、ADAに関する全てのトランザクションは送金金額、公開アドレス、日時などが簡単に閲覧、検索可能になること。
  94. 過去のグローバル化、インターネットの普遍化が進んできた今日から学び、暗号通貨界では今後どうなるかという予測まで立てたWPをもとに開発されていること。先人に習っている。
  95. 開発者トップが素晴らしい革新的人格者であること。全てのプロジェクトはトップで決まる。
  96. ホワイトペーパーより抜粋ー
    「我々がカルダノを構築する理由は、発展途上国のための
    このビジョンを提供する、少なくとも進展することに対して
    確実な見込みがあると判断したからです。」
    世界規模のプロジェクトに対してのこの自信。

私は以上を踏まえて、より効果的に幾何学的にADAが広まっていくと確信している。

最後に

ADAに投資する最大の理由は、チャールズ・ホスキンソンのtwitterのつぶやきにもある。
「私はデイトレーダーを億万長者にするためにここにいるのではない。私は世界を変えるためにここにいる。」
この一言に尽きる!!

この思想、この思考の人が作った暗号通貨は投機対象として十分に魅力がある。

 

 

グーグルアドセンス




-blog, 暗号通貨バイブル
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.