Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

Amazon Lending(レンディング)融資の次“銀行との提携”|FinTechと仮想通貨の世界

更新日:

「昔はね、お金を借りたりするのは、銀行で行っていたんだよ。」と、過去の話になってしまうのでしょうか。Amazonからの融資がおりる「Amazon Lending」が広がれば、銀行は何を提供するところ?しかも、Amazon Lendingが銀行との提携も考えているようです。

アマゾンジャパン ディレクター セラーサービス事業本部
事業本部長の星 健一氏は▼▼▼

「単なる金融商品ではない。パートナーを支えるための運転資金のサービスだ」

 

フィンテックは金融システムに新たな変革をもたらすという意味で、大きなポテンシャルを秘めている。ITを駆使したイノベーションの新たな潮流は、金融の世界にも押し寄せようとしている。

法人の販売事業者向け新融資サービス「Amazon レンディング」

Amazonを通じた自社商品の販売を可能にするプラットフォーム、Amazon Marketplace。商品の販売経路になるだけではなく、「Amazon Lending」と呼ばれる小規模、短期の融資サービスも設けられているなど、支援の手厚さでも注目を集めている。

Amazon.co.jpは、2014年2月20日から開始したのは、
法人の販売事業者向けの新しい融資サービス

「Amazon Lending」(レンディング)

ーーーーーーーーーーーー下記はアマゾンのサイトからーーーーーー

Amazonマーケットプレイスに参加している法人販売事業者を対象としています。販売事業者のビジネスの成長を支援する為に、必要とする資金を必要とするタイミングで、簡単にご提供いたします。

1. 簡単なオンライン手続きでタイムリーな資金調達が可能
初回のお申し込みは、ローン入金まで最短で5営業日で完了します。さらに、2回目以降のお申し込みは、手続きのプロセスが簡略化され、最短で3営業日にローンが入金されます。
また、販売事業者のビジネスの成長を支援する為に、必要とするタイミングでタイムリーに仕入資金などの調達が可能です。
2. シンプルな返済手続き
販売事業者の売上が決済されるAmazonのアカウントより、毎月自動引き落としされます。
3. コストの軽減
早期弁済時の手数料はかかりません。その際は、金利コストをおさえることができます。
4. 最大5000万円までの融資額
ご用意できる融資額は最大5000万円までと高額融資が可能です。

出典:https://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20140220

 

Amazonレンディングは、
融資対象者を「Amazonマーケットプレイスでのビジネスにおいて実績のある法人の販売事業者」と絞り、短期運転資金を受けています。

コンピュータがAmazonマーケットプレイスでの販売実績などを審査。
最短1日での融資判断が可能といいます。
融資申し込みは最短なら、たった「5営業日」で完了。

この時点で、すでに従来の金融融資と大きな差を広げています。

 

従来の金融機関での融資には事業計画に加えて担保なども必要で、銀行などが融資を決定するまでに要する時間も数週間に及ぶのが通例だった。

これがAmazon Lendingで、2015年の累計融資額は15億ドルを上回り、融資残高は約4億ドルと言われている。

実際に利用しているユーザーの声からは、とにかくわかりやすくてシンプルだといいます。

返済は月に1回売上から引かれるため、ユーザーから返済の手間もなく便利。
管理画面から確認ができるようで、残高も明確だという声があります。

Amazon Lending誕生から4年

アメリカや日本だけではなく、イギリス、ドイツ、スペイン、イタリア、インド、さらには中国などの各国で展開している。

そのため、融資の速さもタイムリーな資金需要に応えてくれることから評価されているという。

Amazon Lendingのサービスはアメリカで2012年頃にスタートしたもので、まだそれほど歴史が長いわけではない。当初は大々的なPRもなくAmazon Marketplaceに出店する事業者にメールで融資について案内を通知していた。

出典:https://innovation.mufg.jp/detail/id=130

また、アメリカや日本だけではなく、イギリス、ドイツ、スペイン、イタリア、インド、さらには中国などの各国で展開しているのだ。

そのため、融資の速さもタイムリーな資金需要に応えてくれることから評価されているという。

Amazon Lendingのサービスはアメリカで2012年頃にスタートしたもので、まだそれほど歴史が長いわけではない。当初は大々的なPRもなくAmazon Marketplaceに出店する事業者にメールで融資について案内を通知していた。

今後の予定「銀行と提携」

Amazonは併せて、銀行との提携も図っているようだ。2016年の株主への手紙で、創業者でCEOのJeff Bezos氏は「Amazon Lendingの拡大を目指しており、銀行とパートナーになる道を探っている。

銀行も信用リスクの大部分を取り扱う専門性を生かせるだろう」と語っており、金融分野での新たな動きに発展する可能性もありそうだ。

フィンテックを活用した金融事業は、既存のカタチを必要としていないことがよく分かりますね。
互いにメリットがあり、そしてそれを望んでいたカタチが出来上がってきたともいえるかもしれません。

通貨(仮想通貨)も決済も融資も、なにもこれでなければ駄目だということがありません。
むしろ、なぜ今まで決まったことだけしかできなかったのでしょうか。

これからも互いに便利な自由で活気ある日本に戻ることを願います。

 

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.