Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



暗号通貨バイブル

ビットコイン(BTC)

更新日:

ビットコインとは、インターネット上で取引や通貨発行(「採掘(マイニング)」と呼ばれる。)が行われる「分散型暗号通貨」のことです。政府や中央銀行などの中央機関を介さず、また、P2Pネットワーク上で取引が行われるため、取引の仲介手数料が低く抑えられ、迅速に世界中のどこでもだれとでも取引を行うことができます。

ビットコインとは

ビットコインは「分散型暗号通貨」と呼ばれていますが、一体ビットコインとは何なのか?ということをまず「通貨」「決済手段」という視点で、法定通貨(円やドル)、ビットコイン、金(ゴールド)の特徴と比較してチェックしましょう。

ビットコインを「通貨でない投機商品だ」という人もいますが、「暗号通貨」と呼ばれている通り、通貨としての機能の一部を備えていることは事実です。ただ、どこでも決済出来ない(知らない)からそう言ってるだけとしか思っていません。

また、通貨ではなく金などの金融商品に近いとする見方もします。

では、なぜ金に近いのかについて説明します。

ビットコインの最大の特徴は世界初の発行主体がいない分散型通貨である、ということです。詳細については、技術的な仕組みを説明することになるので割愛しますが、分散(P2P)型ということは、外部から管理・影響されにくいということです。特に、国の体制が不安定であったり法定通貨に対する信用が低いような国では、その国の通貨がいつ紙くずになってしまうか分かりません。具体例として、ジンバブエやギリシャなどの経済が不安定な国の通貨は常にそういうリスクが存在していると言えます。また、法定通貨というのは現金だけではなく、銀行預金や企業が発行するポイントのような形で存在していることもあります。この場合には、銀行や企業が破綻するだけで、管理する資産が一部あるいはすべてが失われるというリスクもあります。しかし、ビットコインの場合は、個人で保管している限りこのようなリスクが一切ありませんし、そのまま自分のスマホやPCから世界中に送金することが可能なんです。

しかし、発行主体がないということは、その価値を担保する組織が存在しないということでもあります。

つまり、もし手持ちのビットコインを送金ミスをしたり、ウォレットのIDやパスワードの管理が甘くログイン出来なくなったりと、何らかの原因で失なったときに保障される可能性が非常に低く、基本的に完全に自己責任です。

そのため円に対する信頼度が高い日本は「分散型」のメリットを理解し受け入れられないと言えます。

総発行量

法定通貨は中央銀行や政府が自由に発行量を調節できますが、プログラムであるビットコインは、プログラムが作られた時にプログラム内のコードによって発行上限が2,100万BTCであると決められています(BTCはビットコインの通貨単位)。

上グラフのとおり、発行スピードも決められています。最初は約10分ごとに50BTCが発行され、さらに約4年ごとにその発行量が半減され(半減される日付を半減期と呼ぶ)、最終的に2140年でビットコインの発行が終了するようにプログラムされています。
注)厳密にはビットコインの利用者のネットワークへの参加状況などにより発行スピードが決定されるため、実際にはこれよりもやや早いペースで発行が進んでいる状況です。

数量に上限があるビットコインは、埋蔵量が決まっている金と同じに例えられ、よく似ていると言われる理由の一つでもあります。

手数料

ビットコインの特徴の一つに、送金手数料が安く送金は多くても数十円程度しか掛からないというのがあります。日本国内でしか送金しない私たちにしたら余り大したメリットを感じず、そんな汎用性が乏しいのをあえて使う?って思うかもしれませんが、国外送金手数料は5,000円〜8,000円掛かったりします。アメリカに関しては同じ国内でもサンフランシスコ州からニューヨーク州に送金するにも莫大に手数料が取られるのです。最近はビットコイン利用者の増加等の理由でネットワークの混雑により、手数料が急騰して1,000円〜2,000円程度掛かっている状況ですが、元々のコンセプトである低手数料で送金できるような新技術が開発中です。新技術は、まだ実用化はされていないという点と投資商品としての利用が先行し、現状、送金手段としての有用さが低下してしまっている状況となっています。

送金時間

ビットコインの特徴の一つに即時決済もあります。銀行振込の場合は、平日の営業時間内でしか振込が行われないため、不便です。また、事業者側から見るとクレジットカードは実際の入金が後日になるのに対して、ビットコインでは365日24時間いつでも送金が行われます。

ただし、ビットコインの決済には約10分かかるといわれることがあります。これはビットコインの仕組み上、最低約10分以上経たないと、主に支払者側が支払ったことを偽造するリスクが存在するためです。このため、事業者側が未払いリスクを避けるため、高額の商品販売や一部の通信販売やネット上のサービスで、約10分~1時間程度決済完了にかかることもありますが、通常の店頭の商品購入などでは即時決済できるところがほとんどです(現実的に支払い偽造のリスクは、ネットワークの状態を観測して数十秒待つだけでも大幅に下がり、また、少額の決済の場合は偽造コストが支払額に見合わないと考えられるため、即時決済を導入する店が多くなっています。また、ビットコイン決済の導入には第三者的な決済サービスを利用する場合が多く、そのような決済サービスの一環としてほとんどの場合即時決済が提供されています。)。

 

匿名性

銀行やクレジットカードを利用するには、本名や住所などの個人情報を登録することが必要ですが、ビットコインの場合は個人情報を一切登録することなく、自分の口座を持つことが可能です。このため、ビットコインには匿名性があると言われることがあります。

ただし、実際にはビットコインの送金・取引情報というのは全世界に公開されているため、本名・住所等はわからないものの「ビットコイン口座Aからビットコイン口座Bに10BTC送金した」という情報は、全世界の誰でも入手することが可能です。銀行やクレジットカードは一部の人にしか取引情報が公開されていないという点で、ビットコインはより透明であり、匿名性がないと言うこともできます。

さらに言えば、すべてのビットコインと日本円の交換所では、本人確認を行っており、その交換所を通じてビットコインの口座と個人情報を結び付けることができます。ビットコインは匿名性が高いため犯罪に使われるリスクが高いとの指摘もありますが、交換所での本人確認が徹底されれば、現金などよりよっぽど匿名性が低く、犯罪には使われにくいということが言えるでしょう。

プライバシーが気になるという人は、ビットコインの口座(アドレスと呼ぶ)はいくらでも無数に自由に作成できるため、多くのアドレスを使い分けることで、プライバシーを保護することが可能です(警察等ではなく個人レベルで、多数のアドレスを使う個人を調査・特定することが非常に困難となります。)。

ブロックチェーン技術

ビットコインのブロックチェーンとは、 ビットコインの通貨をどのアドレスからどのアドレスに送ったということが記録されている履歴(データベース) ということになります。
(預貯金通帳の履歴だと思ってください。)

そして、そのデータは一つの場所に保存されているのではなく、 取引記録は、Bitcoinのネットワークに参加しているコンピュータに分散されて保存されています。

ブロックチェーンは、取引記録(トランザクション)を一つのブロックにまとめて、そのブロックをチェーン(鎖)のようにつなげて保存したものになります。
チェーン状に繋げることによって、のちにデータを変更、改ざんすることが実質不可能になります。

鎖のように繋がれている、の意味

チェーン状に取引データが入っているブロックを繋げる、というのはどういう意味でしょうか?
取引データを単に保存しているだけのデータベースは、鎖のようにデータを結びつけていないので、チェーン状とは言えません。

鎖のようにというのは、 一つ前のブロックのハッシュ値を次のブロックの中に含めている からそう呼ばれます。
ハッシュ値の意味がわからない方のためにハッシュ値を以下に説明します。

ハッシュ値とは?

ハッシュ値とは、 必ず任意のデータ →(変換)→ 一定の長さのデータ になる値です。
元となるデータをちょっと変更すると、変換後のハッシュ値は全く違ったデータになります。

この特徴を利用して、ブロックチェーンの文脈では、 ハッシュ値は、取引記録の改ざん対策 として利用されます。

一つ前のブロックのハッシュ値を次のブロックに含めることで、前のブロックが少しでも改ざんされると、次のブロックの中に含まれれるハッシュ値も変わり、そのブロックのハッシュ値も変わります。そのブロックのハッシュ値が変わると、次のブロックのハッシュ値も変わります。

つまり、ブロック内のデータを改ざんすると、その後の全てのブロックのデータを変更されます。これによって、改ざんがすぐにわかります。

実際に改ざんをするためには、他の作業も必要です。それはマイナーと言われるビットコイン取引の承認作業(Proof of Work)をしている人たちが、承認作業(Proof of Work)を、全部の作業量の51%以上で行う必要があるため、実質不可能とされているからです。

Bitcoinのイノベーション

Bitcoinのイノベーションと言われるのは、P2Pネットワーク上での二重支払いや改ざんという問題を、ブロックチェーン + Proof of Work という形で解決をしたからです。
誰であるかわからない悪意のある人から様々な攻撃を受ける可能性があるインターネット(P2Pネットワーク)上で、お金を保持できるようになったことが、新しくできることになったことです。

そして、ビットコインの応用により様々な資産も発行、管理、流通できるようになりました。そして、EthereumのようなP2P上でプログラミングができる、という技術も出てきました。

ビットコインの凄いところ

よく「通貨の革命」と勘違いされるビットコインやブロックチェーンの革命ですが、そうではありません。

通貨のネットワークではなく、非中央集権化された信用ネットワーク

を構築したテクノロジー(技術)だということです。

グーグルアドセンス




-暗号通貨バイブル

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.