Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

ビットコイン(BTC)とビットコイン・キャッシュ(BCH)の関係は!?

投稿日:

ビットコイン価格は8月15日、4,450ドルに達し過去最高値を更新。さらに2 日後の17日にはまたもや記録を更新し4,484ドルに達し、2度のオールタイムハイを記録した。しかし現在、24時間で400ドルほどの下落をみせ4,100ドル近辺で推移している。日本円で約451,594円で取引されている。

現在のビットコインの時価総額はおよそ7.2兆円である。

一方でビットコインキャッシュが高騰をみせている。8月1日以降過去最高価格となる900ドルオーバーを記録した。

ビットコインの下落に反してビットコインキャッシュの価格が高騰しているため、売らずに保持しているビットコイナーは2つの合計額で4,800ドル以上となる。

暗号通貨全体の時価総額は17日の過去最高額約1,450億ドルから約1,420億ドルに減少している。さらに24時間の取引高はBTCが2,999,860,000ドル、BCHが3,800,230,000ドルとなりビットコインキャッシュがビットコインを上回った。

BTC・BCH共にマイナーもユーザーも基本的に同じ属性の人達なので、BCHのマイナーが増えたらBTCのマイナーが減り、BCHのユーザーが増えたらBTCのユーザーが減るという関係になってます。

両方マイニングしてるマイナーや両方持っているユーザーももちろんいますが、統計的にはそうなるはずです。

なので、BCHが上がり続ければBTCは下がり続ける可能性が高いのです。

BTCについては、来週(21日)にセグウィットがアクティベート予定なので、これを好材料と受け止めるユーザーが多ければBTC上昇の可能性もありますが、マイナーからしてみれば今までより報酬が減る形になるはずなので、動き時だと判断するマイナーが現れてもおかしくないと思います。

もしそのようなマイナーが増えれば当然ハッシュパワーが落ち、結局トランザクションの処理速度も落ち、再びスケーラビリティ問題を抱える可能性がでてくるので、当然ユーザーも離れていき、暴落となるシナリオも想定されるわけです。

BTCとBCHは基本は同じで、将来的なポテンシャルとしてはBTCはセグウィットにより容量圧縮された後、セグウィット2xによって2MBまで拡張される予定です。(その際に再びハードフォークするので波乱含み)

ですが、BCHは8MBまで拡張できるポテンシャルをすでに持っています。

今はマイニングに時間がかかり、BTCの方が旨味のある状態ですが、もしマイナーやユーザーが大量に移動することになれば、あっという間に損益分岐点を迎え、逆転も、ということも想像し難い未来ではないということになります。

私としては、セグウィット実装後、もしくは2x実装後あたりのタイミングで、ビットメインを含む中国勢がもしかしたらBTCを裏切る可能性もありえると思ってますし、むしろその方が自然なシナリオだと思っています。

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.