Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog 暗号通貨最新ニュース

BTCC取引所の 登録方法 & 入金方法 まとめ

更新日:

BTCC取引所は2011年に設立された取引所で、現在は香港に本社を置いています。暗号通貨交換所、マイニングプール、カスタマーウォレットを提供するビットコイン・エコシステムのあらゆる分野で役割を果たしている中国最古の取引所です。

BTCCは、OKCoin、Huobiと共に中国大手の三大取引所として有名でしたが、2017年の中国ビットコイン規制と共に全取引を中止しました。その影響はとても大きくビットコイン価格は暴落しました。。。

当時は、まだまだ市場価格の乱高下に一喜一憂することも多々あり、マインドを強く持つ意味で、ビットコインジーザスのロジャー・バーが言っていた「中国が規制するもの(Youtube、Facebook、Twitter、Google等)は、投資するべき」という言葉を自分に言い聞かせてましたねw

2011年から運営しているという実績から、暗号通貨を保護するためにオフラインのコールドストレージ、SSL暗号化されたトラフィックを含むように最適化されているというBTCCのセキュリティの高さにも期待が持てそうです。

BCTTは、ただ業務再開をするのではなく、今流行りの配当還元型の取引所トークンのサービスのような仕組みを取り入れ、新規ユーザーのID認証登録と取引活動を行うことで報酬がもらえる「ポイントシステム」を導入して新規ユーザー開拓を仕掛けてきました。

せっかくなので、口座開設してポイントを手に入れることをお勧めします。

ポイントの配布条件は以下になります。

  1. BTCC新規登録=1,000ポイント
  2. KYC(本人確認)登録=3,000ポイント
  3. 預け入れ=3,000ポイント
    ※最低0.1 BTC, 1 ETH, 0.5 BCH or 5 LTCの預け入れが必要

最大7,000ポイントを手に入れることができるので、今のうちにやっておくことをオススメします。

報酬ポイントは、後にBTCCトークンが発行されたら交換が可能です。

取引所発行のトークンについては、注目が高まっているので、BTCCトークンについても情報を追っておく必要があります。
それと同時に、日本居住者が、法定通貨の入出金ができる取引所には数に限りがあるので、確保しておく必要があると言えます。
ちなみに、法定通貨の入金は、米ドルに限られ、送金先は、PingAn Offshoreという銀行で、中国・深センとなっています。

但し、海外口座開設にはリスクも当然ありますので、そこをちゃんと理解した上で開設しましょう。

海外取引所は国内取引所と違い国や金融庁が管理していないため国内取引所とは違うリスクが存在します。このページでは、決して海外取引所の使用を勧めている訳ではありません。

BTCCは香港に拠点がありますがKYC登録で個人情報認証があります。口座開設するのであれば、BTCchinaを通して中国当局にも流れる可能性も視野に入れて開設しましょう。

引用元:元中国3大取引所のBTCCが業務再開へ

BTCC公式サイトはこちら⇨https://www.btcc.com/home

BTCC取引所 登録方法

BTCC公式サイト(https://www.btcc.com/home)画面上部メニューバーのLoginを選択

ログイン画面でRegister(翻訳してたら登録)をクリック

 

指示に従いデータを入力し、Register(翻訳してたら登録)をクリックします。すると登録のメールアドレスにURLリンクが送られてくるのでリンク先にとんでログインできたら完了です。

登録したら、忘れずに2段階認証の設定をしましょう!

もはや定番、というか絶対まず行うべき設定がGoogle二段階認証です。

これはどの取引所でも同じです。

ログインしたら、アカウントをクリックし、User Settingを選択します。

次に左サイドバーメニューのSecurity Settingを選択し、すべてのセキュリティ設定を行っていきましょう。

まずは二段階認証です。Google 2FAをクリックすると、二段階認証用のQRコードが表示されます。

  1. QRコードをGoogle二段階認証アプリでスキャン
  2. バックアップコードの保管

を行います。

それが済んだら、2FAページ下部にある「Please enter 6-digit code」に二段階認証アプリに表示されている6桁の数字を入力して、「Bind」ボタンをクリックします。

これで二段階認証の設定完了です。

携帯電話のSMS認証もしておきましょう

セキュリティー設定は全てしておいた方がいいので、携帯電話でのSMS認証も設定しましょう。

User SettingのSMS Verificationを選択

Phone Numberの国をドロップリストで+81 Japanを選び、頭の0を抜いた残りの電話番号を入力してPhone Number Verification CodeのSendをクリック。すると電話番号に認証コードがSMSメッセージが配信されてくるので、認証コードを枠に入力しConfirmをクリックします。

これで完了です。

設定が完了されるとこのように表示されます。

本人確認(KYC)の設定

今はキャンペーン中なのでKYCまですると沢山ポイントが貰えます。

但し、設定をする際には上記に記載しているリスクを必ず理解した上で行いましょう。

User SettingのIdentity Verificationを選択

上から、順番に入力していきます。

  1. Country:ドロップリストでJapanを選択
  2. ID Type:ドロップリストでパスポートか運転免許証を選択(パスポートでの申請を推奨します)
  3. First Name:名前(例:Taro)
  4. Last Name:性(例:Yamada)
  5. Middle Name:未入力で構いません
  6. ID Number:上記で設定したIDの番号を入力
  7. Industry:ドロップリストでご自身の職業を選択

注意)IDをパスポートにしている人は、必ずパスポートと同じスペルで名前を入力してください。
パスポート:Takashi 、BTCC:takasiやパスポート:Itou、BTCC:Itoなど異なってはいけません。アカウントがロックされる危険がありますので注意してください。

以上でLevel2の申請は終了です。

Level3はパスポートとセルフィーの提出になります。

Level2で選択したID(パスポートか運転免許証)の写真と、今日の日付を記載しているメモを持った状態で撮影したセルフィーをアップロードします。

認証には数日掛かる場合もありますが、あまりにも認証に時間がかかってる場合はサポートに問い合わせてみましょう。

BTCCサポート:https://btcc.kf5.com/hc/request/guest/lang/en/

BTCC取引所 へビットコインなどの 入金方法

上段メニューのFundsをクリック

入金したい暗号通貨のDepositを選択

Depositをクリックすると、通貨の入金画面が表示されます。

ここで表示されているアドレス、もしくはQRコードを使用して暗号通貨を送りましょう。

以上でBTCCへの入金完了です!

 このとき誤って違う通貨を送らないように気をつけて下さい。紛失のリスクがあります!

同様に世界最大の取引所Binanceもオススメです。ここはTwitterで騒がれてるTRXやADAなど日本人に人気のある暗号通貨も多数取り扱いありますので、まだ持ってない人はこの機会に開設しておくと良いです。

Binance取引所の登録方法&入金方法まとめ

グーグルアドセンス




-blog, 暗号通貨最新ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.