Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

Facsbook CEOマーク・ザッカーバーグも暗号通貨に興味ある!!

投稿日:

今、Facebook は最大8,700万人分の情報漏洩問題で注目を集めてる

日本でも、とても人気が高いFacebook(フェイスブック)で、会員情報が不正流出した問題が世界中で注目を集めていますね。

ことの経緯はFacebook(フェイスブック)は4/4に、アメリカを中心に5,000万人分の個人情報がイギリスの一企業に渡った可能性があると明らかにしたことらしいです。

情報漏洩発覚時では、約5,000万人分とされていたのが調査を進めていくうちに実に1.5倍以上の8,700万人分の個人情報が流出しているのが更に分かり、Facebook(フェイスブック)CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は10日、11両日に米議会公聴会の初証言が、注目を集めています。当然、米議会公聴会では厳しい追及がされることが予想され世界中が注目しています。

すでにザッカーバーグ氏は情報漏洩発覚時点の4日に電話会見を開き、情報流出のほか「偽ニュース」などの問題がFacebook(フェイスブック)で相次いでいることを踏まえ、「被害を防ぐ十分な手立てを講じていなかった。私のミスだった」と責任を認めています。そして、ただ「我々のサービスを愛している人がいることを心にとめ、仕事を続けていく」とも発言し、辞任を否定しています。

今回の情報流出規模については「第三者がアクセスできる最大数が8,700万で、実際に漏洩した数は不明」となっています。

今回流出が発覚した大量の会員情報は、英選挙コンサル会社のケンブリッジ・アナリティカが不正に取得し、2016年のアメリカ大統領選でトランプ陣営のために使われたと指摘されているらしいです。

Facebook(フェイスブック)は、4日のうちにアプリ開発者による会員情報の共有を厳しく制限する新方針も発表し、今使っているアプリや、どんな情報が外部に共有されているかを把握しやすくし、不要なアプリは簡単に削除できるよう画面表示も変えてバージョンアップさせるみたいです。

一方、米議会は、上下院の委員会がそれぞれ開く公聴会に、ザッカーバーグ氏が証人として出席することとなっています。上院は10日、下院は11日を予定し、Facebook(フェイスブック)の個人情報の扱いなどについて説明を求めるのに対し、ザッカーバーグ氏は「これは私の過ちであり、申し訳ない気持ちだ」とし、「私がフェイスブックを立ち上げ、私が経営している。フェイスブックで起きることの責任は私にある」と言明する予定らしいです。(これについては最新情報が入り次第、更新したいと思います。)

今回の情報流出規模が拡大したことを機に、Facebook(フェイスブック)への批判が強まることが十分予想でき、アメリカの大手IT企業への規制強化論が勢いづく可能性も十分考えられますね。

もしかしたら、1/31にニュースになった

「FacebookビットコインなどICOも含めた暗号通貨の広告禁止」

って、これが原因になってるんじゃないの?って思います。

今回の情報流出問題が報道されたのは確かに今月ですが、事前に何かしらの問題をキャッチして対策を講じていたという想像は十分想定できます。

ザッカーバーグ は「暗号通貨は権力を人々の手に戻す」と思ってる

Facebook(フェイスブック)CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は、今年の1/5、自身のFacebookに投稿した新年の抱負の中で、中央集権化してしまったテクノロジー産業を修復するために、仮想通貨等の新技術を研究しフェイスブックのサービスにどう活用できるか検討すると書いてます。

1/31のニュース「FacebookビットコインなどICOも含めた暗号通貨の広告禁止」の発表になったのは、途中で気が変わっ他のでは?とか情報を収集する上で問題だと思ったからじゃ無い?って、思ってる人もいるかもしれませんが、広告を禁止すると言ってるだけで暗号通貨を否定してませんよね。

なぜ、広告禁止にしたのか?

それは、暗号通貨の情報を日々収集して学んでいる人なら分かると思います。

訳の分からないICO、マイニング案件、出口案件と称したデビットカード案件、稼げもしないツールなどなど、毎月これでもかというほど、メルマガ、ライン@、Twitterでアフィリエイト広告を見かけませんか?

それらの大半は詐欺であり、被害者を出さないように広告を禁止にしただけだと私は解釈しています。

今は低迷している暗号通貨市場ですが、去年の今頃は5兆円規模でまだまだ小さい市場でした。それが一年で30兆円規模になっているというこの急成長をちゃんと受け止めましょう。

更に、もしFacebook20億人以上のアクティブユーザーがFacebookというプラットフォームを介し、暗号通貨やブロックチェーンを統合するとなれば、暗号通貨市場の成長度はイメージできないほど格段に広がるのではないかとワクワクしてきますね。

以下にザッカーバーグ氏による新年の抱負の投稿の全文和訳を掲載します。

毎年、新しいことを学ぶために個人的な挑戦に挑むことにしている。例えばアメリカの全ての州を旅したり、365マイル走ったり、自宅に人工知能を設置してみたり、25冊の本を読んだり、中国語を勉強した。2009年からこの挑戦を続けている。当時は不景気で、フェイスブックも赤字だった。フェイスブックが持続可能なビジネスモデルを持つことにまじめに取り組んでいた。大変な1年で、自分に言い聞かせるために毎日ネクタイをつけていたほどだ。

今は当時に似ていると感じる。世界は不安感と分裂に苛まれており、フェイスブックは多くのことに取り組まなくてはならない状態だ。例えばフェイスブックのコミュニティを乱用と憎悪から守り、国家権力による介入から保護し、フェイスブック上で費やされる時間を意義のある時間にすることだ。

2018年の私の個人的な挑戦は、これら重要な問題を解決することだ。全ての間違いや乱用を防ぐことはできないが、現在フェイスブックの方針を執行したり悪用から守ることについてあまりにも多くの間違いを犯している。今年うまくいけば、これらを解決する軌道にのって2018年を終えるだろう。

一見個人的な挑戦ではないと思えるかもしれないが、これらの問題にフォーカスすることがまったく関係ないことをするより個人的に多くの学ぶことになると思う。これらの問題は、歴史、民衆、政治哲学、メディア、政府、テクノロジーに関係するもので、専門家を集めてこれらのトピックを議論していくことを楽しみにしている。

例えば、現在テクノロジーの世界で一番興味深い問題の一つが、中央集権と非中央集権の問題だ。もともと、僕らがテクノロジーの世界に入ったのは、それが人々の手に大きな権力を与える非集権的な力となることを信じていたからだ。(フェイスブックのミッションにあるのはまず「人々に力を」だ。)90年代と2000年代には、ほとんどの人がテクノロジーが非中央集権をもたらす力となると信じていた。

しかし今日、多くの人がこの約束に失望している。限られた数の大きなIT企業とテクノロジーを使って市民を監視する政府が増えるにつれ、多くの人がテクノロジーが非中央集権する力ではなく、権力を特定の人に集中させるものだと思っている。

このトレンドに逆流する重要なものがでてきている。例えば暗号化技術と仮想通貨だ。これらは中央集権化されたシステムから権力を奪い人々の手に戻す。だがこれらはコントロールしにくいというリスクを伴う。だからこれら技術のポジティブ・ネガティブ両側面とフェイスブックのサービスにどう活用できるかを深く研究したい。今年は自分を向上させるためにとても大事な一年となる。これらの問題の解決を通して学べることに期待している。

個人にインターネット上で発信力を与えてきたFacebookと、暗号通貨の非中央集権的との相性はすごく良いので、是非実現させて欲しいですよね。

 

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.