Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

G20での仮想通貨の追加規制なし!BTCはじめ暗号通貨市場の価格が反発!

投稿日:

暗号通貨(仮想通貨)市場の下落を大きく後押ししていた懸念材料『G20での世界規模の規制』に大きな動きがみられました。

世界規模で行われる仮想通貨市場への厳しい規制不安の緩和

そもそもG20とはなんぞやという人もいるかもしれませんので、サササッとG20について説明しますと

G20は、G7(後述)の7か国に、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、韓国、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、欧州連合・欧州中央銀行を加えた20か国・地域のことです。

G20財務大臣・中央銀行総裁会議は、これら先進国・新興国にIMF(国際通貨基金)や世界銀行などを加えたメンバーからなる会議です。1999年(平成11年)から原則年1回開催されていましたが、2009年(平成21年)以降、世界的な金融危機を契機に重要性が高まっており、開催頻度も増えています。

ちなみにですが

G7は、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国の7か国のことです。
これら7か国によるG7財務大臣・中央銀行総裁会議では、世界の経済・金融情勢や国際通貨制度、金融規制・監督などについて意見交換を行っています。G5と呼ばれていた先進5か国にカナダ、イタリアを加えて、1986年(昭和61年)から開催されるようになり、ユーロ発足に伴い、欧州中央銀行(ECB)総裁、ユーログループ議長も出席しています。

要は先進国の財務大臣と中央銀行総裁が集まって世界的な経済の安定と成長をはかるための国際会議を年1回やってるんですね。

そこで、昨年急成長した暗号通貨市場に対し、世界的に統一された規制ルールができるのではないか?と、注目され相場も活性化していませんでした。

そして、暗号通貨投資家が注目する運命の日である3/19、ついにG20の参加グループであり、各国の金融規制をまとめる金融監督機関:金融安定理事会(Financial Stability Board)は、ビットコインなど仮想通貨を規制することを要請する各国の呼びかけを拒否しましたという情報が出ました。

また、FSB会長であるMark Carney氏は、財務大臣に送った文書の文面にて、『現時点では、仮想通貨は世界的な金融の安全性を脅かす存在ではない』と言及しました。

暗号通貨(仮想通貨)市場の規模は未だ小さい!

重要な点としてはFSB会長の発言は、仮想通貨市場は未だかなり小規模な市場であり、驚異的な存在にはなり得ていないという考えの元、状況を捉えていることです。

イングランド銀行(イギリスの中央銀行)総裁であり金融安定理事会(FSB)会長であるMark Carney氏は、G20参加者に向けた13日付の書簡で、仮想通貨は世界経済に対して「危機のリスクはない」と述べた。ロイターが18日に報じています。

書簡は、19日からブエノスアイレスで行われるG20財務大臣・中央銀行総裁会議に向けたものだ。書簡の中でMark Carney氏は、ビットコインやほかの仮想通貨が金融の安定性に悪影響を及ぼすという懸念を払しょくした。

「G20メンバーの関心に応え、FSBは急成長する仮想資産の金融安定性へのリスクについて調査を行った」と最初に述べ、次のようにリスクについて説明している。

仮想通貨の市場規模は未だ世界のGDP比では1%にも満たないとした上で、G20では技術的な発展を見守るべきであると財務大臣へ送った書面で付け加えました。

「FSBの一次評価は、現時点において仮想資産がグローバル金融の安定性を脅かすリスクはないというものだ。なぜなら、この分野の規模は世界の金融システムと比較すれば、小さなものだからである」

今週のG20を巡っては、ここ数か月、仮想通貨業界がずっとその動向を注視していた。昨年12月から、世界の規制当局や政治家たちは、G20の場で仮想通貨規制について議論するということをほのめかしていた。

Mark Carney氏の発言を受け市場はすぐに反応!?BTC/USDは、1000ドル近く上昇した。

Mark Carney氏自身も規制の必要性については発言していた。今年2月には、仮想通貨は「通貨として失敗だ」とも主張していた

しかしながら、ほかの伝統的な資産と比較して、仮想通貨は現時点ではそれほど重要な問題ではないと、彼は書簡で述べている。

「最近の急激な成長にも関わらず、(仮想通貨の)グローバル市場での全体規模は、世界のGDPの1%にも満たない。過去の世界金融危機において、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の想定元本が、世界のGDPと同額だったこととは対照的だ」

今後について、Mark Carney氏は「FSBは仮想資産が金融安定化へのリスクとなるかどうかをモニタリングする指標を作成し、必要とあればG20の場で改訂していく」と書いている。

気になるG20参加国の暗号通貨へのスタンス

■アメリカ合衆国
- ICO禁止、マネーロンダリング&違法行為規制、暗号交換の伝統ライセンススキーム。

■日本
- 税金、支払い手段の認識。

■ドイツ
- これは合法的な金融商品であり、課税される可能性がありますが、追加のライセンスと許可が必要です。

■イギリス
政府規制はありません。

■フランス
- 規制準備状況(詳細には開示されていない)、「投機と操作のリスク」に関する警告。

■イタリア
- 一部の中央銀行は、暗号化通貨の発行を検討している。

■カナダ
課税。

■中国
- コインの取引が禁止され、ICOは禁止されています。

■インド
- 支払い手段、マネーロンダリング規制および違法行為として認められていない。

■ブラジル
- 認識されていない金融資産、直接投資は禁止されている。

■韓国
- 匿名の口座取引(本名システム)、税の準備が進行中ではありません。

■オーストラリア
- 政府規制はありません。

■ロシア
- Cryptocurrencies規制法、ICO禁止法は、法律を許可しながら、合法的な取引を実行することができます。

■メキシコ
- 税金の準備。

■インドネシア
- 政府規制はありません。銀行から禁止されています。

■トルコ
- 政府規制はありません。

■サウジアラビア
- いくつかの規制が導入されるが、禁止されていない。

■アルゼンチン
- 政府規制はありません。

■南アフリカ共和国
- 政府規制はありません。

■欧州連合
- Bitcoinやその他の仮想通貨交換におけるマネー・ローンダリングやテロリストの資金調達を防ぐために、より厳しいルールに合意しました。

暗号通貨市場はG20が近付くにつれ、日本時間の当日未明には今月最安値をマーク

今回のG20は、ブエノスアイレスで3月19日から2日間予定されていました。

G20の日程が近付くに連れて世界規模の厳しい規制や、先の見えない議論に対する不安が原因と考えられる相場の大幅下落を観測し、日本時間の3月19日のAM4:00頃にはビットコインが80万円/BTCを一瞬割り込み、市場全体の時価総額は30兆円まで下落していました。

しかし、今回の報道が発表されたことを受けて相場は大きく反発!一気に90万円近くまで値を伸ばし、その後も順調に価格が伸びている形になっていますね。

というより、

金融安定理事会(Financial Stability Board)は、ビットコインなど仮想通貨を規制することを要請する各国の呼びかけを拒否しましたという情報が出ました。

また、FSB会長であるMark Carney氏は、財務大臣に送った文書の文面にて、『現時点では、仮想通貨は世界的な金融の安全性を脅かす存在ではない』と言及しました。

私は上記の発表が世の中に発表される前に反発し始めてるのに、疑問を持って欲しいです!

情報を自由にコントロールできる立場であったり、最新の情報を手に入れれる環境にいることが出来れば簡単にお金を儲けることができるよな。。。って、思いますよね?

そうです!

彼らは自分の持ってる利権を最大限に利用し、情報をコントロールすることで私腹を肥やすことができるんです。

私たち一般市民は、SNSはじめ、インターネット、TV、新聞、ラジオなどのメディアを通して手に入れてる情報の大半は、利権保有者の都合で作られた情報であることを認識できたと思っていただければと思います。

別に暗号通貨に関連するニュースだけではありませんよね^^

今、世間を賑わせている森友問題元日馬富士関の暴行事件から始まった日本相撲協会の不祥事などなど、利権者による情報操作が行われているのが伺えることが普通にありますよね。

一般企業でもそうです。

粉飾決済や各種ハラスメントの揉み消しなんて日常茶飯事、その行われた事実を知っているのは該当部署と役員はじめ一部の重役のみなんていうのは当たり前です。

そういう環境下で私たちは生きている!と、いうことを理解しましょう。

その中で、どうすれば良いのかということを考えて行動すれば必ず活路は見つかります。

何も考えないで、世の中の情報に依存していると搾取されるだけですからね。

私の大好きな名言!

まさにこの通りだと思います^^

 

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.