Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

2018年3月開催のG20サミットで、暗号通貨市場の今後の動きが決まる!

投稿日:

今月、暗号通貨界にとっても重要だといわれているG20会議が近づいています。

その影響のせいかBTCの価格は120万円台を超えてきたもののイマイチ明確な上昇トレンドにならず、110万円台から120万円台前半を推移している状況。

まさしくG20会議の結果でもう一度下落するのでは?という雰囲気を出しています。

私はというと、そんな優秀なトレーダーでないので黙ってコツコツ余剰資金が出来たら買い増ししていくだけです。

何故そうしているかというと、長期的に見てビットコインがまだまだ上がると思っているからです。

最新のニュースだとドイツが仮想通貨を支払い手段として合法的に認めたというニュースであったり、

ビットコインはまだ伸びる! 1000万円まで行く可能性があるというネットニュースも出ていたり、1月の悪いニュースが何だったのかと思う位、ビットコインはじめ暗号通貨市場に追い風となるようなニュースが出始めてます。

何ででしょうね(笑)
まぁ、その理由はスクール生には教えてますけどw

と、ビットコインはじめ多くの暗号通貨達はまだまだ価値が上がると思っていて、今が絶好の投機チャンスと私は思っているだけです。

とは言ってもさっさと上がって欲しいと思うのは私も同じw

今後の市場が一気に成長するか!もう少し時間が掛かるのか!その分岐点の一つとして考えられ、騒がれているのがG20会議です。

では、G20で一体何を話すのでしょうか?

ロイター通信によると、フランスとドイツは3月にアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、仮想通貨の国際的な規制を呼びかける方針だ。フランスのルメール経済・財務相は18日、「ビットコインのリスクの分析や規制についてドイツとともにG20参加国に提案したい」と述べた。両国がパリでの共同記者会見で発言した。

~略~

ドイツのアルトマイヤー財務相代行も「我々は市民に対してリスクを説明し、規制によってリスクを低減させる責任を負っている」と述べた。

18年のG20会合はアルゼンチンが議長国を務める。議題を決めるのはアルゼンチンだが、仮想通貨が議題の一つに取りあげられれば、G20会合で話し合うのは初めてとなる。

引用:日経新聞(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25888830Z10C18A1EAF000/

要は暗号通貨の国際的な規制を掛けたいということがイメージ出来ますよね。

暗号通貨は非中央集権という特徴があります。

管理者がいないということは誰も規制出来ないということですが、唯一規制できるとすれば世界中の国が合意のルールが出来たら規制できる可能性はありますよね。

まぁ、そんなこと無理ですがw

でもやりたいんですよね。

G20参加国について

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、EU、ロシア、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、オーストラリア、韓国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、アルゼンチン

太字の国は、仮想通貨の取引で大きな割合を占めています。

合計20カ国です。20か国・地域首脳会合(G20首脳会合)および20か国・地域財務大臣・中央銀行総裁会議(G20財務相・中央銀行総裁会議)を開催しています。

今までは中国単体など各国ばらばらの規制だったんですが、昨年末の急騰を機に世界中で一気に認知度が高まりました。

これを受けて各国政府が、従来の1国のみで世界で使われている暗号通貨にとっては一時的な影響しかない問題を、世界中の国々で同時に規制がかかる国際的なルールを作っていき、暗号通貨を規制していこうと考えているというわけです。

その結果によっては暗号通貨市場への影響は非常に大きなものになるだろうと騒がれてます。

G20会議開催予定

いつ開催されるの?ということですが、財務省のページを見ると3月19~20日ということです。変更する可能性もゼロではありませんので、財務省のページにて実際に確認してみてください。

翌月の4月20日にもG20 財務相・中央銀行総裁会合がワシントンであるのですが、3月に提案で4月に確定みたいな流れになるのでしょうか?

ちょっと確認中ですが、ワシントンだけに何か重要な会合になりそうな気がします。

ビットコインがそんなに世界の経済にとって大事な話かと言えばそれはビットコインがちゃんと落ち着かないと世界の経済の未来も無いだろうという感じだと思います。今の影響は小さいですがこのまま放っておけないですし、禁止だといってどうにかなるようなものでもないです。(アンダーグランドでもP2P取引でもできてしまいます。)

むしろ国として、通貨や個人認証や個人資産の把握が楽になるのだからくだらない目先の利権に目を囚われず、地に足をつけ政府が主導してやったほうが、将来的に良い結果が出ると思うのですがね〜

結果は公式サイト(財務省HP)に『http://www.mof.go.jp/international_policy/convention/g20/index.htm』にアップされますので期待して待ちましょう!

 

以下、

https://www.jetro.go.jp/biznews/2017/12/7dff9e2d5091bd9e.htmlより

3月

3月19~20日 G20財務相・中央銀行総裁会合(アルゼンチン・ブエノスアイレス)

4月

4月20日 G20財務相・中央銀行総裁会合(ワシントン)

4月20~22日 IMF・世界銀行春季総会(ワシントン)

4月中 WTO、2017年の世界の貿易額発表

4月中 IMF、世界経済見通し発表

まぁ、G20会議の結果やIMFの発表をが終わるGWを目処にBTCから一気に上昇し始めるのかな〜というのが、私の予想です。

あれ?去年も似たような時期にチャートが同じ動きしてたような気がするなと気づいた人は、かなり良いセンスしてると思いますよ(笑)

 

 

 

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.