グーグルアドセンス



blog

苫米地英人『「仮想通貨の真実」プロジェクト』の検証

投稿日:

儲かるという情報だけで最近暗号通貨の投資を始めた人の心を折る、もの凄いインパクトある文章が印象的な

苫米地英人『「仮想通貨の真実」プロジェクト』について多数の問い合わせがあったので検証を開始します。

特定商取引法にも基づく表記は必ずチェックしましょう!

販売会社 合同会社一二三

販売責任者 中村一二三

所在地 栃木県宇都宮市東宝木町9番22号

本当に苫米地博士は暗号通貨の第一人者なのか?

苫米地博士は心理学や人工知能、哲学などを含む認知科学などの研究者で、カーネギーメロン大学の博士という経歴があります。

過去には、英語の勉強法、宗教、スピリチュアル、気功、自己啓発、政治経済、営業、論理思考、健康法、歴史などの出版も行っているようですが、今回は「仮想通貨」ということです。

苫米地博士は朝の情報番組でも仮想通貨に関することをコメントしているので興味深いところですよね。

どんなことを話しているかについては、動画を参照してください。

正直、大学の講義レベルです^^;;

基礎ベースができてない人には理解できない内容なので、出演者の方は頭に❓がいっぱい出ていること間違いなしですw

暗号通貨の分野では、イェール大学にて暗号通貨の根っこであり、且つ、基礎となる人工頭脳研究所でプロジェクトを進めた実績があるというのですが。。。

そんな権威ある人が、今回どういう内容のプロジェクトを打ち出すのでしょうか?

ビットコインのサトシ ナカモト論文を不完全と切り捨て

「今現在世に出回ってるビットコインは苫米地博士が1990年代に発表した論文の簡易バージョンである」と

暗号通貨の第一人者的なことも言っているので気にはなりますね。

世界初の暗号通貨は、トマベチアルゴリズムからなるベチユニット

今回この仮想通貨プロジェクトで明かされていることは、苫米地さんが暗号通貨に大きく関係しているということです。

暗号通貨と言えば、「サトシ ナカモト」なる人物が、インターネット上の掲示板にビットコインの論文を発表して、それを見た多くのプログラマーやシステムエンジニアが面白そうと興味を持ち作り込みできたのが、ビットコインの始まりとして知られています。

私もそう思ってました。

ただ、今回のプロジェクトによると、ビットコインが発行される前の1995年に、世界初の暗号通貨「ベチユニット」が開発されていたということなんです。

つまり、世界初の暗号通貨はビットコインでなく、ベチユニットってことですね。

とはいえ、世に出回り流通されなければ初と言っても、信じ難いのは事実です。

こちらの図によれば、苫米地博士の論文発表の中で「トマベチアルゴリズム」が出てきて、それがベチユニットの開発に大きく関係しているということです。

どうやら暗号通貨の技術面である「ブロックチェーン」の基礎は、トマベチアルゴリズムから来ているということを説明し、ビットコインもトマベチアルゴリズムが簡略化されたものと解説してます。

その詳細についても今後の動画で解説があるということなので、注目していきたいです。

苫米地博士の経歴を見ても本物ということは間違いありません。

なので、「ベチユニット」や「トマベチアルゴリズム」が、取って付けた名前ではない感じはします。

ビットコイン大暴落は確実なのか

昨年9月にJPモルガン社長が「ビットコインは詐欺である」と言ったことから、50万円から30万円台に暴落しました。

その詐欺だと言われる理由が、「自己取引ができるから」です。

まぁ、詐欺であると言った後に、JPモルガンが大量のビットコインに買いを入れていたので簡単に情報操作だなって分かりますがw

2017年1月の暴落の背景には、中国の取引所で規制されたのは分かってますが、規制した理由が「自己取引」によるものだと説明しています。

この取引所というのは、日本で言うビットフライヤーやザイフ、コインチェックで、海外だとバイナンスやBittrexなどの仮想通貨取引を管理する運営元です。

運営側は銀行同様、取引や管理の手数料によって利益を得ています。

取引所は気軽に取引できるメリットがありますが、リスクもあります。

2014年のマウントゴックスや先日のコインチェックのハッキング、他にも個人情報の漏洩、カウンターパーティリスクといったものがあります。

つまり、私たちが普段気軽に使っている取引所は、実はリスクだらけだということが分かるかと思います。

日本はまだ良いです。100万円までのペイオフ制度が導入されていたり、サポートが親切ですから。

海外取引所は、問い合わせしても問い合わせの仕方が悪いと反応すら無い場合も多々あります。

なので取引所にすべてを任せるのは危険であり、自己管理が必要だという認識を持つのが良いです。

暗号通貨は「自分の資産」だということを忘れてはいけません。

また、苫米地博士が言うには、今の暗号通貨は取引所で自己取引ができるため、「価格操作」が行われているということなんです。

私は、そんなの当たり前だと思ってましたけどw

暗号通貨は最初に保有したりマイニングをした人たちが稼げるような設計になっていて、取引所もそれを利用しているんじゃないかというのが苫米地博士の推測ですが、なんかズレてるんですよね。

そもそも、ビットコインって何ですか?

決済手段ですよね。

保有することにフォーカスばかりしてもダメでしょ。

確かにビットコインは発行数量の上限が2100万枚と決まっているので、奪い合いです。

だから、需要と供給のバランスで需要が多いから価値がどんどん上がってるんですよね。

しかも需要と共有のバランスは、別に暗号通貨だけに限ってでなく、全ての取引に言えることです。

安室奈美恵のラストコンサートのアリーナチケットが1枚100万円でもコアなファンは金払うでしょってことです。

それを、このままの仕組みでは暗号通貨自体が破綻してしまうと予測するのが理解できません。

そこで出してきたのが「トマベチアルゴリズム」で、このアルゴリズムがその問題の解決策になると説明しています。

そして、将来的に生き残る暗号通貨こそが、トマベチアルゴリズムをベースにした通貨であり、それ以外の通貨は大暴落が確実視されているとも説明しています。

と、まあ。。。

言いきってます(^^;

ちなみに、コインチェックだけでなく世界中の取引所で様々な問題が起きてますが、取引所においても今後は「分散型取引所(DEX)」が主流になるのではないかと予想しています。

分散型取引所とはウォレット(財布)とウォレット(財布)を直接つないで売買を成立させられる場所のことです。

つまりは取引所を間に挟むことなく取引できるってこと。

メリットとデメリットはこのようになります。

  • 取引所に資金を入金する必要なし
  • ウォレット(財布)から直接売買できる
  • 本人確認は不要
  • 取引所が破綻するリスクは原則ゼロ
  • ハッキングされるリスクが低い
  • 取引手数料は高くなる
  • 知識とスキルが求められる

他のブログでも解説されてるので参考にしてください。

これから主流になると予想される注目の分散型取引所(DEX)一覧まとめ

まとめ

さて、今回は苫米地博士の仮想通貨プロジェクトについてですが、現段階で判断できるだけの詳しい情報は出てませんが、世界初の暗号通貨を作ったのは私だと言わんばかりで解説し、その理由が「トマベチアルゴリズム」からなる「ベチユニット」という説明でした。

また、ビットコインは「トマベチアルゴリズム」の簡易版と説明していましたね。

簡易版ゆえに完璧でないから、ビットコインは不完全でフォークする必要があり、しかもまだ完璧なものではないと説明していました。

暗号通貨自体についても、開発者や取引所、先行者が稼げるような仕組みにできているという概略の説明もありました。

確かにICOやマイニング等はその仕組みになりますし、じゃあその中で苫米地博士がどういう稼ぎ方を提唱するのかが気になるところです。

ですが、

じゃあ、何故プロダクトローンチを仕掛けるんですか?という疑問があります。

現状を否定し、完璧な仕組みのベースは既にあるなら普通にICO仕掛ければ良いんじゃないの?

普通にクラウドファンディングで資金調達すれば良いんじゃないの?って思います。

今回の『「仮想通貨の真実」プロジェクト』のLine@に登録されてる人数は1万人オーバーです。

オプトインアフィリエイトの報酬が、一人3,000円と聞いたので既に広告費が3億発生しています。

その他、ランディングページ(LP)や動画撮影にもかなりの費用が掛かってます。

一人でも多くの人に真実を伝え、なんとかしてあげたいという善意から、全て掛かった費用は身銭を切るのでしょうか?

違いますよね。

このローンチを見ている人に何かしらの商品を売りつけて回収するんですよね。

本物を伝える為にわざわざ経費かけるのっておかしいよねっていうのが私の考えです。

泉氏のノアコイン同様、ゴミ案件と思ってます。

追記(2018年2月10日)

結局のところ、今世の中に出回ってる暗号通貨は暴落すると言い、それが全てクリアになるのは「トマベチアルゴリズム」が組み込まれた「ベチユニット」だと散々言ってたのにICOじゃなくて暗号通貨の本質を学ぶコミュニティ(参加費:¥98,000)ですかw

ちゃんと、その先もありました^^

超高額バックエンド^^;;

 

 

「Fintech Master Club Platinum Course」

¥498,000円(税込)

↓  ↓

「苫米地英人フィンテックパーソナルコーチングプログラム(グループコンサル1回)」

¥1,620,000円(税込)

↓  ↓

「苫米地英人フィンテックパーソナルコーチングプログラム(グループコンサル3回)」

¥3,240,000円(税込)

予想以上の価格に唖然・・・

あの大学講義のようなローンチ動画観て理解できるのは、暗号通貨のことお金のことをある程度理解していないと無理です。

ましてや、過去のTV放送での解説状況からも、とてもじゃないけど理解できるコーチングが出来るとは思えません。

例えるなら、家族のために肉じゃがを作ろうと思って超高級懐石料理人とコンサル契約結ぶようなもんです。

たまに食べる家庭の味にそこまで必要?

いらないですよね^^

お金を無駄にするのと同じです。

確かに300万円を出す価値があるかも知れませんが、そのコンサルで得た情報をさらに投資に回す原資がないと回収なんかできません。

最大の投資は自己投資だと私は思っていますが、回収できる見込みがない投資は投棄です。

適正な自己投資の金額はなんとも言えませんが、ショッピングだったら、買った商品が納得できる品質なら問題ないですよね。

そもそも、その判断基準を自分で確率する必要あるんじゃないかと思います。

その基準となるベースは、PCとスマホを使いこなし、出来るだけ多くの情報を手に入れ、分析できる力を養うとこからだと思います。

基礎ができてうえで、本物の情報を持ちサポート出来る人と一緒にビジネスやれば嫌でも稼げるようになります。

コツコツ丁寧にやるのが、結局のところ最短最速です。

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.