Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

【バブル必須!?】ウワサの仮想通貨ICOとは?全てを網羅してみる!

投稿日:

 

最近ちまたで賑わせている仮想通貨の”ICO”という言葉。

ビットコインなどの仮想通貨に興味がある人、多少の知識がある人であれば、一度はこの言葉を聞いたことがあると思います。

仮想通貨やブロックチェーンなどの業界は、成長スピードが半端なく、どんどん新たな技術革新が起こっていて、ICOもその技術革新の一つです。

今後ますます話題になっていくこと間違いなし!!

今回は、時代の流れに取り残されない為やチャンスを逃さない為にも、この「ICO」に関して解説していこうと思います。

  • そもそもICOとは?
  • どんな仕組みなの?
  • メリットやデメリットは?
  • どうやって投資するの?

その全てを網羅してみました。確実に抑えておきましょう。

そもそもICOとは?

仮想通貨ICOとは、主にビットコインなど仮想通貨を利用した資金調達の方法で、クラウドセールやプレセールなどともいわれます。

 

 

最近流行っている「クラウドファンディング」のようなイメージを持ってもらえればイメージしやすいです。

株式市場でいうIPO(Initial Public Offering=新規公開株)をもじって、「ICO(Initial Coin Offering)」と言われています。

発行者側(プロジェクトやサービス)は、独自トークン(未公開の独自仮想通貨)を発行することにより、資金調達することができ、投資家側(あなた)は投資する代わりに安い値段でその独自通貨を入手することができるということですね。

上場前の未公開仮想通貨を入手できるので、上場した途端価値が上昇し、一攫千金の大きなリターンが見込める可能性がある代わりに、結局上場せず(上場したととしても全然使われず)投資した通貨が結局ただのゴミになってしまう可能性もあるという、めちゃくちゃハイリスクハイリターンなサービスといえるでしょう。

まずは仮想通貨ICOに関して理解するために、

  • ICOの基本的な仕組み
  • IPOとの違い
  • 過去の事例

を見てみましょう。

ICOの基本的な仕組み

これは例を出すとわかりやすいと思います。

例えば私が何かとんでもなく素晴らしいプロジェクトを開発したとしましょう。このプロジェクトを”DDSプロジェクト”とします。(笑)

このプロジェクトを開発、完成させ、世の中に提供するには数億円の資金が必要な状況です。

資金を集める方法として一般的には銀行からの融資やVC(ベンチャーキャピタル)などが一般的ですが、”DDSプロジェクト”はまだあまり信用がないことやリスクを考えるとそれらの資金調達方法はちょっと微妙です。

そこで思いついたのが「ICO」です。

 

 

私は” STKコイン”という独自の仮想通貨を作り、それをみんなにプレセール(未公開通貨)として安く売り出します。

あなたはこのDDSプロジェクトに興味を持ち、応援したいと思ったので、ビットコインを出資する代わりにSTKコインをゲット。(ICOでの出資はほとんどビットコインで行われます)

そのあと私は、多くの人からSTKコインを対価として資金を調達し、その資金を元にどうにかDDSプロジェクトを成功させ、世の中に広まっていきました。

同時にSTKコインの価値もどんどん上昇し、あなたがプレセール中に買ったSTKコインの価値は1万倍に!そのあとビットコインに交換したらとっても稼げちゃいました。

私はプロジェクトを成功させられたし、あなたも投資を成功させることができ、お互いがWinWinになりました。めでたし、めでたしw

…と、まあ細かい話を抜きにしたらこれがICOの仕組みです。

もちろん、私がDDSプロジェクトを失敗させてしまったり、お金集めるだけ集めて逃げちゃったり、STKコインに全然需要がなく価値が下がったしまったり…といったようなリスクがあるのですが、その辺に関しては後で解説します。

ここでは、「独自仮想通貨を発行して、お金(ビットコイン)を集めるというのがICOの基本的な仕組みなんだ」ということを理解できればオッケーです。

 

IPOとの違い

IPOの場合、株式を投資家に売り出す際、仲介者(証券会社など)が存在します。証券会社にしっかり監査された上で売り出されるということですね。

また、だれでも投資できるわけではなく、抽選によって決まります。
(一般的には抽選と公表されてますが実は違います! 現状はコンサル生にしか教えませんw)

しかしICOの場合、その仲介者が存在しないので、誰でも自由に資金調達を行うことができます。

抽選もないので、誰でも投資することができます。(その代わり、プレセール開始直後が一番価格が安く、終了に近づくにつれて段々と割高になっていくという感じ)

発行主側、投資家側どちらも自由度が半端ないということですね。

今まで投資家側は「一部の優秀なベンチャー企業にしか投資できなかった」ことや、企業側も「上場していないと簡単に資金を集められなかった」ということを考えると、とても民主的な方法だといえるでしょう。

しかし、だからこそ「そもそも上場するつもりがない」、「資金を集めたいだけ(集めたらバックれる)」的なクソみたいなプロジェクトや企業が存在していて、詐欺集団の温床になってしまっているのも事実です。

 

現状、法整備もまだ整っていないので…。

具体的な注意点はあとでもしっかり話しますが、「ICOには怪しい案件(怪しい仮想通貨)が腐る程ある。」ということをまずは頭に入れておきましょう。

過去の事例

ICOは怪しい通貨も多く、詐欺プロジェクトが多く存在しますが、実際にしっかり上場して現在も取引所で扱われている通貨はあります。

その中でも一番有名なのがイーサリアムでしょう。

 

 

イーサリアムは2014年9月頃にプレセールが始まり、その時は1BTC=2000ETHで取引されていました。ちなみに当時のビットコインの価格は1BTC=4万円前後。

そのあと、2105年に公開(上場)され、2017年8月現在のイーサリアムの価格は1ETH=30,000円前後です。

もしプレセール期間に1BTC分のイーサリアム(2000ETH)を購入してたとすると、2000×30,000円=6,000万円

当時の1BTC=4万円なので、現在までイーサリアムを保有していた場合、4万円が60,00万円に化けたということになります。150倍はとても夢がありますね^^

その他にも例えば、王手取引所であるコインチェックで扱われている、XEMやFCTなどの通貨もICOの事例です。

この辺りの通貨は、いわば「ICO成功組」といえますね。(もちろん、これからこれらの通貨価値がどうなるかはわかりませんが、現時点では成功といえるでしょう。)

しかし、何度も言いますがその裏には消えていった詐欺通貨がたくさんあるということも頭に入れておきましょうね。(笑)

仮想通貨関連の詐欺に騙されないためには以下の記事に必ず目を通すことをすすめます。

 

どうやって投資(購入)するのか?

「仮想通貨ICOに投資をしたい!」

と思ったらどうしたらいいのでしょうか?

流れとしては、

  1. ビットコイン(イーサリアム)を保有しておく
  2. 情報サイトをチェック
  3. 詐欺じゃないか?将来性があるか?を考え、投資を判断する!

こんな感じです。それぞれ簡単に解説します。

1. ビットコイン(イーサリアム)を保有しておく

まず、最初にも言いましたが、ICO投資は「円」ではなく「ビットコイン」で投資することになります。(最近はイーサリアムで投資する案件も増えてきています)

なので、準備としてまずはビットコインを保有しておきましょう。

ビットコインはコインチェックから一瞬で買えます。

2. 情報サイトをチェック

どんなICO案件があるのか?や、その案件はどんなプロジェクトなのか?などを確認できないと、どのICOに投資をするのか選べないですよね。

ICOの情報サイトはいくつかあるのですが、有名どころを紹介しておきます。

基本的にホワイトペーパー(プレゼン資料的な公式説明文書)は必読ですが、現在のICO案件はほとんど海外企業やプロジェクトなので「英語」です。

そもそも英語読めません…って簡単に言ってしまう人は、基本ICO投資はやめたほうがいいです。
(グーグル翻訳などのツールを使ってでも読まない人はダメです!)

ただそんな方には朗報ですが、最近になって仮想通貨取引所であるZaifを運営しているテックビューロ社が「COMSA」という日本発のICO案件を出しました。英語でわけわからないICOに投資投資するよりはそちらの方がいいと思いますが…。

もちろんあくまで自己責任ですよ!責任はとりません。(笑)

えー少し話がそれましたが、では、有名ICO情報サイトを紹介します。

ICO COUNTDOWN

 

 

URL:www.icocountdown.com

おそらく一番有名なサイトだと思われます。

サイト側で、「このICOは詐欺っぽい」と判断したものはリストから消してくれています。もちろんサイト側の判断なので、=詐欺というわけではありませんが。

Coinschedule

 

 

URL:www.coinschedule.com

怪しい案件もそのまま掲載されてる。が故に、案件数はかなり多いです。

ちなみに私は、上記サイトの他に何箇所か使用しているサイトがありますが、最初は上記サイトで慣れた方が良いです。

3. 詐欺じゃないか?将来性があるか?を考え、投資を判断する!

最後は自分で判断して、投資するだけです。

これが一番大事ですね。あくまで自己判断。

正直、今紹介した情報サイトに載ってるICO案件の中で、成功するICOなんて1/100以下でしょう。

確かにイーサリアムみたいな仮想通貨を引き当てたら億万長者なのですが…。

ほぼ知識がない状態でやるとギャンブルになります。先見性とリテラシーがないとまずいです。

そもそもビットコインや主要アルトコインの基礎知識は最低限必須です。

自信がない人は以下の記事で私の知識をまとめてあるので、目を通しておきましょう。

 

仮想通貨ICOのメリットとデメリット

ここまで、仮想通貨ICOとは?からその仕組みや購入方法などを解説してきましたが、簡単に仮想通貨ICOのメリットとデメリットをまとめておきましょう。

この記事を読んでいるあなたはきっと投資家側だと思うので、投資家側からみたメリットとデメリットをまとめておこうと思います。

メリット

  • 当たれば資産倍増

投資家側から見た場合、とにかくICOのメリットはこれに尽きるでしょう。

リスク

  • ハイリスク
  • 詐欺が多い
  • 法整備が整っていない

リスクはこんなかんじですね。

現状では正直リスクの方が大きいと言わざるを得ないと思います。

もちろん、「知識」と「将来性を見抜く目」があれば大きな成功を収められる可能性もありますが..。

詐欺に関しては、もはやそのプロジェクトの発起人の人間性の問題なので、実業で実績がない人や企業かを見極めることも大事と言えます。

最近ICO絡みで詐欺と噂されている『Noah coin』とかが良い例ですね。

結局どうなの?

私の個人的意見は、「仮想通貨市場に対して絶対的な知識があると自信をもって言えない人は、今はまだやめておいた方がいい。」と思ってます!!

ICOというプラットフォームに関してはとても可能性を感じますし、実際これからますます盛り上がっていくとは思います。

ただ、現時点では、安易に参加するのは、まだリスクが大きすぎるかな..と。そもそも仮想通貨市場に関して絶対的な知識を持っている人と繋がってない限り手を出さない方が良いです。

この市場は半端じゃない可能性占めているのは間違いありませんが、その成長スピードに国、経済、一般の人が追いついていないのが現状。

まずはビットコインへ投資。その次にアルトコインへ投資。体系的に知識をつけてましょう。ICOへの投資はそれからで十分です。

今の段階で絶対的な知識が無い人、損するリスクを負いたく無い人は、ICOに投資するよりも、コインチェックでビットコインや色々なアルトコインへの投資をオススメします。

 

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.