グーグルアドセンス



blog 暗号通貨バイブル

Litecoin ライトコイン

更新日:

ライトコイン(LTC)

ビットコインを「金」と例えると、ライトコインは「シルバー(銀)」を目指したと言われています。

日本の取引所でもビットフライヤーをはじめDMMやGMOなど両替出来るところが数社ありますし、暗号通貨市場ランキングでも上位にランキングされていて価値を認められている暗号通貨です。

ライトコインとは?

ライトコインは、2011年10月7日、元GoogleエンジニアであるCharlie LeeによってGithub上にリリースされました。
※GitHubとはバージョン管理システムのことで、Gitの仕組みを利用して世界中の人々が自分の作品を保存、公開することのできるウェブサービスが出来るシステムです。

ライトコインは、ビットコインに比べて決済スピードも速く、実際に使われるために実用性に重きを置いている暗号通貨となっています

ビットコインよりも発行枚数が多いので、ビットコインのように価値の乱高下が大きくなく、使いやすさにフォーカスした暗号通貨になっています。

ビットコインは、一部でデジタルゴールドと呼ばれていることもあって、金と特性が非常に似ていて一般的に通貨として流通させるより資産として保有や不動産売買など価格の大きな取引には向いていると思います。

その特性ゆえ、日常での少額決済向けとして開発されたのがライトコインです。

ビットコインの承認速度が10分に対して、ライトコインは、承認時間が2分半と4倍もスピードが速く実用性があります。

また、ビットコインのマイニングより電力が抑えられ、採掘コストが安いのも魅力的なので、マイナーからの評価が高い通貨でもあります。

その他ライトコインは、Segwit をいち早く導入した暗号通貨です。
※Segwitとはブロックサイズを拡張することができ、1つのブロックチェーンで送金できる件数を増やせる技術です。

ライトコインがなぜ「シルバー(銀)」を目指したか

ビットコインは、POWという”マイニング”によってブロックが生成されて取引が承認していく仕組みですが、ブロックの生成間隔が10分と比較的長いことが、取引ボリュームが増えた時、必ずネックになることが予想されていました。

また、ビットコインは総発行枚数上限も2100万枚と少なめなことで、小数点8桁まで分割でき、一般の人には見にくいという欠点もあります。
※管理人も慣れない時は、小数点以下の桁数を間違って送金したことが何度もありますw

そこでライトコインは、ブロックの生成間隔を平均2.5分にして承認時間を早める仕様で開発されました。

これならビットコインの4分の1の時間で決済が承認され利便性が上がると思ったからです。

それだけでなく、総発行枚数の上限も、ビットコインの4倍の8400万枚としました。

取引の承認される回数がビットコインより多いので、より沢山の取引を処理できるし、一度に沢山の取引を処理できることから、送金手数料も安く出来るメリットもあります。

2017年12月に送金した時は、Segwitアドレスを使って約30円程度でした。この時ビットコインは1送金あたり2,700円~3,500円とめちゃくちゃ高かったんですよね^^;;
(取引依頼が多く処理が詰まっていることが原因)

つまり、「ライトコインはビットコインの欠点になりそうな部分を補うことを目指して開発されている決済通貨」ということが分かるかと思います。

ここで、「ビットコインとライトコインが共存ってありえるの?イーサリアムやネムと違ってビットコインで出来ないことが出来るようになってる訳じゃないから、どっちか片方だけで良いのでは?」という疑問を抱く人も中にはいるかと思います。それは、日本でも多種多様なICカードが発行されていることを含めて考えれば良いと思います。Suicaを使う人もいればnanacoを使う人もいますし、WAONを使う人など様々ですよね。

暗号通貨の場合も、決済サービスとして導入する企業や店舗の都合によって、一番利便性の良い暗号通貨を導入したいですから、通貨が異なっていくことは想像は出来ますし、シルバー(銀)を目指し、既に市場でも価値が認められた技術であるライトコインがあっても特に問題は無いと思います。

おさらい、ライトコインの特徴

〇送金スピードがビットコインよりも速い

〇ビットコインよりも実用性に優れている

〇マイニングにかかるコストがビットコインより安い

〇アップデートが進みやすい

ライトコインは、初めてライトニングネットワークに成功したコインでもあります。
*ライトニングネットワークとは少額な取引を可能にして、手数料を安くするソリューションです。

ブロックチェーン以外の場所で送金するができるというモノです。

また、アトミック・スワッブにも成功しています。
*アトミック・スワッブとは互いにコインを交換することのできる仕組みです。

アトミック・スワップを使うことで、
たとえば、BTCからLTCにスワップし、LTCで支払いなどをおこなった後、最後にまたBTCに戻すというような使い方ができるようになります。

この2つのキーワードはこれから暗号通貨の世界を変えていくことになりそうです。

ライトコインの今後と将来性

ライトコインを開発した中国人のチャーリー・リーは、Twitter上で、今後もライトコインの開発に専念するとあり、月に行くように頑張るぜとツイートしていました。

ライトコインはこれからも性能がよくなり、将来的にも価格が上がっていく可能性のある将来性を秘めた暗号通貨です。

[ Charlie Lee (@SatoshiLite) 2017年6月10日]

また、ライトコインはとても中国で人気があります。
ライトコインの取引高の75%以上が中国からと言われています。
日本初の国産のモナーコインを保有しているのが、日本人であるように自国民が作った通貨を中国人が応援するのは何となく理解できますよね。

実際に中国で暗号通貨に投資している人はどれくらいいて、どれくらいの金額を投資しているか想像出来ない人もいるかもしれませんので、暗号通貨の代表とされているビットコインを沢山保有しているのは中国人と言われています。

 

ということは、動き始めたら一気に跳ねる可能性が高いという魅力も期待できますね。

まとめ

ライトコインの存在意義が今後どうなっていくか?

暗号通貨市場が拡大するにつれて、ビットコインのスケーラビリティ問題が顕著に表れ始めているのは事実です。決済通貨や基軸通貨として利用が困難になりつつあるビットコインがどうにか便利に使えるようにアップデートして欲しいと願いつつ、ビットコインの代わりに決済手段として便利に使える暗号通貨を市場が求め始めているのも確かです。

ライトコインには、アトミック・スワッブやライトニングネットワークという素晴らしい機能が備わっています。

ビットコインもライトニングネットワークを行うと開発していますが、容量の問題のせいなのかなかなか実装されてないのも事実。

もしかしたら、ライトコインから始まっていく決済方法にシフトする?という期待があります。

 

もう1つの明るい材料はLitePayの存在で、ライトコイン決済の実需が加速していく可能性はあるかもしれない。実需が伴えば、相場もゆっくりではあるが成長していくことが想像できますね。

ライトコインを扱っている暗号通貨取引所は多く、コミュニティも根強く歴史も長いことから、突然どこか大きな企業が決済に採用する展開があるかもしれない。そうなれば相場も高騰する可能性は十分あります。

日本ではあまり人気は無いが、アメリカではライトコインホルダーが多いので、そういった意味でもグローバルに見る必要がありますよね。

ビットコインが送金・決済用として使えない状況で、どれだけライトコインがその穴を埋められるプロダクトを開発できるかがポイントになると思っています。

また、マイニングによる半減期が2019年に起こる予定であることも押さえておくと良いです。ビットコインもそうですが、マイニング報酬が半減すると基本的には高騰する仕組みとなっています。ですが、それはその時の市場価値次第でもあるからです。

ライトコインに限ってではありませんが、今の暗号通貨は投機なので単価がビットコインより低いことから今から何倍にも伸びる可能性はありますし、当然下がる可能性もあります。

ただ、ライトコインは市場でもある程度価値が確立していますし、歴史もそれなりに長くなってきており、ホルダーも多いことから、比較的安定感はあるため、分散先の一つとして保有するのは全然ありがと思います。

グーグルアドセンス




-blog, 暗号通貨バイブル

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.