Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



暗号通貨バイブル

リップル(XRP)

投稿日:

リップルはネットワーク上で安価で高速な送金、トレードを実現させるためのプラットフォームです。

金融機関などのバックエンドで使用される代替通貨として、様々な金融資産を安価、高速、セキュアに流通させるために機能していくと考えられています。

リップルに関する説明を詳しくまとめていきます。

リップルコインとは何か?

まずリップルというのは「仮想通貨」と言われていますが、正確には通貨自体のことを「リップル」とは呼びません。

リップルというのは、アメリカの「Ripple Inc」という会社によって開発が進められている、金融商品の決済・送金システムのことで現在の銀行などの金融機関で行われている金融商品の送金システムをより効率的かつコストが掛からないようにすることを目指しています。

リップルのシステムがどのようなものか、ものすごく簡単にいうと、金融商品間の取引に仲介通貨を導入して、やり取りをスムーズにするといったものです。

例えば、国際的な決済で、日本からアメリカに送金がされる場合、日本円から米ドルに変換して決済する必要があります。

日本円から米ドルに変換する作業は、銀行などの金融機関が内部で行っている処理です。

日本円から米ドルなどの「すごく有名な通貨」であればすぐに変換することができますが、もっとマイナーな国の通貨だと一度の変換作業でなく、一度ドルやユーロなどに変換し、さらにそこから変換するなど、かなり処理に時間と手間がかかります。
(実際に海外旅行で)

そういった、手間がかかる送金時の手続きを共通の「仲介用の通貨」を使うことで、簡略化しようという試みがリップルの決済システムになります。

そして、このリップルというシステムの中で「仲介通貨」として使用されるのが「XRP」という仮想通貨です。

主に、仮想通貨関連の話をする際には、このXRPのことが「リップル」と呼ばれています。

仮想通貨としての「リップル(XRP)」のことを「リップルコイン」という言い方をすることもありますが、正式名称ではありません。(本サイトでもちょこちょこリップルコインという名前で読んでいます)

 

仲介用の通貨なので、一般に私達が利用するような場面でリップル(XRP)が登場する機会はほとんどないかと思いますが、銀行などの金融機関でリップルのシステムが普及すれば、仲介通貨のXRPも価値が上昇するだろうと考えられており、注目が集まっています。

現在、リップル(XRP)は、仲介用としてだけでなく、取引所で購入することで保有することもできます。

ただ、リップルに関しては取引所での通貨のやりとりが「IOU取引」によって成り立っていることで注意が必要になります。

リップルのIOU取引という特徴について

リップルの特徴の一つに、リップルは「IOU取引」であるということが挙げられます。

IOUとは、「I owe you(私はあなたに借りがある)」の略で、取引所などの「ゲートウェイ」とよばれるリップルの預金残高などを管理する場所が顧客に対して発行する「借用証書」という意味合いがあります。

よって、リップルというものは実際には通貨というよりも「借用書の代わり」という性質をもっていると言えます。

借用書は通常、借りた側と貸した側の間で成立するものですが、リップルは「リップルというネットワークシステムに参画しているユーザー同士」であれば、リップルという借用書によってお金のやりとりが可能になります。

「リップルの実態は借用書」ということでどういう問題があるかというと、自分がリップルを預けている場所が、ハッキングや破産などによって、リップルネットワークシステムから抜けるということが起こればその借用書は「無価値」になります。

この理由により、リップルを保管するのは非常にリスクがあるといわれています。

しかもシステム屋に言わせれば、セキュリティも脆弱だとかw

なので、私はあんまり推奨はしません。

保管している場所がハッキングにあったり、破産したりすれば通貨の価値がなくなるなんて、他の通貨でもありえることなんだから当たり前だろ!という意見もありますが、

ただ、ビットコインなどの場合は取引所でオフラインウォレットで保管するなどしているので、取引所がハッキングにあったり破綻したりする際にも全てが消えるということは少ないかと思います。

その点リップルは取引所に預けているものはすべて「借用書」と同じ扱いなので、取引所の都合でリップルが消えてしまう可能性もあるので、より信用リスクが高いものだと考えています。

そのため、リップルをやり取りする取引所はより信頼のおける取引所にしないといけませんし、大金の保存はセキュリティに気をつけたり、保存場所を分散するなど、十分注意する必要があります。(結局どの仮想通貨でもいえることですが)

次項で、リップル(XRP)を購入出来る取引所に関して紹介します。

リップルコイン 取引所 日本円で購入できるところは?

2017年5月現在、リップル円(XRP/JPY)を購入できる取引所は以下の4つです。

CoinCheck
Mr. Ripple
東京JPY発行所
bitbank.cc

初心者向け+他の仮想通貨取引も同時に行いたいならCoinCheckが一番

CoinCheckは最近になってリップルの取引を開始したので、リップルの売買高自体はまだまだですが、ビットコインなどの仮想通貨の取引所としては3つの中で一番取引が多い取引所です。

CoinCheckが優れているのが、圧倒的に画面が分かりやすく、スマホのアプリとPCの画面がほぼ同じなので使いやすいです。

 

また、CoinCheckはリップル以外の他の仮想通貨も豊富に取引しているのが魅力です。

 

現状では、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、Lisk、Factom、Monero、Auger、NEM、ライトコイン、ビットコインキャッシュなどの今人気のある仮想通貨を取り扱っています。

リップルだけでなく、他の仮想通貨にも興味がある!という場合にはCoinCheckが良いかと思います。

コインチェックのサイトへ行く

無料でもらえるリップルの量で選ぶならMr.Ripple

現在mr.rippleでは「無料登録でリップルをもらえるキャンペーン」を実施中で、登録して、3万円以上の入金が完了すると、合計「77XRP」がもらえます。

Mr.Rippleのサイトへ行く

大量のXRPを取引するつもりならbitbank.cc

bitbank.ccは最近できた取引所で、リップルに関して「マイナス手数料キャンペーン」「リップル(XRP)争奪キャンペーン」というものを行っています。

この2つのキャンペーンはリップルを大量に取引する人にとっては非常にありがたいキャンペーンなので、今のうちにリップルの大量保有を考えている人や、リップルを短期トレード対象にしている人などにとってはよい取引所かと思います。

bitbank.ccのサイトへ行く

これまでのXRP出来高で選ぶなら東京JPY発行所

東京JPY発行所は、日本でもっとも古くからリップルをあつかっていたので、比較的XRPの流通が盛んです。

出来高が多いほうが活発なやりとりがありますので、無難に一番取引が行われている取引所を選びたいなら東京JPY発行所になります。

東京JPY発行所のサイトへ行く

リップルコインのウォレットについて

リップルは取引所に預けている時点ではIOU取引となるので、取引所に保管しているだけでは通貨ではなく借用書という位置づけのため若干不安です。

なので、リップルは自分で保管できる「ウォレット」が特に必要になりますので

次項で、リップルを保管できるウォレットについて紹介します。

リップル WEBウォレット GATEHUB

リップルを保管するウォレットで一番有名なのがGATEHUBです。

GATEHUBのサイトへ行く

元々はリップルの公式のripple tradeがウォレットを提供していたのですが、2016年に廃止になり、その際、代わりにリップルを保管する移管先として公式より案内されたのが「GATEHUB」です。

なので、おそらくリップルのウォレットの中では一番保有量が多くメジャーなウォレットかと思います。

リップル ハードウェアウォレット Ledger Nano S

前項の「GATEHUB」はWEBウォレットなので、オンラインに存在するという点でセキュリティ面で不安があります。

よりセキュリティを高めたいなら、オフラインで保管可能なハードウェアウォレットがよいです。

現在、リップルを保管できるハードウェアウォレットとしては

Ledger Nano S

があります。

Ledger Nano Sは元々ビットコインのハードウェアウォレットですが、最近になって、イーサリアムやDASH、ZCASHなどの他の仮想通貨にも対応するようになりました。

2017年8月現在では、リップルを保管できるハードウェアウォレットはこのLedger Nano Sと、同じ会社が出しているLedger blueだけなので、非常に貴重です。

リップルコイン 最新情報を知る方法

2017年現在で、私がリップルの最新情報を仕入れているのは以下2つのサイトです。

1つは、「Ripple Labs Inc」の最新ニュース一覧のページです。

https://ripple.com/category/insights/news/

Ripple Labs Incはリップルのシステムを作っている会社なので、正真正銘の公式サイトです。

(リップルはなぜか「リップル公式サイト」なるものがネット上で乱立していたりするのですが、Ripple Labs Incが間違いなく本物)

公式からのニュースなので、どこの銀行や会社と提携した、という話や、どういう支払い方法に対応した、なんて話を知ることができます。

ただ、サイトはところどころ日本語対応しているのですが、ニュース自体は全て英語なので、英文を読む必要があります。

 

もう1つは、crypto currency magazineのリップル関連の記事を取り扱っているページです。

http://cryptocurrencymagazine.com/category/xrp

crypto currency magazineは仮想通貨全般に関するニュースの取り扱いとしてはおそらく日本で一番情報が多くて早いサイトだと思います。

crypto currency magazineのリップル関連ニュースは、リップルコイン(XRP)が高騰、暴落した際にみると、なぜそうなったのか書いてる事が多いので、何かあった際にはよく見ます。

基本的にリップルの最新情報のニュースは上記2つをおさえておけばOKです。

リップルコインの今までの価格推移

リップルの仮想通貨(XRP)が発行開始されたのが2013年。

当初の値段は1XRPあたり0.6円程度でした。

2013年の12月に最も値上がりして、1XRPあたり6円程度、当初より10倍の値上がりを達成した時期がありました。
(ただこの値上がりは、ビットコイン側で発生した中国マネーの流入バブルの影響と言われており、特にリップル側で重大な値上がり要因があったわけではない模様)

その後、リップルは下降傾向となっていきます。

2014年の始めには一気に0.6円に元通り

一時期は復調の兆しを見せ、2014年の11月から12月にかけて1XRPあたり3円程度に復活。

(この時の上昇要因は、「Yantra Financial Technologies、Saldo.mx、TAS Groupなどがリップル採用を発表したこと」や「ドイツFidor銀行とSnapswapゲートウェイが協力し、西欧ー米国の送金が可能となったこと」など様々な噂がありますが明確な要因はわからず)

ただ、その後はまた下落傾向を見せ、2016年6月には、約0.6円と、公開時と同じ程度の値段まで下落。

2016年の9月に、リップルと提携する会社が増えたことで若干価格が上昇し、約0.8円ほどまで回復。

2017年3月30日にて、世界の大手6銀行が次世代の国際送金サービスとしてリップルを採用する旨のニュースが発表されたタイミングで3円台へ復活。

⇒(参考)日本経済新聞 送金効率化へ世界連合

三菱UFJ銀行が入っているので日本でもかなり注目が集まっていることもあり、そこからリップルは一気に急上昇。

一時期リップルの値段は1XRPあたり44円まで高騰しました!

たった1,2ヶ月で50倍以上の値上がりを記録し、コインマーケットキャップの仮想通貨ランキングでも、イーサリアムを抜いて、ビットコインに次ぐ2位に返り咲いたこともあります。

間も無く高騰も一旦落ち着いたとこを境に若干価値が落ち

2017年8月の時点では、20円台から30円台を推移している状況です。

リップルコインの今後の将来性は?

現在、リップルの実用化が現実を帯びてきており、期待感がすごく高まっている模様です。

そして気になるのがリップルの今後の将来性かと思います。

もちろん実際どうなるかはわかりません。

ただ、リップルに関して、私は以下のことを常に思っているのが現状です。

リップルのシステム自体は今後も魅力的なのだけれど、XRPという通貨(リップルコイン)が投資対象として将来性があるかは疑問が残る。

というのも、リップル自体は現在着実に色々な会社、金融機関と提携を取り付け、今後成長していく期待を見せているのですが、一般ユーザーのXRPの取引は制限していくような動きをしています。

2016年には、リップル公式のripple tradeでのrippleウォレットが廃止されました。

原状は別の会社のウォレットを使えますし仮想通貨としてXRPは存続していますが、Ripple.Inc自体はXRPの個人ユーザーの取引をなくしてBtoBビジネスに専念する気なのではとの憶測が流れています。

たしかに、銀行のバックグラウンドで機能するシステムと位置づけるなら、個人ユーザーの参入は不要です。

さらに、リップルの場合、利用用途が各通貨の仲介役(ブリッジ通貨)というものなので、仲介手数料の役割となるリップルの値段が高くなって、ブリッジ通貨としての役割が機能しなくなる懸念があります。

また、リップルが投機商品となって値段が乱高下する状況が邪魔になるという考えも多くあります。

そこで、「リップルは今後、相場(値段)固定にするのでは?」「今のリップルを値段固定にして、新たなリップル2という通貨を作るのでは?」なんて噂が流れています。(噂なので真相はわかりませんがw)

なので、リップル自体は今後も色々な活躍の場が期待されてますし、使われるだろうと思いますが、通貨としてXRPが値上がりするのは仲介媒体としてあってはならないから値上がりしないのではと常に思っています。(と言いつつ、しっかり保有してますがw)

(追記)

仮想通貨の専門家の中では、リップルを支持しない人というのがわりと多いです。(私も含めてw)

理由としては、リップルはripple社が推し進めているプロジェクトであり、ビットコインのような非中央集権的な通貨ではないからです。

要はripple社という会社が作ったシステムで、その会社が利益を得るためにできています。

もっとも多くのXRPを保有しているのはripple社であり、リップルが普及すれば一番儲かるのはripple社です。

また、ripple社の今後の方針次第では保有者に利益をもたらさない可能性もあります。

ビットコインのような、国家、銀行、企業に依存しない通貨というものではないので、そこがビットコイナー(ビットコインを支持する人)からはあまりよろしく思われないんですね。

まとめ

とにかく一度リップルを保持してみたい!という人は仮想通貨ランキング3位の安定した通貨でもあるので、保有してみると良いと思います。

ただ、真剣にリップルでの投資、トレードをしていく場合には、手数料だったり、取引所への信頼性なども考慮に入れる必要があるので、その時には複数の取引所を開設し運用するのをお勧めします。

また、リップルを扱っている取引所を複数開設していれば、リップルに関する情報を逐一報告してくれる場合もあるので、情報収集もしやすいというのもメリットの一つです。

ただ、現状はリップルの情報は非常に少ないです。

リップル自体がかなり落ち着いてきて、それほど劇的なニュースがないので、これからは、たまーに情報をチェックするくらいで事足りるかなーと思います。

でも、そう思ってるといきなりどでかいニュースがきて、急騰ということもあるので、チャンスを逃さないためには逐一の情報収集は必要なんですよね。

以上、リップルコインとは 購入方法 取引所のおすすめ 相場推移や今後の将来性まとめに関しての記事でした。

グーグルアドセンス




-暗号通貨バイブル

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.