Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!




ギャンブルと投資の違い

世の中の多くの人は、もっとお金を稼ぎたいと思っています。当然ながら私もそうですが、その理由の多くは今ある自分の欲求(物欲、食欲)などを満たしたい為であったり、超高齢化社会による年金受給金減少の不安を払拭したい為であったり、個々人により様々な理由があるかと思います。

その思いから実際に行動に移した人の多くはダブルワーク(本業の他にアルバイトやパート)の他、インターネットビジネス(アフィリエイト、YouTuber、ブログの広告収入)を選んだり代理店ビジネスやMLMなどに参加したり、資産運用として投資ビジネスに参加しているのをブログをはじめ、Twitter、Instagram、facebookなどのSNSやYouTubeなどでもよく見かけるようになりました。

一方で考えが甘い人は、宝くじやLOTOを買ったり競馬や競輪などのギャンブルで金儲けしようと考えたり、安易にインターネット上に転がっている情報商材やツールを使ってお金を稼ごうと考えがちです。

私は別にLOTOや競馬などが悪いと思っていません。

あくまでも娯楽の範囲で楽しむなら良いと思いますが、それで一攫千金を夢見て色々と情報収集に時間を費やしたりツールや商材を買って金儲けをしようと考えることは勿体無いなと思っています。

と、いうことで

今回はギャンブルと投資の違いに触れながら投資家として必要な心構えについて解説していきたいと思います。

ギャンブルで一攫千金を狙うのは妄想

それは何故か?

まず、同じお金を投資した場合の還元率(回収できる金額の期待値)が低いということ。

ギャンブルの種類    還元率
宝くじ         45.7%
競艇          74.8%
競輪          75.0%
オートレース      74.8%
競馬          74.1%
引用元:総務省:宝くじ・公営競技・サッカーくじの実行還元率

 

還元率とは、宝くじやギャンブルの参加者から集めたお金の中からどれくらいのお金を払い戻すかという割合のこと言い、例えば宝くじの還元率45.7%ということは、1,000億円参加資金集まった場合457億円が配当金に充当され残りの543億円は運営に入るということです。

つまり、胴元は参加費から自分の取り分を抜いて、その残りを参加者へ還元する仕組み。宝くじに例えるなら3万円分の宝くじを購入する際、参加費として16,290円を支払っているのと同じといえます。

しかも1等が当たる当選確率は2000万分の1とも言われていて仮に3万円(100枚)購入したとしても当選確率は20万分の1の状態。

普通に考えて当たるとは到底思えない数字ですよね。

なので、宝くじを買う人は「当たるわけないけど買わなきゃ当たんないから、とりあえず買った」という感覚の人が多いです。

「今回はマジで当たるから!何度も1等を出してる名古屋駅前で買ったし、買う日も選定した!これは当たる間違いない!」みたいなことを言う人は購入した時のモチベーションの高い時にいるかもしれませんが、当選日まで常にその状態の人はいないです。
(少なくても私は見たことも聞いたことありません)

宝くじを例に書きましたが、他のギャンブルも同様に運営が必ず儲かる仕組みになっています。

そんな期待値の低い宝くじや競馬などで一攫千金を狙うのは、妄想以外のなにものでもないと言えます。

ギャンブルと投資の決定的な違いとは?

宝くじはそうかもしれないが、LOTOや競馬など他のギャンブルはそんなこと無い!研究すれば確率は上がるし、ツールなどを駆使すれば利益を出せる!だから立派な投資だ!

と、考える人もいます。

確かに研究したりツールを駆使することで利益を出すことはできるかもしれません。

ただ、その利益は一過性であってはいけないのです。
夢を叶え人生を変えるだけの利益を見込むということは、その利益を手にするまである程度安定した利益を出し続けないといけないということですが、それは研究したりツールを駆使することで得られる期待値がどの程度なのかを実際にご自身で数値化することで見えてきます。

具体的には100回勝負して何回勝てるのか?また今後勝率を上げるために戦略の見直しが可能か?また1回の勝ちにどれだけの利益を見込めるか?というのを数値化するということです。

基本、FXなどのトレードではリスクリワード1:5(リスク1に対して利益の期待値5)が取引に値する優位性があると言われています。

LOTOをはじめ競馬、競輪などそこまで優位性がある勝負になっているか?根拠ある勝負をしているのか?など実際検証して優位性があるなら継続するのは有りだと思います。

もう一つ個人的に気になっているのがあって、ギャンブルに限ってのことではありませんが、宝くじや競馬はじめ運営の多くが結果さえもコントロールする権利を持っていることです。

過去に競馬で1着2着に入る馬をレースの出走馬を決める段階で予め決まってるなんて話を聞いたことがあります。

実際にやってるかどうかなんかは分かりません、ただ自分はそういった絶対的に不利な土俵で戦わなくてはいけないということだけは受入れる必要があるということになります。

私はLOTOをはじめ競馬、競輪など還元率の低さや運営が結果さえもコントロールできる権利を持っているという理由から、どんなに研究してもどんなに良いツールを使っても利益を出し続けれることは難しいと感じ、あくまでもギャンブル止まりだなと判断しています。

投資とギャンブルの違いは混同されがちですが、本質的な違いは、「何を利益の拠り所とするか?」という点です。ギャンブルの利益の源泉は「運」です。分かりやすい例が宝くじですね。

一方、投資も少なからず運に振り回される部分もありますが、本質的に投資とは、手持ちの資金を自身や企業などに投じて対価を狙うことを言います。株式やFXはじめ不動産などが有名です。また、自分のスキルアップの為の教育費用も自己投資で最もリスクが低い投資として例えられます。

運まかせがギャンブル。株式、通貨、不動産、自分自身などに資金を投じるにあたって、未来は分からないけど過去の傾向からある程度未来を予測することが可能であり、リスクを限定し得られる利益の期待値も分析できるのが投資というふうに切り分けると分かりやすいかと思います。

投資もマインド次第では簡単にギャンブルになる

前項でギャンブルと投資の違いについて説明しましたが、だからと言って世の中で一般的に知られている投資(投資信託、株式、FX、不動産など)が必ずしも利益に繋がるかというとそうではありません。

当然、自分の思い描いていた未来と逆行することもあるので損失が出る場合もあります。

そういった事態になったときは、リスクを限定しいち早く撤退したり、含み損を許容し利益に転じるまで耐えたり、追加投資をして損益分岐点を自分の有利な位置へもってくるなど判断を求められます。

当然、何も考えていないと瞬時にどの行動が最も優位性があるか分かりませんし、思いつきや値ごろ感で決めてしまった結果、自分の思い描いたシナリオにならず多大な損失を出しかねません。

投資も資金を投じる前に多くの仮説を立てて様々な未来を予想し、自分が思い描いていた想定外の値動きをした場合は素直に負けを受け入れて即撤退しなければいけません。

それをしないと、最も退場しやすい根拠のない追加投資をする要因となります。

最初は様子見ということで投資金額を抑えてツバ付け程度投資し、自分が本来投資したい価格で追加投資をするという戦術はよくありますが、何の根拠もなく値ごろ感で追加投資した場合においては、損益分岐点を自分の優位な位置へシフトさせる以上に無駄に投資金を入れたことと言えます。もっとも最悪なのが追加投資を繰り返すことで自分の器以上の投資金額を投じてしまい、損きりするにも出来ない状況に陥ってしまうことです。

以下、参考記事になりますので良かったら読んでください。

リスクを限定し、リスクを許容し利益を狙うのが投資です。

それを理解しなければ、ギャンブルとなんら変わらないと言えます。

誰もが投資家としてなれる!意識する6つの心構え

私がトレーダーとして駆け出してから様々な失敗を反省する過程で多くの投資家を研究したり、成功している多くの先輩トレーダーの思考を調べ学び、そして辿り着いた6つの心構えを常に意識することで投資家として自立することができると今は確信を得ています。

まさに

投資家として君臨術

です。

必ずこの心構えを意識しなければいけないという訳ではありません。別に意識しなくても投資の世界で生き残ってる人もいるでしょうし、幸せな人生を過ごしている人もいるでしょう。

しかし、これから今の人生を見直したい!これからの人生をなんとかしたいと思っているのでしたらチェックし、取り入れるべきと感じたものだけは最低限取り入れることをお勧めします。

自分を自己分析し常に客観視する
※自分の価値観や長所や短所を理解し、第三者の視点を持ち主観で物事を判断せず常に『何故?』と自分に問いかけ、自分の考えの深さを意識する。(これをすることで第三者の意見にブレない強いマインドを維持できます。)

プライドを持たない
※自分は相手より優れていると思わず、自分の非を素直に受け入れる。また自分の想定が一番正しいと思わず想定外の事態になっても臨機応変に対応する。(プライドはある意味自己の押し付けの表れであり、その偏った思考だと想定外の自体になってもそれを受け入れることができず失敗します。)

謙虚になる
※常に感謝の気持ちで傲慢にならず、常に努力を怠らない。また人の気持ちを第一に考え我慢強く低姿勢である。(傲慢、慢心は自己成長を止めるだけでなく過信の表れ、分析が雑になったり偏った思考になる原因になります。)

お金を使うことに消極的
※何が本当に価値があるのかを考え一時的な欲求を満たすための消費や浪費を一切行わない。(無駄な消費や浪費は自分に対しての甘えや過信の表れであり謙虚さを失う原因に繋がります。)

常に仮説検証(PDCA)を行う
※状況を観察分析して仮説した複数の未来のシナリオから一番優位性があるのを導き出し、実際の結果が正しかったか検証し今後の観察分析への課題と反省を見出し、次の仮説へ活かす。(常に成長意欲を持つことが最重要だと思っています。)

他人に変化を求めず、他人に答えを求めない
※他人に変化を求める人は自分の価値観を人に押し付ける人で謙虚さが足りないといえます。また自分の考えを持たず他人に答えを求める人は依存体質であり投資の世界においては、損失が出た場合平気で他人のせいにする傾向にあります。仮に第三者に質問、相談する際は予め自分の考えを用意するようにしましょう。(他人に変化を求めたり意見を求める行為は自分の成長を止める行為に繋がるので決してやってはいけないと思っています。)

投資をする時だけ意識するのではダメ!

トレードの世界において、相場は自分の思考の鏡と言われています。

「そんなことない!」と思っていましたが、実際相場に向き合い続けることで私も実感しています。

例えば、自分の自己分析が未熟だとポジションが持った後、一時的に含み損に転じた時不安で不安でたまらなくなり損きりした後に自分の思っていた方向へ一気に値動きが進行したり、自分の描いていたシナリオを想定していた以上に崩れてもそれを認めず、そこから自分の描いたシナリオに転じると盲信したり、Twitterなどでインフルエンサーが自分の分析と真逆の分析をツイートしていて持っているポジションに不安を感じポジション解消してしまったりと振り返ればダメダメでした。

私の場合、今までのトレードを振り返り自己分析をした結果、お金を稼ぎたいという「欲」がマインドを襲い狂わせていたことに辿り着いています。

お金を稼ぎたいという「欲」をうまくコントロールするには、常日頃から上記の心構えを意識して潜在レベルまで落とし込みマインドそのものを変えない限り、生き残るのは難しいと過去の失敗から痛感しているのも事実です。

正直、トレードの際どんなに意識してもポジションを持った後の心境が不安になったり、ビビって利益を伸ばせずちょっとの利益で利確したりと日々反省の繰り返し。

ポジションを持っていなかったり、デモトレードだと一切そのようなことにならなくても、いざ実際に資金を運用したらそうなるのは心が成長していないと言えます。

そういったことからも、まだまだ私は未熟者であり、普段の生活から常に意識して潜在的レベルから心を成長させる必要があると思って取り組んでいます。

そんな取り組みも決して無駄ではありません。

別にトレードでなくても日々の生活でもちゃんと役に立ってきています。

自動車を運転していて急に割り込まれたり後ろから煽られたりしても決して感情的にならず「どうして自分の都合を相手に押し付けるかな。。。自分勝手な人だな」と思いつつも気持ちよく譲ってあげれるようにもなりましたし、人の話を聞く時も「この人は私にどんな答えを求めているのか?」を徹底的に意識して聞くようにもなり、総じて徐々にではありますが心にゆとりを持てるようになりストレスを感じなくなるようになりました。

人によっては、なんだその程度かと思うかもしれませんが、すぐ他人の行動が原因でイライラしたりストレスを感じているというなら思考を変えるのをお勧めします。

だって人の思考は簡単に変えれないけど、自分の思考は簡単に変えれますから、取り入れた方がお得です。

まとめ

今回はギャンブルと投資の違いから投資家としての心構えについてお話させていただきました。

私ももともとはパチンコ、パチスロが大好きな人間で、それこそ1,000円が20万円になったり経験しています。

しかし、冷静に分析してみると結果として儲けた金額の数倍以上お金を使っている計算。

お金を儲けたいと思う一方で、実際に損失を出していてはダメですよね。。。

同じお金を使うならギャンブルより投資をお勧めします。

投資で損失を出すのが怖いと言う人もいますが、何も行動しないという選択は「時は金なりという」格言があるように時間を損失し結果お金を損失しているのと同じだと思っています。

でも頭でわかっていても心が納得できない以上怖いのも事実。

そんなあなたは、まず実際に資金を使わず自己成長する意味で自分へ投資することにフォーカスし時間を使うことからはじめることをお勧めします。

何もやらないことは勿体無い。

でも、ギャンブルはダメ!ってことで今回は終わりです。

ありがとうございました。




投稿日:

Copyright© サトロウ会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.