Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

ドラゴンクエストに隠されてる秘密

投稿日:

ドラゴンクエストで骸骨に話しかけると必ず出るメッセージ

 

「へんじがない ただのしかばねのようだ。」

家庭用ゲームで、これほど長年に渡ってユーザーの心に残る名言があっただろうか?

漫画の世界、ドラマの世界、映画の世界には、このように心に残存する言葉はたくさんありますよね。

「諦めたらそこで試合終了ですよ。」

「やられたらやり返す。倍返しだ!!」

「海賊王におれはなる!」

などなど、

上からスラムダンク、半沢直樹、ワンピース。

これらの名作には、時代を超えて今も感動するし、読み返す時もあります。

でも、やっぱり私は『ドラクエ』を推したい(笑)

というのも私、1974年生まれなんで、思いっきりファミコン世代なんですw

同世代の人なら分かると思います、
当時のファミコンブームは凄かったです。

その中でもRPGのジャンルに代表とされるドラクエの凄さは半端じゃなかったですよ(笑)

今でこそスマホアプリで無料のゲームも多く、ゲームソフトの価格も安いですが、
当時はめちゃくちゃ高かった。

確か当時で5000円とか、10000円とか、
ゲーム1つでそれくらいしていました。

でも人気ゲームの発売日は、それでも必ず長蛇の列ができて、クラスのほとんどがやってました。
ファミコンを持ってない人がごく少数です。

当時は、ファミコンの最新ソフトを持っているだけで、クラスの人気者になれました(爆笑)

ちなみに、、、

少し調べてみましたが、
歴代の売上本数でいくと、

「ドラクエ9:星空の守り人」が432万本で1位。
「ドラクエ7:エデンの戦士たち」が417万本で2位。
「ドラクエ3:そして伝説へ…」が380万本で3位。

という上位ランキングのようです。

私がやってたのは6くらいまでですが、
やっぱり、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲが一番大好きです。

ちなみに、
ドラクエⅢのキャッチコピーは、

『触れたら最後、日本全土がハルマゲドン/さらば、母なるアリアハンです。』笑

今ならおそらく採用されないと思いますが、笑
でもハルマゲドン級の威力があったのは事実ですね〜
満を持して世に送り出されたドラクエⅢは、発売日(平日)に小売店のオープン前から長蛇の列ができるほど争奪戦が過熱。しかも大半が学校を休んで買いに来てる状態。また、発売当初は極度の品薄状態となったことから、不人気なソフトと組み合わせて高額で売りつける「抱き合わせ販売」も一部で見られるなど、さまざまな社会現象・問題を引き起こしたことでも知られています。

で、何でドラクエの話をしてるかというと、作者の堀井雄二さんのニュースを見たからです。

ひのきのぼうに堀井雄二氏が込めたドラクエ精神 ずっと守ってきた考えとは
http://news.livedoor.com/article/detail/13386792/

この「ひのきのぼう」は、ドラクエ初期から登場する
定番中の定番の最弱武器です。

あまりの弱さにほぼ使わないのですが、でも毎回必ず登場するんですよ^^;

なぜ毎回、この「ひのきのぼう」を登場させたかという話をこのインタビューではされてるのですが、

何気ないアイテム1つにも、めちゃくちゃこだわりが詰まってることに考えさせられました。

確かにドラクエは小学生でも楽しめるように作られてるのでとてもわかりやすいです。
キャラクターもドラゴンボールでおなじみの鳥山明先生が手掛けてるのもあって親しみやすいですしね^^

一方で同時期の発売され今も愛されている、ファイナルファンタジーはちょっと難しいし描写がリアルなんで、どちらかというと小学校低学年層には、あまり受けない印象があります。

当時の私もドラクエは1からやったけど、ファイナルファンタジーはⅢからやりました。

ドラクエは分かりやすい、ファイナルファンタジーはなんか難しいって思ってましたからね。

だからというわけではありませんが、実はこのドラクエには色々と秘密が隠されていたんですね。

たとえばドラクエ1はセーブ機能がなくて、ゲームを中断しようと思ったら「復活の呪文」というパスワードをメモしなければいけないんです。

で、再開するときにメモしたパスワードを入れると、その状態から再開するのですが!!

実はこの「復活の呪文」が、未来を予言していた!という話を知ってますか?

たとえば、、、

ソチオリンピックなどで女子フィギュアスケートを賑わせた世界的選手のキム・ヨナ、そして浅田真央。

この二人の存在を予言していたり、AKB48の総選挙の結果を予言していたり、

あの「倍返し!」で大ヒットしたドラマ「半沢直樹」の存在も予言していたり、、

「いやいや、ウソでしょw」

と思うのも仕方ないですが、でも本当の話なんです。

この映像を見れば分かると思います。
私も見てびっくりです(笑)

ドラクエの「復活の呪文」が未来をことごとく予言
https://www.youtube.com/watch?v=mDTwVcwQl38

こんなんじゃ信用できないと思うはずなので、
こちらの検証動画も見てください。

予言の検証動画
https://www.youtube.com/watch?v=u--5aYduhkw

懐かしのファミコンの映像が良いですね〜
たまらんですw

検証もバッチリでしたね!マジで、これは実際にやってみたいと思いました。

これが後付なのか(そもそも無理だと思いますが)それとも編集なのかの議論はさておき、
こうしたエンタメを裏設定として入れてくるところも斬新で面白いと思いました。

ドラクエはそれぞれのシリーズでテーマがあります。

たとえば、ドラクエの1,2,3と、4.5.6.は別のテーマで作られてます。
7.8.9.もそうらしいです。

このテーマがまた深い意味があって
これはこれで面白いところでもあるのですが、

こんな話、興味ありますかね?

それぞれのテーマに隠された「裏テーマ」が、実はこれからのマーケティングやブランディングにも、
深く関わってくるということを・・・

ちなみにスターウォーズや君の名は。とかにもちゃんと裏テーマがあるんですよね。

こうした大ヒット作品は必ず何かしらの意図が含まれていると言われてます。

ジブリやディズニーもそうです。

それが知らず知らずのうちに私たちの心を熱狂させて、
大ヒット作品へと押し上げているのです。

ということで「裏テーマ」は、いろんなことに約立つんですねwww

ひとまず上にあげた動画を見てみて下さい。

私は動画見たら久しぶりにドラクエしたくなりました(笑)

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© サトロウ会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.