Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

仮想通貨とドルなど即両替 テンXがVISAカード連動アプリ開発

投稿日:

ビットコインなど仮想通貨を現実の世界でどう利用するか!?

この問題についてシンガポールの新興企業テンXが出した答えは「VISA」カードだ。

テンXは複数の仮想通貨をドルや円、ユーロといった法定通貨に即座に両替できるデビットカードを売り込んでおり、既に1万枚を超える受注があるという。取引ごとに2%の手数料を課し、取引上限額は年2000ドル(約22万円)で、本人認証手続きにより限度額の引き上げを申請できる。

テンXはVISAカード連動のデジタルウォレット(電子財布)として機能するアプリを開発。カフェやレストランでカードを機械に通せば、現地通貨で店舗に支払われ、利用者の仮想通貨口座から引き落とされる。例えば、利用者がこのカードを使ってレストランで100ドルを支払う場合、テンXが2ドルを受け取り、残りの98ドルがVISA側に行く仕組みだ。

テンXの共同創業者、ジュリアン・ホスプ氏は取材に対し、取引は即座に処理され、仮想通貨を法定通貨に両替する際に仮想通貨取引所が設定する手数料(通常0.15~0.2%)以外に一切費用はかからないと説明した。また現在、対応している仮想通貨は8種類で、知名度があまり高くない「ダッシュ」や「オーガー」も利用可能。年末までにおよそ11種類に増やすことを目指しているという。

現時点でテンXは月間10万ドル程度の取引を処理している。2018年末までに毎月1億ドルの取引と利用者数100万人を目標としている。

テンXは先月、幅広い投資家に独自の仮想通貨(トークン)を発行して資金を調達する「クラウドセール(ICO)」を実施し、8000万ドルを集めた。ホスプ氏によると、調達額のおよそ半分を事業拡大に、残りは準備中の仮想通貨取引所への流動性供給に充てる。同社はサービス拡充に重点を置いており、向こう2年は事業の黒字化を見込んでいない。

ホスプ氏は「ゆくゆくは当社のアプリで仮想通貨間の両替ができるようにしたい。これが実現すれば、マーケットメーカー(値決め業者)になることができ、多くの収益が見込める」と語った。

既にデビットカードは数種類(Xapo、Wirex、バンドル、UQUIDなど)存在している中どういった戦略を駆使してくるのか見ものです。

個人的には企業が市場にどんどん参加することで仮想通貨の認知も高まり、仮想通貨が当たり前になることが一番嬉しい。

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© サトロウ会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.