Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog 投資案件リサーチ情報

泉 忠司 『 完全独占契約案件 』を徹底検証!!

投稿日:

インターネットビジネス業界で大御所と自称し、何かと訳のわからん投資案件をアフィリエイトしまくってる泉忠司氏が、またおかしなローンチをしてきてます。

もうドラゴンアカデミーでADAを取り上げ2017年の暗号通貨バブルの勢いで仮想通貨バイブルをローンチしてノアコイン(Noahcoin)やポンジースキームのD9やXバイナリーなどのHYIPを紹介して多くの被害者を出したり、一度ダメになったノアコインを億万長者プロジェクトとして再販したり、ORCHID(オーキッド)という訳のわからんICOをローンチしたり、仮想通貨バンクみたいなおかしな投資案件もあったな。

最後のプロジェクトとか言ってビリネアキャッスルをローンチして、やれやれと思ったのに記憶から消える前にまたローンチですかw

本当に金の亡者だな

ということで、被害者が出ない為にも

泉 忠司 『 完全独占契約案件 』 が投資するに値する案件か徹底検証していきたいと思います。

一つ前の案件泉 忠司 「ビリオネアキャッスル」とは?

今回ローンチしてきた案件は一応ビリオネアキャッスル内ということで、「ビリオネアキャッスル」について概要を説明すると

俺(泉 忠司)の投資をマネすればあなたも大金持ち!!

という完全無料をうたったプロジェクトで泉氏が仕入れた投資案件を優先的に聞けるという内容。しかし、そこに落とし穴がある。

案件の多くはMLMの仕組みであったりアフィリエイト報酬が入る仕組みになっている可能性が非常に高くビリオネアキャッスル参加者が案件に投資しやすいように仕向けてる。

その理由は参加時にクレジットカード登録をする必要があったということで汲み取れる。

つまり、自分は成功者だ金持ちだとブランディングをしたスケールのでかいローンチ動画で泉氏が勧める案件=金持ちになれると錯覚させ集客した巨大なリストサイトということが言える。

それで、今回「マネをしろ!!」というのが今回の案件で、中身はビットコインのマイニング案件その名も「The Mining(ザ・マイニング)」

ビットコインも40万円を割ってマイニング企業もどんどん撤退して過疎う通貨状態の仮想通貨で押してくるところは流石キングオブコインと思います。

「The Mining(ザ・マイニング)」 とはどんな案件なのか?

簡単に説明すると仮想通貨のマイニングマシン購入に投資する案件で、投資後の60日間で1.5倍になって返ってくるというものらしいです。

2.サービスの利用規約
a)WCCIは、お客様が購入した各マイニングリグから1.5 BTCをお客様に提供することに同意します。
b)WCCIは、お客様が購入した各マイニングリグの1.5(1.5)BTCが、WTCIに配信されてから60日以内にお客様に配信されることに同意します。 WCCIは、お客様が購入した各マイニングリグに対して、1.5(1.5)BTCの100%を保証することに同意します。約定済み1契約当たりに納入されると予想される総ビットコインは、6千(6000)の採掘リグに対して9千(9,000)BTCです。
c)WCCIは、購入したMining Rigsを表示するクライアントのクライアントアカウント元帳を維持することに同意します。 WCCIは、お客様が購入したマイニングリグの収益を監視できるように、この情報をオンラインのWCCIアカウント元帳に提供します。クライアント用にWCCIが提供するオンラインアカウント元帳では、クライアントは、クライアントのアカウントのBTCであるクライアントの指定BTCウォレットへの配達のために撤回することもできます。クライアントは、そのようなBTC配信要求を通常のコースで処理することを許可することに同意しますが、クライアント配信要求を受信して​​から48時間を超えない期間内にはします。
d)WCCIは、電力およびMining Rigハードウェアの保守に関連するすべての費用を含む、Mining Rigの操作に関連する実際の製造および物理的な諸経費の100%を支払うことに同意します。
e)WCCI 100%は、ビットコインが適時に配達され、契約締結から合意された60日以内に配達されることを保証します。

1BTCで購入したら1.5BTC払うことを100%保証しますと記載はされてますが、こんなもん信用するに値しません。

今のマイニング事業の実態を知ろう

ビットコインの価格は今現在3500$を割っています。(2019/1/28時点)

マイニング事業の損益分岐点が最新のマイニングマシンで3700$程度と言われている。
注)電気代の高い安いによって多少の変化はある

つまり、2019年に入ってから損益分岐点を下回っているのが現状です。

このままビットコインの価格が上がらなければ、マイニング事業は倒産か撤退しなければいけない状況です。

それはDMM.comもマイニング事業から撤退していることからも感じ取れるはず。

今は過去の利益を食い潰しながら、将来価格が上がるであろうと信じマイニングしていると考えるのが妥当と言えます。

一番怪しいフレーズ「僕だけにできる特別なルート」

泉氏は「僕だけにできる特別なルート」からの特別なご縁ということでザ・マイニングを紹介していると説明しているがこのフレース何度も聞いた事があるし、過去の案件でいくつかの案件は泉氏が紹介する前にすでに私が知っていたのもある。

つまり、インターネットビジネスを一生懸命やってそれなりに人脈を構築していれば簡単に入手できる情報だという可能性が生まれる。

特別なルートというフレーズに惑わされ内容を精査しないのは問題と言える。

今回のオファーに限ってでは無いが、SNSやyoutubeなどで紹介している案件の良し悪しを判断するにも使えるので是非この思考を身につけておいて欲しい

  • そもそも、ザ・マイニングを仕切っている二人が、知り合いの泉氏だけではなく、なぜ面識もない多くの人にこの案件に参加させる気になっているのか?
  • 確実に60日で1.5倍にできるなら月利25%以上の利益率があるので、金融機関からお金借りてやるとかすることを考えるのが普通であり、なぜ利益率が下がるような多くの人から資金調達することを選ぶのか?

これを考えると、満期の60日い達する前にWebサイトが閉鎖されたりする危険も考えられる。

そして、泉氏はこういう私も被害者ですと言って逃げるのみ!
(過去D9などの破綻した案件で既に発言済み)

私に言わせれば、紹介報酬貰ってるんだから紹介者責任を全うしろと思うが、それはしない。

だから、私は泉氏の話は一切信用しないようになった。

過去に泉氏がローンチした「仮想通貨バンク」の実情

似たような投資案件で丁度一年前の2018年1月から始まった「仮想通貨バンク」の現状はどうなのか?

Twitterやブログなどを調査してみました。

 

仮想通貨バンクの経過報告

まあ、悲惨な状況となってる。

前例をみても泉氏のオファーを信用して案件に参加するのはリクスでしかないと感じる。

まとめ

投資するに値しないというのが私の意見。

でも参加したいならすれば良い。

もしかしたらちゃんと1.5倍になるかもしれない。

しかし、こんな案件に投資を繰り返している限り搾取され続けるということを自覚したほうが良い。

それは、私が経験してきているから言えることだ。

友人知人が持ちかけてきた話に乗っかって、一攫千金を手に入れても器である自分自身が成長していないと乞食と変わらない。

インターネットビジネスをなぜこれから始めるのか?

既にインターネットビジネスをやっている人は学業や仕事、家事、育児など忙しいのになぜやっているのか?

簡単だ、お金に不自由ない豊かな人生にしたいからだ。

私の経験から最短最速で豊かな人生になる方法は一つ

自分が成長すること

結果(収入)は後から勝手に付いてくるし、自分が成長することで器もできる。

目先の利益にフォーカスしていると、それこそビットコイン相場のように一過性の上昇で終わるz

 

グーグルアドセンス




-blog, 投資案件リサーチ情報
-, , , , , , , ,

Copyright© サトロウ会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.