Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

熊崎雅章「ビットコイン再分配プロジェクト」の検証・レビュー

更新日:

Twitter、Line@、メルマガなどで『もれなくタブレットとビットコインがもらえます。』

というキャッチコピーで参加者を募っている

【熊崎雅章「ビットコイン再分配プロジェクト」】

について、本当に投資する価値がある内容なのか検証していきます。

確かに今年のビットコインの急成長には投機している私でも驚く結果です。

いくら仮想通貨元年と報道され、4月の仮想通貨法施行以降、ビックカメラはじめHISやLCCのピーチなど多くの企業でビットコイン決済導入がスタートしたり、DMMやGMOといった大企業がビットコインのマイニング事業に乗り出したりと、市場も順調に成長していますが、昨年の夏で1兆円程度しかなかった暗号通貨市場が、2017年12月時点で68兆を超える市場にまで急成長していることが、まず驚きです!

確かに、海外で先物取引もスタートしたり、ジンバブエやインドなど自国通貨に信用がない国で熱狂的な人気があるなど、価値が上昇した要因はたくさんありますし、誰も管理者がいない、まさに市民の為のお金という概念が認められたり、ビットコインやイーサリアムに組み込まれてるプログラム技術が凄いと国や企業が研究したりと注目されてることが認知された結果だと思いますが、私が2017年末で予想していたのは1BTCあたり70万円程度です。それを2倍以上上回る価値になっていることに驚きとワクワク感が止まりません。

そういった業界や市場には、必ず悪いことを考える人が出て来ます。

ましてや、法整備が追いついていない暗号通貨市場です。もう好き放題です。

最近色んなアフィリエイターが「熊崎雅章「ビットコイン再分配プロジェクト」なる案件をアフィリエイトしてきてます。この「熊崎雅章「ビットコイン再分配プロジェクト」は、極悪詐欺確定なのか!?真っ赤な嘘ばかりの仮想通貨ビットコインマイニング経済大革命2018で稼ぐ方法とは?」について検証・レビューしていきます。

熊崎雅章「ビットコイン再分配プロジェクト」検証・レビュー

特定商取引法に基づく表記について

引用元:http://kuma-japan.info/lp2/

◆特定商取引法に基づく表記
運営・責任者 責任者:熊崎雅章

運営:合同会社副業支援センター

193-0935 東京都八王子市大船町231-48

お問い合わせ先 info@btc2018.info

20年以上も
政治家として大塔で訴え続けてきた熊崎雅章が
”真の豊かな暮らし”を国民へお届けする
前代未聞プロジェクト指導!

まず、
◆特定商取引法に基づく表記から
見ていきましょう。

電話番号の記載がありません。。。

これは、非常に危険です!!

◆特定商取引法に基づく表記に、販売者の
電話番号の記載がないというのは、はっきり言って、逃げられる可能性が非常に高いです。

なぜ電話番号の記載をしないのかということですが、今の日本人で自宅の電話も携帯電話も
所有していないという人というのは、殆ど、いないです。

推測ですが、個人情報を知られたくないとか、高額塾を開いた後に、購入者から連絡をとってほしくないなどの販売者側の都合で、あえて電話番号の記載をしてない可能性が高いです。

熊崎雅章氏とはどんな人か?

仕掛け人の代表である熊崎雅章さんに関して、このようなプロフィールが掲載されてます。

1991年 立命館大学経済学部にて途上国経済論を専攻し、卒業と同時に政治活動の道へ

1995年 市議選に立候補するも落選

1999年 市議選に初当選

2003年~2011年 政治革新目指し、府議会選挙から国政選挙まで挑戦し続ける。

2011年 再び市議選挙に立候補し当選

2015年~ 仮想通貨の可能性にいち早く着目し研究活動に取り掛かる

合わせて、ちょっとネットで調べて見ました。

確かに20年間、政治活動を行ってきた方らしいですね。

 

熊崎雅章さんの政治活動を行っていた
政党は日本共産党ということですが、確かに、金融政策を最重視するアベノミクスを推進していた自民党の議員がこのような「ビットコイン再分配プロジェクト」というような感じで、金融投資を積極的に勧めるキャンペーンを行うのであれば理解できますが、日本共産党というのは、
このような金融政策を勧める自民党を痛烈に批判するような活動ばかりしてきた政党であり、今までの、政治活動でやってきたこと真逆のことを、この「ビットコイン再分配プロジェクト」でやろうとしているので、ここで違和感が生まれます。

2015年~
仮想通貨の可能性にいち早く着目し研究活動に取り掛かる

という風にプロフィールに掲載されてますが、本当なんですかね?

政治活動の内容とは真逆なのに?

ただ、プライベートで儲け話を持ちかけられ暗号通貨を持ったら、たまたま儲かっただけじゃないの?って思います。

そして、最近、まだまだ狭い暗号通貨業界で名前も聞いたことがない人が色んな案件をローンチしてきています。

私に入ってくる情報によれば、このようなローンチ活動を仕掛けるような販売者というのは、自身の多額の借金を返済するためであったり、ちょっと儲かったから更に儲けようとクラウドファウンディングを仕掛けている人が多いという情報もあります。

そもそも、政治家というのは議席を失ったらただの人です。しかも立候補する時点で基本無職だから、収入源が無い人も少なくありません。

その結果、経済的な困窮状態に陥りやすいという特徴もあります。

なので、熊崎氏ご自身の借金とか経済的困窮状態を打開するために、今回このようなローンチを
仕掛けている可能性が非常に高い見方ができます。

「熊崎雅章「ビットコイン再分配プロジェクト」検証

熊崎雅章さんの初回動画を拝見する限り、いかにも金融ど素人、暗号通貨の知識ゼロという感じしかしません。もしかしたらシナリオライターに原稿を書いてもらい、その原稿を棒読みしているのでは?と思うほどです。

自分に都合のよいように弱者救済の

「ビットコイン再分配プロジェクト」

を言ってますが、本当はただ自分が「儲けたい」「自分を真っ先に救済したい」などの目的で

このローンチを仕掛けている可能性が極めて高いと思います。

「ビットコイン再分配プロジェクト」では、

個人情報についても、
弊社は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、
弊社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上
必要な限りにおいてお客様の同意を得ないで、

お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、
または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。

ということは、勝手に第3社に売却したり、勝手に第3社に譲渡したりして、
利益も得るということです。

「なんのことかよく分からない」というあなた!!

こんな経験ありませんか?

  • いきなり迷惑メールが増えた。
  • 登録した覚えが無いメルマガが配信されてきた

これは、自分のメールアドレスが売買されていると思ってください。

なので、こういったローンチに登録する際は、必ず捨てアドと呼ばれるフリーメールアドレス」を用意して登録するようにしましょう。

ここまでの基本情報から全く信用できませんが、今回の「ビットコイン再分配プロジェクト」の初回動画で稼ぎ方を明らかにしました。

「暗号通貨ビットコインのマイニング」です!

暗号通貨とかビットコインに関して、ざっくりと書いていくと、

2017年は仮想通貨創成元年と言われ、3月に暗号通貨市場が3兆円を突破、4月に法改正、ビッグカメラでのビットコイン決済スタートに始まり、10月にDMMやGMOのビットコインマイニング事業への参加など、暗号通貨市場は急成長し、12月現在で暗号通貨市場は67兆円規模となっています。その結果、ビットコインやイーサリアムのような有力銘柄がどんどんと急騰しており、特にビットコインに関しては、今年1月1日15万円だったのが、現在170万円(最高値220万円)となっています。

 

まさに、全世界を巻き込んでの通貨革命が起こりつつあり、これはまだ序章にすぎないと私は思っています。

それは何故か?日本で知ってる人は国民の90%以上いますが、実際に持ってる人は3%程度、しかもその大半が本質を理解しないで、儲かりそうという理由で、ただ持ってる人だからです。

過去にクレジットカードや携帯電話の歴史を見るとわかります。最初はこんなの流行らない、こんなの怪しいからのスタートです。

でも今は?

当たり前です。

ビットコインはじめ暗号通貨が今当たり前ですか?

違いますよね!

だから序章にすぎないんです。

私含め、普通の人や経済的に恵まれていない方が、「死ぬほど努力しなくても」「寝ないで必死に勉強しなくても」お金持ちになれるという生涯に一度あるか無いかの大チャンスが暗号通貨です。

はっきり言います。

世界規模での通貨革命

です。

そういった意味では「ビットコイン再分配プロジェクト」で言っている経済大革命2018というのは、正しいと思います。

そういう状況の中で、インターネットビジネス業界にいる連中が、無知全開で暗号通貨関連で、
軒並み案件を仕掛けていて、情報弱者に中身空っぽの高額塾を販売したり、使えもしないビットコインFXやアービトラージのツールを販売したり、ビットコインのように1,000倍、10,000倍、100,000倍になると言ってICO(未公開コイン)を販売したり、マイニングしてもいないのにクラウドマイニング事業への投資を募集したりして、金やビットコインを巻き上げ、自分はビットコインや暗号通貨のキャピタルゲインで更に資産を増やしていたりしているヤカラが一番儲けてます。

言っておきます。

仕掛ける側が圧倒的に悪いですが、目先の利益に目が眩み何も知識やスキルが無い人が飛び込んでも成功できません。

「死ぬほど努力しなくても」「寝ないで必死に勉強しなくても」お金持ちになれる言いましたが、努力や勉強しなくていいとは言ってません。

金稼ぐことを舐めるな!

あなたがそのような悪徳商法の被害を受けないためには、

まず、学ぶことそしてスキルを身につけることから始めましょう。

その結果、ちゃんと自立し自身の力で身を守ることができます。

特に高齢者の方は、暗号通貨に便乗した悪徳商法に特に注意が必要です。

今回の「ビットコイン再分配プロジェクト」でも

・老後の収入に不安のある方

という感じで、完全に高齢者の不安を煽ったキャッチフレーズが含まれてます。

そして、このような案件の下にある参加者のコメント欄などを拝見すると、非常に
多額の借金を背負って経済的な危機状況に、追い込まれているような状態になっている方が多かったりするわけです。

例えば、
会社をリストラされて再就職が全く見つからずに途方にくれているなど

生活に困窮されている方が多い印象がありますね。

確かに私も怪我で無収入になったり、騙されて借金を背負い、貧困などの経験がありますので、

そのような状態に陥ったときは、藁にも縋る気分で、このような案件に惹かれてしまう気持ちは分かりますが、ヤカラとというのは、そのような見込み客の心情に付け込んできます。

最悪なヤカラは、更に地獄に突き落とすような感じになっていきますので、彼らのいうことは絶対に鵜呑みしないことが重要となってきますね。

しかも熊崎雅章「ビットコイン再分配プロジェクト」は、完全に高齢者をターゲットにしたキャッチフレーズがありますが、高齢者の中でも特に高額塾の被害に遭いそうな方の特徴としては、まず、「ビットコイン再分配プロジェクト」で、ひけらかされているビットコインを無条件に分配するというようなことを、真に受ける方が非常に多い印象があります。

少なくても

私が数々のオファーをレビューする中で、

情報業界には、そのようなマザーテレサのような存在というのは、皆無です。

絶対に信用しないでください。

そして、高齢者の中でも

特に高額塾の被害に遭いそうな方の特徴の二番目として、「ビットコイン再分配プロジェクト」をやっている熊崎雅章さんのような元市議会議員というような肩書や権威に物凄く弱く、そして妄信的になり、自分で考えることができない方です。

このような人が今までの例からも非常に被害者が多いですね。

高額塾に多額のお金をつぎ込んだにも関わらず、そして高額塾のマニュアルに沿って、作業を進めても全くが利益が出ないとか、サポートがお粗末で、自分がイメージした結果を生み出せず、絶望し自殺を考えてしまうほどの危機的な状況に追い込まれている人もたくさんいるという事実。

確かに個々の知識やスキルの基準値の違いもあるし、メンタルが成熟していてマインドも強い人で無いとそもそも非常に難しいのですが。。。

それを無視して、ただ販売するというのは本当に悪意しかない人であるということを心得ておくことが重要です。

ビットコインマイニングとは、仮想通貨「ビットコイン」の
生成(新規発行)を行い、その所有者となることで、専用アプリケーションを用いた分散処理に参加してビットコインを生成すると、報酬としてビットコインを得ることができる。

ビットコインマイニングは個人でも参加可能ですが、今は個人レベルでは不可能です。

最近、日本のGMOという大企業がビットコインのマイニング事業に参入ということで、話題になりましたが、今はビル1棟全てマイニング専用のスーパーコンピューターで埋めつくされた施設じゃ無いとマイニング報酬を勝ち取ることが出来ないレベルです。

ちなみに、
熊崎雅章「ビットコイン再分配プロジェクト」で
ひけらかしている報酬画面に関しては、

実は先日、ある高額ツールを販売してる人が、

セールスレターでこの業界での報酬画面について、以下のように述べていました。

ハッキリ
言ってしまいますが

多くのインターネット上の
プロモーションは

証拠を偽造している

というのが事実なのです。

つまり実際には稼いでいないのに
全く関係ない銀行口座を持ってきて

「私はこの方法で月収1000万を稼いでいます」

などと言っている場合
が本当に多いんですね。

酷い場合になると

報酬画面を加工している

という場合すらあります。

今は画像の加工というのは少しテクニックのある
デザイナーであれば簡単に作れてしまいます。

なのでそうしたデザイナー依頼をして
嘘の報酬画面を作成して貰い

「ほらね、コレが証拠です」

と数百万、数千万円を稼いでいるように
見せかけているのです。

ということを仰っていました。

私も数多くの無料オファーをレビューしているの分かりますが、根拠が見えなく事実だと認めれないものばかりです。

今回の「ビットコイン再分配プロジェクト」のようなビットコインのマイニング案件は、数多くありますが、そのほとんどの案件で物凄い数の被害者がいることも事実です。

案件名知りたい人は、問い合わせくださいね

今回の「ビットコイン再分配プロジェクト」のようなビットコインのマイニングの案件を仕掛ける高額塾というのは、高額塾を販売した後に逃げたり、連絡が取れなくなる可能性が非常に高いです。

さんざん商材の売り込みを煽り、販売期間が終わるとピタッとメールも
LINEも来なくなります。

当然サポートLINEに問い合わせても一切回答がないという内容の被害報告が一番多いです。

決済会社の販売履歴からダウンロードした資料には『4日以内にメールにてポータルサイトを送付』の旨記してありますがまったく送信はなく、記載の住所と電話番号ももちろん真っ赤なウソだったという案件も過去にあったという話も聞いています。

次に、計算上
毎月30万円以上もらう為には、更に300万円以上入金しないといけないということで、10万とか30万を支払った後に、バックエンドでたくさんの高額商品をバンバンと売り込んでくるような案件が非常に多いですね。

で、このような販売者にとって、不利な情報というのは無料オファーでは、一切触れられずに

そして、高額商品を売った後に、どんどん購入者に不利な情報を提示してきて、購入者に不利な条件を解決するためには、50万とか100万というような高額商品を購入しなければならないと
煽ってくるようなケースもあります。

「ビットコイン再分配プロジェクト」のようなビットコインの案件には、

●本当に許せない

●大きな天罰が下ってほしい

●金儲けしか考えていない酷いやつ

というような
憎悪の念をたくさん持っている方が
たくさんいらっしゃるということも分かります。

レビュー

熊崎雅章「ビットコイン再分配プロジェクト」に関して。

過去の政治活動とやっていることが全く違うということで、借金の穴埋めや更に儲けようと考え、このようなローンチ活動を仕掛けている可能性が非常に高い。

仮に借金の穴埋めのためのローンチ活動だった場合、ローンチで大きな売り上げた後、逃げる可能性が非常に高い。

仕掛け人の熊崎雅章さんのットコイン再分配プロジェクト」に関しては、

過去の政治活動と自己矛盾が激しいことや、初回動画を見ただけでも金融ど素人、暗号通貨を全く理解しないないことが、はっきりとわかることや、熊崎雅章さんの「ビットコイン再分配プロジェクト」のようなビットコインマイニング案件に関して、すでにビットコインのマイニングは一個人レベルで出来ないのにローンチしている矛盾点から絶対にお勧めできるような案件ではありません。

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.