Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



BTC相場分析

2018年11月13日 レンジ相場の終わりを見極める! BTC相場

投稿日:

レンジ相場の終わりを見極める! 今の値動きをチェック

昨日の急騰は結果として急落による急反発による一過性の上昇でレジスタンスゾーンで上げ止まりを見せ、その後小さな時間軸で形成された逆三尊も上昇できず否定し時間の経過とともに徐々に高値を切り下げ、下落目線を強めた値動きになってきている。

しかし、日足の確定直前にサポートゾーンをタッチしたのをきっかけに力強い反発を見せ、まだまだサポートライン健在をアピール。

レジスタンスとサポートどちらのゾーンが健在な限りレンジ相場は続くが、その賞味期限も持って数日。

どちらに抜けるのか?

分析していきたいと思います。

これからの値動きの前に週足 日足を再チェック

週足は昨日の急騰で上ヒゲをつけたものの陰線になっています。

ここで一つ注目して欲しいのは9月の急落後のロウソクの実体部分。

今まで何度か説明してきていますがロウソクが逆U字を描くように天井を固めてた後、10月の大きな下落が発生しています。

今回もすでに4週にわたり逆U字のように天井を固めてきていて今週は5週目。

このまま下げ目線が続くと週足が確定する前に大きな動きが出る可能性が非常に高いと思っています。

日足は昨日の上昇を全て打ち消し陰線で確定しています。

今日このまま下落していくと三尊が形成され、下落目線が強くなりサポートゾーンを力強く試す蓋然性が出てくると思っています。

現状を把握して、これからの値動きを予測

これからの時間、少なくても一度はサポートゾーンを力強く試してくると思います。

そのまま突き抜けもう一段下のサポートゾーンまで行く可能性もありますが、何度も何度もサポートしてきたゾーンを超えるには、上昇前同様もう少し時間的価格的調整をした方が確実性が増すのでは?と思っています。

例えるなら上のスクショのような値動き、大きな時間軸でのABCの値動きですが、その中で2度くらいはサポートゾーン付近で揉み合うのでは?と思っています。

分析参考資料(引用元)

私がいつも情報をとり勉強しているトレードスクールです。

口座開設方法にはじまり、資金管理方法やレバレッジの計算方法など、もっとも基礎に重きを置いているので、ついこの前までの私同様、0からトレーダーを目指して勉強したいという人、稼げないツールを掴まされたり当たるというシグナル配信のサロンに参加し、配信に依存したゆえに損失を出したという人にお勧めします。

※詳細については以下の画像をクリックしてください。

FX帝王学

 

上記スクールの他に私がいつも相場の値動きについて勉強している御堂唯也さんのYoutube動画もおすすめです。

https://www.youtube.com/channel/UCpyG7cTjh1nIBW5aWYZ5z7g/featured

また御堂さんの最新情報はTwitterで入手できるのでフォローしておくと良いです
http://twitter.com/Mido_yuiya

どちらが良いのと良く聞かれますが、両氏とも超一流だと私は思っています。

当然、両氏の意見が同じ時もあれば異なる時もあります。

しかし、それは一人の投資家の意見として謙虚に受け止め、その意見を参考に自分でチャートに向き合うことで自分の納得する分析ができるようになってきます。

誰が良いかでは無いし、どちらの分析が優れているかではありません。

利益を出してフィールドに立ち続けれてる者全てが勝者です。

TwitterはじめYoutube、アメブロやリアルセミナーに参加し色んな講師やインフルエンサーを見てきた中で両氏は、ずば抜けていますよ^^

ただ、適当に解釈し楽して金儲けできるんだみたいな思考でミラトレまがいなことをする残念な人がいるからアンチが生まれてるだけです。

勘違いしないように。

 

グーグルアドセンス




-BTC相場分析

Copyright© サトロウ会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.