Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



BTC相場分析

2018年11月21日 下落は終了 しかし、これからすぐ上昇する訳では無い BTC相場

投稿日:

下落は終了 しかし、これからすぐ上昇する訳では無い 今の値動きをチェック

19日から始まった下落相場もクライマックスを迎えました。

4200$まで下落したら一気に買い圧力が強くなり、一旦下落中に揉み合った価格帯まで自律反発を見せました。

しかし、まだまだ市場は下げ目線。

中途半端な買い圧力はただの調整と言わんばかりに再度下落圧力を補充し再下落あわや4000$割れ寸前まで下落してきましたが、今回の下落はここまでのようです。

下落圧力を一気打ち消す強い買い圧力で急反発してきました。

その後、再度下を試してきましたが、もう売り圧力に力はなく4200$を割ったところで反発され、今は4300$のところで揉み合っている状況です。

相場環境の変化が起きたBTC 今後どのような値動きが自然なのか分析して行きたいと思います。

これからの値動きを分析する前に週足 日足を再チェック

昨日の下落でさらに実体が大きくなりました。昨年の急騰時に揉み合った4600$も、あっさり下抜けしてきました。

日足は前日よりも実体を小さく下ヒゲの長い陰線で確定しました。

まだまだ下落目線は継続ですが、下ヒゲの部分はかなり強い買い圧力で支えられていると感じます。

現状を把握して、これからの値動きを予測

今は細かい値動きで相場環境が変わるので15分足の方が分かりやすいので15分足チャートをメインに分析しました。

下落後の反発急騰で2Bが出ていますので、今後は上昇していく可能性が高いと感じます。

実際底値切り上げでアセンディングトライアングルを形成してきているので再度上抜けする蓋然性が十分あると思います。

とはいえ、まだまだ中期目線では下落トレンドの範囲です。これから4200$〜4700$のレンジの中でブルーのトレンドラインのように下落の平行チャネルレンジを形成する可能性も十分あります。

私は、どんどん頭は押さえつけられてくるるけど何とか4000$のラインを死守してどんどん値動きに煮詰まりを見せてくるのでは?と想像しています。

こんなイメージです。

まだまだ戻り高値を狙ったショートエントリーをしつつ買い場を探る戦略がこれから重要になってくると思います。

 

グーグルアドセンス




-BTC相場分析

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.