Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



BTC相場分析

2018年12月10日 底値圏での力強い反発で3600$を超えてきた BTC相場

投稿日:

底値圏での力強い反発で3600$を超えてきた BTC相場 今の値動きをチェック

9日の早朝、再度3200$下抜けを試しに下落したBTC

しかし、底値は固く前回の安値を更新することなく急騰!

この急騰から相場環境が変わってきた。

今までの下落圧力が感じられず、ジリジリ頭を押さえつけて下落しても続かず、今までの下落を打ち消す力強い自律反発が目立つようになってきた。

そして、ついに今まで頭を押さえつけられていたトレンドラインを力強く上抜いて上昇し3600$を超えて行った。

しかし、流石に3600$の領域は下落前から何度も何度も揉み合った領域、簡単には上抜けできず、一旦調整下落をしたBTC

調整後、上を試して高値更新なるか?

それとも力尽き、底値を試しにいくのか?

どのような値動きがごく自然なのか今日も分析して行きたいと思います。

これからの値動きを分析する前に週足 日足を再チェック

週足は前回までヒゲだった部分を実体として確定しています。

依然として下落目線は続いているといえます。

日足は、陽線コマから陽線となって確定しました。

底値圏を試したことによる力強い自律反発が起きたことが分かりますが、下落前何度も買い支えられた3600$が今度はサポートゾーンから転じてレジスタンスゾーンになっていて上昇を阻んでいる状態です。

現状を把握して、これからの値動きを予測

今はブルーのレジスタンスゾーンと何てことないオレンジのトレンドラインが意識され頭を押さえつけられている状況といえます。

底値とのラインで三角保ち合いを形成している感じです。

日足ベースだと前回上昇時のロウソクの値動きが非常に似ていて

今日の値動き次第では再度下落していく可能性があることが感じられます。

全然関係ないですけど、この形が一つ綺麗に決まり、さらにもう一つ形成しようとしていることから陰謀論を感じさせられます。

夜明けのはじまりなのか崩壊の始まりなのか?

この数日の値動きで見えるかもしれません。

グーグルアドセンス




-BTC相場分析

Copyright© サトロウ会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.