Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



BTC相場分析

2019年2月15日 アセンディング失敗も底固く、どんどん値動きが縮小している BTC相場

投稿日:

アセンディング失敗も底固く、どんどん値動きが縮小している BTC相場 今の値動きをチェック

昨日の見せていたアセンディングトライアングルの上昇は、ブレイクできず儚く下落に転じたが、まだまだ底値は健在、最安値を更新するも力強い自律反発を見せ、再度徐々に底値を切り上げて上昇する値動きをしている。

しかし、もう上昇する力があまり感じられない。とはいえ下落も中々進行しない静まりかえった状態。

明確な値動きがなく平行チャネルレンジの中央でもあり、手を出せない状況とはこのことだ。

しかし、こんな時に次行く方向を見極めることができれば、どんな相場環境でも立ち回れるというもの。

今日もしっかり分析していきたいと思います。

これからの値動きを分析する前に週足 日足を再チェック

週足は変わらず陰線の状態。

真上には売りに厚い抵抗領域が何層もあり、加えて11月12月に何度も頭を押さえつけてきたトレンドラインに接しようとしていることから、相当上値が重いということが汲み取れる。

日足は下ヒゲの長い陰線コマで確定。

最安値を深掘って実体も切り下げているが、買い厚いサポートゾーンで下げ止められているという感じだ。

現状を把握して、これからの値動きを予測

急騰してからすでに6日間が経過しているが、上に行くか下に行くか明確な判断ができない状況。

パッと見、実体を切り下げたディセンディングトライアングルにも見えるが他の取引所のチャートは実体を切りそろえて逆三尊を意識させられるところもある。

正直、判断できない。

せめて、平行チャネルのライン側で値動きがあれば判断もできるが、中間領域だと翻弄されてしまう。

こういうときは、少し距離を置いて待つしかない。

焦らず、大きく動き出す時の初動を見極めるのみ!

グーグルアドセンス




-BTC相場分析

Copyright© サトロウ会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.