Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



BTC相場分析

2019年2月19日 この上昇でトレンド転換は妄信!では、どこまで期待できるか? BTC相場

投稿日:

この上昇でトレンド転換は妄信!では、どこまで期待できるか? 今の値動きをチェック

昨日、分析していた上昇ウェッジは夜に力強く上抜け、上昇トレンドの力強さを示したビットコイン相場。

目先のターゲットでもあるトレンドラインとボックスも一時的に上抜けをし、まだまだ上を試す勢いを感じる。

今の段階では、どこで上げ止まるのか正直検討もつかない。

売りの厚い抵抗領域に喰い込んできた今、更に上を目指すか?それともここで失速するか?

今日も分析していきたいと思います。

これからの値動きを分析する前に週足 日足を再チェック

週足はさらに実体を大きくした陽線の状態。

直近のロウソク足がU字を描いて底固めしてきているように見えるので、まだまだ上を試す蓋然性を感じる。

日足は大陽線で確定。

急落後、何度も頭を押さえられてきたトレンドラインを一時的にも力強く上抜けて、今はトレンドラインにサポートされるかのように上を試していくようにも感じる。

現状を把握して、これからの値動きを予測

ここまで上昇してきた今、そのまま一つ上のピンクのボックスを目指し上昇してくるのが現実化してきたと言える。

それは、急落相場以降、何度も何度も頭を押さえつけられてきたトレンドラインを超えてきて、なお上昇圧力に衰えを見せていないからだ。

明らかに今までの相場環境と異なっていることが言えると思う。

2月12日の相場分析で書いた私の妄信が現実化してきてる状態だ。

今回の上昇はまさしくW底(ダブルボトム)の右辺形成の上昇と私は判断している。

しかも左辺は調整を妥協して下落してからの自律反発で儚く散っているが、右辺は時間的調整をしっかり行い底固めをしてからの急騰、急騰後にさらに時間をかけ揉み合ってからの急騰を見せていることから、ちょっとやそっと頭を押さえつけられても簡単に下落に転じる相場環境でないと言える。

その証拠が日足で説明した何度も何度も頭を押さえつけられてきたトレンドライン越えだ。

しかし、これがトレンド転換と思うのはまだ早い。

トレンド転換するには去年何度も何度も頭を押さえつけたトレンドラインを超える必要がある。

しかし、今の上昇圧力でそこまで上昇し、去年何度も何度も頭を押さえつけたトレンドラインを超えることが出来るかというと、それは妄信。

4000$より上は安値で買った決済売りや新規売りが入りやすく、まだまだ岩盤級の固さを示してくる蓋然性は高い。

その後、急落後何度も何度も頭を押さえつけたトレンドラインでサポートされ再度上を試すと、アセンディングトライアングルになる。しかも変形ではあるが逆三尊を意識する投資家も出てくるので岩盤級に固い4000$ゾーンも上抜ける仮説が見えてくる。

実際どうなるか?先のことはまだ分からない。とりあえず目先として、どこで上げ止まりを見せるか?上げ止まった時の売り圧力の強さがどれくらいあるのか?

そこに注目したい。

グーグルアドセンス




-BTC相場分析

Copyright© サトロウ会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.