Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



BTC相場分析

2019年2月8日 節目が見えた!短期目線は下で確定 BTC相場

更新日:

平行チャネルレンジを形成し、何とか底値を切り上げジリジリと上昇していたビットコイン。
しかし、新規の買いが集まらず直近高値に接した段階で売り込まれて失速。
平行チャネルを意識していた投資家も離れていき安値圏へへばり付くように下落してしまった。

安値圏を試す動きが6回目ともなると自律反発の力も弱まりいつ下抜けしてもおかしく無い雰囲気だ。

おそらくここから上昇しても下落圧力を溜める(上値の重さを確認する)一過性で終わるのが濃厚と言える。

とはいえ何が起こるか分からない。

想定外の値動きを作らないように今日も分析していきたいと思います。

週足は陰線となっている。

先週の陰線に続き今週も陰線で確定すると、時間をかけ天井固めをして下へ向かう準備を整え最安値圏を再度試しに行くという目線で確定しそうな雰囲気だ。

日足は上ヒゲが長く下ヒゲの短い陰線で確定。

1/29以降のレンジ相場で初めて実体を深掘り徐々に実体を切り下げていることから、どんどん下落圧力が強くなっていることが汲み取れる。

このままジリジリと下落し節目を超えた段階で一気に下落が加速するということも十分考えられるが、まだ最安値まで深掘った時点で強い自律反発があってもおかしくない。その場合は一時的に3380$~3400$まで上昇してくる可能性はある。
しかし、そこでトレンド転換し上昇していくという可能性は限りなく低い。

圧倒的に目線が下に向いているがポジションに偏りは見られてないからだ。

目線が偏り➡︎値動きからポジションを持ち➡︎ロスカットを巻き込んで下落

目先はこの流れが来るだろう。

その後、また時間をかけポジション解消+新規ポジションでレンジ相場を形成しトレンド転換していくと思っている。

グーグルアドセンス




-BTC相場分析

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.