Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

8/24前後、ビットコインは2,888ドル(約32万円)からさらに急騰する!?

投稿日:

なぜ仮想通貨相場は一時暴落したのでしょうか?

7月16日、ビットコインをはじめとした仮想通貨が軒並み暴落した。ビットコインも26万から27万円の水準で推移していたが、一気に21万円台まで下落した。

この暴落の背景には様々な要因が挙げられますが、まず大きな要因の一つとして、ビットコインの電子台帳のスケラビリティ問題の結論が8月1日に発表され、ハードフォークになる可能性を見越しての動きと見られている。ハードフォークの場合、ビットコインは既存のBTCとBTUの2つの仮想通貨に分離する。これを見越してのビットコインの現金化が、今回の暴落の最大の要因とされています。

また、ほかの仮想通貨では、仮想通貨の開発費用を賄うためのいわば株式のようなICO(Initial Coin Offering)の発行ラッシュがあった。このICOを得るため、資金を確保するための仮想通貨の売りが加速。このことが多くの仮想通貨暴落の背景にあったと見られています。

しかし、19日には一転して価格は戻している。ビットコインは下落する前の26万から27万円の水準を回復しつつあるし、ほかの仮想通貨も軒並み価格を戻している。

 

ある程度、予測されていたビットコイン相場の乱高下

それは8月1日のアクティベートがあるからです。今のビットコインは送金に2日3日は当たり前、ひどい時なら送金エラーで送金されなかったりとプログラムが限界なのは明白であり、大きな改善を至急しないといけない状況だからです。これはこの先も数年間続くことが予想できますが、後で振り返ると変化は2017年の7月、8月そして9月に始まっているようにチャートで確認できるのではないでしょうか。この変動は、7月の最後の週から始まる地震の多発と連動している。このような背景のため、ビットコインの相場は獣の歯のように乱高下を繰り返す可能性があります。

気になる今後のビットコイン相場!

8月1日のアクティベート後が落ち着くまで乱高下が続くと思っていますが、8/24あたりでボトルネックとなっている障害が解決されるので、8月末にはビットコインは最高値の4800ドル(52万8000円)まで上昇するという情報が一部で出ています。そして、同じ時期には新しい仮想通貨がどんどん発行されると同時に、仮想通貨の分野に関連したニュービジネスの起業ラッシュが起こり、楽観的なムードになる可能性がとても高いです。

クリフ・ハイ氏の最新予測

元マイクロソフトのコンサルタントでWEBBOTの主宰者であるクリフ・ハイ氏は「仮想通貨の価格が暴落しているが、騒いではならない。これは予測されていたことだ。23日の週にはおそらくヴェリタシアム(VERI)ではないかと思うが、大きな発表がある。また、ウェブボットのデータでは、ビットコインは8月24日まで乱高下を繰り返すとある。それは、歯の歯肉線のように、激しい変動の動きとなるはずだ。しかし8月24日前後にビットコインは高騰する。データではそのときの価格は2888ドル(約32万円)となり、それからはこれがベース価格となり、一気に高騰する」WEBBOTのデータは絶えず変動しているので、明日になったら予測の修正は入り、今書いてることと違う内容になっているかもしれませんね。

 

まとめ

ビットコインはじめ多くの仮想通貨は、まだまだ世の中に浸透していません。

  1. クレジットカードが当たり前になった。
  2. 携帯電話が当たり前になった。
  3. インターネットが当たり前になった。

当たり前になった後の市場規模はどうなっ理ましたか?

物凄く成長しましたよね!

そして仕掛けた会社は急成長を遂げています。

仮想通貨も同じです。

使う人(欲しい人)が増えれば増えるほど、需要が供給を上回り価値がどんどん上がってきます。

まだまだ仮想通貨バブルは始まったばかりです。

仮想通貨を学び資産構築をするのは、今からでも十分間に合いますよ!!

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© サトロウ会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.