Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

2021年2月には10万ドル? ビットコインの価格は「ムーアの法則」に従っていた!

投稿日:

ビットコインは8月11日(現地時間)、最高値を更新した。

だが、まだまだ上がりそうだぞ!

2つに分裂したにもかかわらず、先週7月31日から1週間で16.19%上昇、年間でみると、465%の上昇となっている。(注:取引所によって多少の誤差がある。)

ビットコインの投資家であり、ハーバード大学の研究者であるデニス・ポルト(Dennis Porto)氏の出した分析結果を見たらマジでワクワクが止まらなくなったのでシェアする。

ビットコインの価格は、10万ドル(約1100万円)に達する可能性がある。もし、テック業界の「ゴールデンルール」に従うなら。そう、ムーアの法則だ。
ムーアの法則は、インテルの共同創業者ゴードン・ムーア(Gordon Moore)氏によって1965年に考案されたもの。デジタルテクノロジーの指数関数的な発展について述べている。
「具体的には、回路上のトランジスタの数について述べたものだが、あらゆるデジタルテクノロジーに適用することができる」

「指数関数的に成長している(すなわち、ムーアの法則に従っている)テクノロジーは、倍増している」
一般的にムーアの法則はさまざまなテクノロジーの計算能力や処理能力に適用されてきた。今回、ポルト氏は、ビットコインの価格がムーアの法則に従っているだろうと分析している。
ポルト氏によると、ビットコインの価格はスタート以来、8カ月ごとに2倍になっている(ムーアの法則は「半導体の集積率は18カ月で2倍になる」というもの)。

今後も8か月ごとに倍になると、2021年2月には10万$を超えるという分析です。

今、1BTCが42万円で試算したら26倍以上値上がりする事になる。

ハッキングされたり、トランザクションが大渋滞になったりと色々問題が尽きないビットコイン。

本当に10万$になるかどうかは分からないが、利用者の増加に伴い常に改善され、どんどん進化していることから十分期待できると思う。

2020年の時点でどれだけの価値になってるかです。

2017年は年末までに40万~50万程度まで価値が上がるだろうと言われていたのに、もう42万超えてきました。

もしかしたら『ムーアの法則』以上に跳ねるかもしれない。

でも、行き過ぎた価値の上昇は急落の前兆とも言えるから、買うタイミングは十分注意が必要。

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© サトロウ会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.