Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

政府が暗号通貨を発行する日!シーンに合わせ価値ある暗号通貨を自動選択利用する時代に

投稿日:

米シティグループCEOが、「各国は自国の暗号通貨を発行するだろう」と話していますが、既に動いている国もあります。そして、米投資家が「5年後には法定通貨を使うと笑われる世界がくる」とまで発言しました。円が消えるということではなく、法定通貨が暗号通貨となり、人々はシーンに応じて価値のある暗号通貨を自動選択利用する時代がやってくるのかも。3メガバンクのみずほFGを例とし暗号通貨の将来をご紹介いたします。

米ベンチャー投資家のティム・ドレイパー氏は今月、リスボンで開かれたITイベントで、今から5年後には法定通貨を使うと笑われる世界がくると語った。米フォーブス記者に語った。

今から5年後に、法定通貨を使うと笑われる時代がくる。ビットコインとその他の暗号通貨がもっと普及し、法定通貨をもつ理由などなくなる。

また、同氏はアルトコインにも未来があるとし、次のように述べている。

暗号通貨同士の両替レートがでてくるだろう。私の予想では、スターバックスのコーヒーを買おうとすると、暗号通貨ウォレットが中にはいっている通貨の中から一番価値のあるものを自動的に選んで支払いがおこなわれる世界がくる。

参考⇨https://jp.cointelegraph.com/news/fiat-currency-will-be-laughable-in-five-years-says-billionaire-tim-draper

法定通貨とは日本で言えば円のことですが、ここでは今の普及している暗号通貨を指しているようですが、別の意見も当然あります。

それは、各国政府が発行する暗号通貨(日本でいえば今開発中のJcoin)が、世界の国々で発行することにより、現物の紙幣や銀貨という法定通貨よりも、デジタルの法定通貨の利用がメインになるでしょうという話です。
今存在する「暗号通貨」が法定通貨にとってかわるという考え方ではなく、法定通貨の暗号通貨バージョンに比重が移動していく可能性はJcoin開発という話からも現実に近くなっています。

それは、なぜか?

考えてみると、お金の本質が見えてもきますよね^^

だから世界のいたるところでこんなことを呟かれているんですよね。

米金融大手シティグループのマイケル・コルバット最高経営責任者(CEO)は8日、ニューヨークで行われたブルームバーグとのインタビューの中で、ビットコインやその他のデジタル通貨は政府による暗号通貨発行を促すだろうと述べています。

同氏によると、ビットコイン等の暗号通貨はデータ、徴税、資金洗浄、本人確認プロトコルなどの分野における既存の金融システムの機能を脅かすという。

また暗号通貨に対抗して各国政府は自国のデジタル通貨を発行するだろうと予想。

政府は暗号通貨というよりも、電子通貨を導入する可能性がある。

使う使わないは自由としても、あとはどの国が順次行っていくかだけのことかもしれません。

「ありえない」と思われる方もいるかもしれませんが、現実に世界では準備中の国がいくつもあります。きちんと国から発表されており、日本も同様に言われています。

なぜなら、暗号通貨そのモノへの対抗というだけではなく、暗号通貨の基盤となっているブロックチェーン技術については非常に素晴らしいと思ってるからです。

それは、コルバット氏のインタビューでも「暗号通貨の基盤となっているブロックチェーン技術については非常に有望」だと話していて、既にシティーグループでも「シティコイン」とよばれる電子通貨を開発しているとのこと。今後「シティコイン」は外貨等のクロスボーダー取引における課題を解決するのに使われる予定らしいです。

また、同社のシティーコネクトを通して、ナスダックと共同でブロックチェーン上で非上場株式の取引をする手法について研究も進めていると言っています。

実際に日本でもブロックチェーン技術を導入した3メガバンクが、ブロックチェーン導入効果により、経費が大幅に削減でき時間短縮もはかれる結果が出ていて、その結果、業務削減を発表しています。その中でもみずほについては人員削減も発表しています。

参考記事⇨https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23412230T11C17A1EE9000/

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© サトロウ会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.