Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog 投資家としての君臨術

FXで損切りできない人はいずれ退場(大損)する

更新日:

私は過去に保有ポジションを損切りできずにデポジット(預入金)の全てを強制ロスカットで一発退場をした経験が数回あるのですが、その経験から「何故、損切りをしないといけないか?」と、どうやって「損切り」する重要性を体に染み込ませたかについて解説します。

・どうしてもトレードで損切りする事が出来ないので、どう考えれば損切りを受け入れるようになるか知りたい。
・損切り出来ずに強制ロスカットされて資金を溶かし、すごく後悔している
・ポジションを持った後、自分の描いたシナリオと逆行して含み損になったのを損失を確定させるのがイヤで損切りラインを移動してしまい結果大損。徐々に口座残高が減ってしまってる。

という人に向けての記事です。

結論から言うと、損切り出来ない人は遅かれ早かれ退場(資金を溶かす)する運命にあるので、トレーダーとして長く生き残っていきたいのであれば、損切りは【絶対条件】であるということです。

その理由として、資金を溶かして退場していくトレーダーに共通することは、その殆んどが「損切りできない」人だからです。

実際にトレードのフィールドに立ち少額でもポジションを持って含み損になった時、負けを認めて損切りができないのであれば、まだ資金を投じてトレードはしない方が良いと言えます。

確かにトレードで稼ぎたい逸る気持ちは分かります。しかし、損切りできなければいずれ資金を全額失うのはほぼ100%確実なので、きちんと「損切り」できるマインドを身につけないと、取り返しのつかない結果になるのを深く落とし込まなければいけません。

実際に私も損切りできずに資金を強制ロスカットされて一発退場の洗礼を過去に受けた経験が数回あります。つまり「損切り」を身につけていないと、いずれ同じことを繰り返す結果になるので、厳しくもその【真実】をお伝えしています。

私はたまたま安い時期に仕込んでいて含み益になっていた暗号通貨があったので、すぐに口座に資金を入れて再度トレードを開始する事が出来ましたが、普通の人であれば、再度トレード資金ができるまで取引出来なくなるのが一般的です。

もしくは資金を失ったショックで「FXは恐い・危ない」となり、多くの人はトレードを辞めるはずです。

与沢翼氏のTwitterではありませんが、辞めたらカモのままです。
痛い目を見たあと、自分の未熟さをはじめ現実を素直に受け入れ努力することこそが重要のはずです。

「痛い目」にあって退場したくなければ、絶対に損切りをすべきなんです。

せっかく現存する職業の中で、誰もが挑戦できて最も稼ぐ事が出来るトレードという投資に興味を持ったのですから「損切りをしない事で資金を溶かし、トレードの世界から退場する」のは絶対避けるべき行為と思っています。

資金を溶かす要因の大半は損切りが出来ないから

資金を溶かして退場するトレーダーの大きな要因は下記の2つです。

【資金を溶かす要因】
・損切りできずに強制ロスカット
・無謀な大ロットで一発退場

この2つしかありませんが、より多くを占めるのが

「損切りできずに強制ロスカット」」

です。

あとは損切りはキッチリしているけど下手すぎて毎回損切りに掛かってしまうため資金を無くすというのがありますが、レアなケースなので今回は省きます(ちなみに、このケースは相場への無理解から起こるので、値頃感でトレードするのではなく、しっかりと値動きの基礎を勉強することをお勧めします。)

つまり、FXで資金を飛ばしてしまう最大の理由は「損切りができない」ということです。

私のロスカット経験談

事実、私も損切りができずに資金を溶かして一発退場させられています。

最初に損切りしていれば数万くらいの損失で済んでいたのに、そこで損を確定させることができずに「もしかしたら値が戻るかも、いや戻るはずだ」というポジションを持った後になりがちな偏った思考であったり、何の根拠もない妄想をし続けて、どんどん含み損を拡大させていきました。

その時の心境は確か以下のような感じでした。

含み損序盤
自分の描いているシナリオと違うな、、、

損切りしなきゃいけない。

でも損失を確定させるのは、まだ早い気がしないでもない。

過去に何度も押さえつけられた領域があるからそこから一気に反転して利益になるというシナリオもあるから、もう少し様子を見よう。

含み損中盤(序盤で妄信した領域を超えていってしまった)

マジヤバい。。でもTwitterなど見てみたら、そろそろ反転してくるという情報もあるし、すぐそばに分厚い抵抗領域あるし、短期間で一気に動いた感あるから、そろそろ反転するんじゃないの(頼むから反転してくれ)。今更デポジットしている資金の約半分を損切りできないし、こんな思いするなら最初にさっさと損切りしとけば良かった!

含み損終盤(中盤で妄信した領域をも超えていってしまった)

遂に含み損が原資の2/3を超えたしまった。どうしよう。。でもさすがにここまで進行してきたら行き過ぎ。Twitterでも過熱感あって相場が行き過ぎているという情報も結構あるしここが転換点の節目となってでここから反転するな(頼むから反転してくれ)

含み損最後(終盤で妄信した領域をも超えてしまった)

あぁ、もう終わった。。全然反転する気配がない。もうこんな所で損切りできない。維持率がそろそろマジでヤバい。。でもこうなったらゼロか利益になるまで持ち続けるだけ!ロスカットになったらなったで仕方ない!

ロスカット

あ。。。

なんてバカな取引をしたんだ!

悔しい!悔しい!悔しい!

という感じで結局「強制ロスカット」の一発退場をくらい、この時に損切りの重要性を理解し、今後は絶対に何が何でも損切りすると誓いました。

頭と心の餌は違う!理解しても損切りは簡単に出来ることじゃない!

しかし、私はロスカットで退場した経験は1度ではありません。

数回、退場しています。

あれ?おかしくない?

損切りするって誓ったんじゃないの?

と、思っているかと思います。

何故、同じ失敗を何度も繰り返すのか?

それは、頭と心では餌が違うからです。

頭では理解していても、心(本能)が理解できていない。

これは、「プロスペクト理論」という不確実性下における意思決定モデルに当てはまります。

プロスペクト理論

プロスペクト理論は、たとえばファイナンスにおける意思決定などにおいて、人々が既知の確率を伴う選択肢の間でどのように意思決定をするかを記述する。期待効用理論のアノマリーを克服する理論として作成された。「プロスペクト(prospect)」という語は「期待、予想、見通し」といった意味を持ち、その元々の由来は宝くじである。期待効用理論の「期待(expectation)」という語に替わるものとして名前に選ばれた。
行動経済学における最も代表的な理論の一つとして知られており、そのモデルは記述的(descriptive)である。規範的(canonical)モデルと異なり、最適解を求めることよりも、現実の選択がどのように行われているかをモデル化することを目指すものである。個人が損失と利得をどのように評価するのかを、実験などで観察された経験的事実から出発して記述する理論である。
プロスペクト理論では、二種類の認知バイアスを取り入れている。 一つは、「確率に対する人の反応が線形でない」というものである。これは、期待効用理論のアノマリーで「アレのパラドクス」としてよく知られている。もう一つは、「人は富そのものでなく、富の変化量から効用を得る」というものである。これと同様のことを、ハリー・マーコウィッツは1952年に指摘している。

プロスペクト理論 ウィキペディア(Wikipedia)

プロスペクト理論を私なりに一言で表すと、「人は損するのが大嫌い」と表現します。

いかなる場合も合理的に行動すると思われている人間は、損得が絡むケースでは「非合理的な行動」を取ってしまいます

プロスペクト理論について分かりやすく解説している動画があるので良かったらご視聴ください。

「プロスペクト理論を理解し、ルール通りにトレードすることに徹する。」

でも、これを簡単に実行できる人はいないというのが市場で生き残るのが難しいと言われる大きな要因の一つだと思います。

ではなぜ心が「損切り」できないのかについて解説していきます。

損切りできないのは精神的に損を確定するのがイヤだから

私はこれに当てはまりませんでしたが、精神的に損を確定させるのが嫌で損切りできないというケースがあります。

これは自分の描いたシナリオを信じ、それが崩れていることを認めること(自己否定)ができないときに陥るケースによくなります。

何故損切りができないかと言うと「相場から自己否定されることへの恐怖」+「金銭的損失の恐怖」の2つがダブルで襲ってくるからだとよく言われています。

この否定&金銭的損失の恐怖は「死の次に恐い感情」という説もあるので、人が本能的に損切りが出来ないのはある意味、論理的整合性が取れているとも言えます。

しかし、「瞬間瞬間で変わる相場環境をきちんと理解できず、自分のシナリオを押し付けて損切りすべき理由を見出せない」から来るケースもあり、その場合は、相場の知識を身に付け根拠や優位性に基づく理にかなったトレードが出来るようになれば解決します。

つまり、相場の本質が分かり「そこで損切りすべき理由」が分かりさえすれば、損切りしないことは損失を拡大させる可能性が出てくることを理解し、精神的にも耐えられなくなることも理解するからです。

相場のことが分かってくれば、「トレードはトータルで勝つものであり1回1回の勝敗にはあまり意味がない」ということを理解できるようになっています。

1回1回の結果はランダムです。そのトレードが勝つか負けるかは誰にも分かりません。ですが勝ったり負けたりを繰り返しながらも結局のところはトータルでプラスになるような優位性のあるトレードができているかが重要であり、1回1回の勝敗はあまり関係ありません。

仮に勝率80%のスーパートレーダーでも100回のうち20回は負けるのですから、トータルで利益を残していくには、いかに損切りを素早くして「負けの損失額を少なくしていくか?」がポイントとなるので、さっさと損切りしてしまいます。

”何勝何敗と考えることにも意味はない。
問われるのは勝率ではなくトータルでどれだけの損得になっているのかという絶対額だから。
損切りの早さでいえば、今の僕はトレーダーのなかでも上位に入ると思う。買った値段は関係なく、得していても損していても、これから下がりそうだと思ったらすぐに売ってしまう。
初心者はこの損切りができずにつまづきやすい。
「損したくない、損を認めたくない」
という人間的な感情が、相場では敗北につながる。
すばやい損切りはものすごく重要。これはテクニックというよりは心構えに近い。”

cis:一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

”重要なのは勝率ではなく、トータルの利益。
そう考えられるかどうかが勝つための鍵となる。
僕の場合、利益になる取引は3割くらいしかない。小さな損を重ねながらも、たまに大きな得をしようという発想。
これが逆になり、小さな得をいっぱいしていて、たまに大きな損をするようになっていると要注意。”

cis:一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

cisさんの著書にも書かれてますが、こういう相場の本質的なことが分かっていれば「損切りできない」なんてことはなくなり、むしろさっさと小さい損で損切りして次のトレードに備えることが大事なんだということが分かります。

損切りできないのは金銭的に損を確定するのがイヤだから

「金銭的損失の恐怖」を感じるという事は、その損切り額は資金サイズから見たら大き過ぎるという理由があり、それについてはエントリーする際のポジションサイズやレバレッジを見直しすることで解決できます。

つまり、ポジションサイズが大きすぎると、得られる利益は増えますが、一方で当然損失も大きくなります。自分で設定した損切りラインでさえ、既にその損を許容できない金額となっていて、そして損切りできないままずるずるといって最終的に資金を溶かしてしまうケースです。

極端な話ですが、損切り金額が100円であれば、思惑方向とは逆方向へ行ってしまった場合でも、なんの躊躇いもなく損切りできるはずです。それが出来ないということは損切り額が大き過ぎるというわけです。

「稼ぐ」ことにフォーカスしてはいけない!

私はこれに該当していました。

そもそもトレードをするということは、自分の資金を運用して「稼ぐ」という行為であり、なんでフォーカスしちゃいけないの?って思うかもしれませんが、実は「稼ぎたい」という欲の根底に「損失を確定させ資金を減らす苦痛」というのがセットで存在していて、頭では損切りの重要性を理解していても感情が損失を受け入れることができず損切りができないパターンに陥りやすいです。

私の場合、さらに損切りした後も資金を減らしたという苦痛に悩まされ、その後どんなに値動きを研究し優位性があると判断できる状況が訪れても損失を出すかもしれないという思いから最小LOTでもポジションを持つのが怖くなり悩んだこともあります。

こうなると「トレーダーになるのは所詮無理なんだ」と諦める方向に行きかねないのも事実です。

しかし、どんなに優秀なトレーダーであっても、どんなに優秀なファンドマネージャーであっても1,000回トレードして全勝は不可能!

それを頭で分かっていて彼らより未熟な自分に対し全戦全勝を求めるのは、そもそもおかしいです。

でも1回のトレード毎に全戦全勝を潜在的に押し付けるのは稼ぎたいとフォーカスしているからです。稼ぎたいという「欲」に操作されていると自分の都合で値動きを解釈し、無理に想定内の値動きに納めたりして損きりを妥協し取り返しのつかない結果に繋がるので「稼ぐ」ことにフォーカスしてはいけません。

勝つためには稼ぐという思考から一旦切り離し、いかに「ルールを守れるかゲーム」に切り替える必要があります。

なぜかというと相場は確率論ともいえるからです。
どんなに、仮説を立てて優位性ある値動きを導きだしても絶対そうなるとは限りません。
それはチャートの右側は誰にも分からないのだから。
ゆえに勝つときもあれば負ける時もあるということに繋がります。

しかし、その中でも自分が作ったルールに従ったところ勝率が65%とと出るのであれば勝つ方が多いと言えますが、でも残りの35%は負けるということも言えます。

退場する人はこの35%で大きな損失を出しているだけです。

しっかりとカットするべきところでカットする”ルール”を守れば理論上は勝てるのにカットできないが故に損失ともいえます。

過去に損切りせずに放置していたらプラスに転じた。損切り後に描いていたシナリオ通りに動いた経験がある。

過去に損切りできず退場寸前まで追い込まれたが、その後戻してきて建値決済でプラマイゼロで終わったり、プラスに転じ結果オーライになった経験があると、金銭的損失が事実上ない訳で、時間的損失で勿体無い時間を過ごした。ダサいトレードをしたということにのみ反省し、損切りを受け入れなかった事実は無かったことにしてしまうという落とし穴があります。

また、損切り後に描いていたシナリオ通りに値動くと損切りせず持っていれば利益になった勿体無いことをしたと思い、値動き次第ではもう少しロスカットラインを許容する必要があると誤認識してしまい、その結果ズルズルロスカットラインをずらし結果損切りを許容できるラインをも超えてしまうという落とし穴があります。

このように「過去に損切りせずに放置していたら戻してきて助かった経験があるから」と言ってそれを何度もやっていると遅かれ早かれ全資産をほぼ100%の確率で失うことになります。

まだ仮に全資産を失うまではいっていなくても、これをしている限り必ず全資産を失うことになります。

相場は生き残りゲームであり、大きな損失を出して退場する事は絶対にあってはなりません。

損切りがトレーダーに与えられた数少ない特権であることを分かっていない

損切りは”あらゆる不確実性の中で戦うトレーダーに与えられた、唯一確実性のある武器の一つ”なのですが、これを理解できていないことです。
(もう一つはLOTコントロール)

チャートの右側は誰にも分からず何が起こるか分かりません。

そのような状況の中でも損切り「だけ」は最初から分かっています。というより、損切りライン(損失額)は事前に自分で決めることができるのでコントロールすることが可能なのです。

ですからトレーダー側で唯一、自由自在にコントロールできるものが損切りであり、この損切りこそがトレーダーが持つ【与えられた武器の一つ】なのです。

この概念が分からないと一時的にトレードで勝ち続けれることはあっても長期間市場のフィールドに立ち続けることが難しく資金を溶かす結果になりかねません。

相場において「損切り」「LOTコントロール」以外、全て自分でコントロールする事はできません。

常にチャートの右側はどこまで伸びるかも分からないし、どこで反転してくるかも分かりません。もちろんテクニカル分析をしていけばある程度の事は優位性として考慮する事はできますが、未来のことなので実際に何が起こるかは誰にも何も分からないのです。

そんな中で唯一最初から分かっていて、そして確実にリスクを限定できるのは?

そう「損切り」です。

不確実性が支配する相場の中で、損切りだけが唯一コチラで「確定」させることができる【確実なもの】なのです。

この考えを本当に受け入れることが出来れば「損切りできない」ということは無くなります。

どうしたら損切りができるようになるのか?

相場の本質を学び理解する

損切りできない人の多くは、相場に対する【知識】も【技術】も未熟であり、損切りすべき理由の本質をきちんと理解していません。

だから損切りできないと言えます。

例えば

このラインを割ると上昇トレンド継続の優位性が消えて、下落に対して蓋然性が増してくることになるから、今持っているロングポジションを保有し続ける意味がなくなる。だから損切りする。

というような意思決定をする為の知識・材料を持っていないのです。

相場への知識があり、「そこで損切りすべき理由」を分かっていれば、そのポジションを持っていても意味がない上に損失が拡大していくことを知っているので何の躊躇もなく、というかむしろ喜んで損切りするようになれます。

ですから先ほども言及したと思いますが、まず損切りできない人がやるべき最初のステップは、「相場の知識」を身につけ、そこで損切りすべき理由を知ることです。

損切り額=儲かるかもしれないゲームに参加する為の参加費と考える

例えば損切りまでの距離が10pipsの場合、1LOTだと1万円の入場料を払って、最低50pips(5万円)の利益を得るゲームに参加する費用と考えてみれば良いと思います。

1万円払うことで、最低5万円儲かるかもしれない権利を買うとも言えます(実際は1万円失うリスクを呑んで5万円以上獲得できるかもしれないゲームに参加するということ)。

仮に5万円儲からなくても、1万円を失うだけです(しかもその1万は最初から確定しています)。

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に入って楽しい時間を過ごす為に、入場料7,900円を払うのと同じ感覚ともいえます。

違うのはテーマパークで遊ぶ権利なのか儲かるかもしれない権利なのかという点だけです。

相場に期待してはいけないし信用してはいけない!

相場は好き勝手に動き、そこに悪気は一切ありません。

相場に期待するということは自分の思考の押し付けの行為なのですが、そもそも期待したところで相場が反応などするわけありません。

またテクニカルを信用し固執してもいけません。

バリンジャーバンドの枠内で値動きが推移する訳でもないし、逆三尊の形になったからブレイクする訳でもありません。

覚えたテクニカルを心のよりどころにすることで、含み損を抱えたままのポジションに頑固に固執しがちになります。
それはテクニカル指標を覚えれば勝てると思い込みそれに希望を見出し、それを心のよりどころとした結果の現れともいえます。 

しかし・・・
サインが出たからといって絶対そのように値動きが進行するとは限らないのです。
未来の予測に100%確実なものなど存在するワケがない。 

最初から依存し期待をしなければ 裏切られたという感情は生まれないはずなので、そもそも相場は期待してはいけないと認識することをお勧めします。

またポジションを持った瞬間「買ったら下がり」「売ったら上がる」というようなエントリーした瞬間、いきなり自分の想定している値動きに逆行した値動きになったりしますが、別に相場はあなたを嫌っているワケではありませんし、あなたを損させようと攻撃してくる敵でもありません。

あくまでも好き勝手に動いているだけなので気にしてはいけません。

相場は無限の利益の機会を与えてくれています。

ただただ、無心で相場に寄り添うのみです。

まとめ

何故、損切りが出来ないのか? 頭では理解しているのにどうしても出来ない・・・・

私は損きりできず、本当に悩みました。

ブログやYouTubeなど多くの情報を収集したり、実際お世話になってるトレーダー講師に相談し、色々自己分析してきました。

私もそうでしたが、多くの人はネット上に出回ってる理論を学ぶことでその原因を突きとめ理解する事は出来ると思います。

しかし、実際に損切りの出来るトレーダーに成長する事はとても難しく簡単なことではないと言えます。

何故ならば、その感情がどのようにして生まれるか?

それを理解してからでないと躊躇なく損切りの出来る精神状態を作り出すことは絶対に出来ないからです。

たまにデモトレードならできるけど、実際の資金だとデモトレードと同様に利益を出すことができないという人がいます。

それは無意識に金銭的損失を確定することに抵抗していたり、「稼ぐ」ことにフォーカスしてしまい、デモトレードと同じマインドでトレードできていないからということに繋がっているのです。

相場に自分の思い通りに動く事を期待したり、感情を持つほうが間違いであり、何も期待せず信用せずあるがままを受け入れるのが最も重要なことであり

感情を無くし非人間的になる必要があるともいえます。

ゆえにトレーダーとして成功するためには、ある部分において 
人間的感情の欠如が要求される訳です。

トレードには人として当たり前の感情、つまり日常生活で感じる感情をそのままトレードに当てはめるから有頂天・快感・興奮恐怖・裏切り・拒絶・絶望という感情が生まれる。

まさに利益が出ると有頂天になってウェイウェイしたり相場を支配したと自己陶酔したり、含み損が出ると裏切り・自己嫌悪・恐怖・拒絶 といった感情に支配されるということです。

一番重要なのは、感情を完璧にコントロールし一切の感情が存在しない無の境地にたどりつこうと訓練をする前に、マイナスの感情が生まれるメカニズムを理解していなければ絶対に無の境地にたどりつけないことを理解すること。

トレードにおけるマイナスの感情とは

有頂天・快感・興奮・恐怖・裏切り・拒絶・絶望 などの感情のことです。

これは考え方を切り替え、思考回路を根本的に変えなくてはならないのですが、これが難しい。

まずは自分の器が成長し感情のコントロールが出来るようになるまでは、損きりしても勉強代とか参加費として割り切れる程度にLOTを抑えてトレードするのが一番です。

実力もメンタルもできていないうちから、期待に夢を膨らませ、大きなLOTでトレードするとかえって遠回り。

まずは自分の器を成長させることにフォーカスをしましょう。


グーグルアドセンス




-blog, 投資家としての君臨術
-, , , , , ,

Copyright© サトロウ会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.