Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

情報操作!?暗号通貨市場年末年始予想

投稿日:

元ゴールドマンサックスのパートナーで7兆円ファンドでの運用経験もある米投資家マイク・ノボグラッツ氏が、今月予定していた580億円規模の暗号通貨ファンドの立ち上げを延期するとした。ビットコイン価格が本格的に反発するまでに一度8000ドルまで下げる可能性を根拠にあげています。

先週末から今週頭にかけて強烈な下げが頑固な暗号通貨支持者にも懐疑の念をもたらしているのかもしれません。

フォーブスに1000億円以上の資産を有するビリオネアとして認定されたことのあるマイク・ノボグラッツ氏は、長年ビットコイン強気派です。マイク・ノボグラッツ氏は今年に入ってビットコインの予想価格を何度も引き上げており、18年中の4万ドル到達の強気な予想をしている投資家として日本の暗号通貨ホルダーでも一度は耳にしたことがある位有名な人です。

ノボグラッツ氏が計画していたファンドは実現すれば暗号通貨特化型ファンドしては最大になっていたはずです。

同氏は23日ブルームバーグとのインタビューの中で、「市場環境が良くないので計画を再検討した。一時停止ボタンを押すことが賢明だと思う。」

一方で、市場環境以外に利益相反の問題も上げており、ファンド立ち上げの一時停止は単純に相場が原因だけでもなさそうという見方をしている人もいます。

ノボグラッツ氏はビットコインが50ドル、イーサリアムが0.3セントの時から投資している早期投資家だが、17年中に一部売却しており約280億円を得たとされる。

同氏はビットコインは8000ドルまで下げたあと、時間をかけて再び回復。その後1万~1万6000ドルで推移すると見ている。

ゴールドマン出身のノボグラッツ氏はウォール街のベテランであり、見習うことが賢明かもしれない。

 

参考URL
https://jp.cointelegraph.com/news/hedge-fund-magnate-mike-novogratz-delays-new-cryptocurrency-fund-cautions-on-bitcoin

私も年末ということでファンドや投資家の手仕舞いで

$7914~8076近辺までの下落を視野に入れる必要があると思っています。

それは、なぜか?

昨年末と今年のはじめを思い出してください。

年末はそんなに大きく下落もなくむしろ徐々に価値を上げていました。

しかし、5日に中国で取引所営業停止の話が出て一気に40%以上の大暴落がありました。

歴史は繰り返されるという事も十分考え、ここから大きく下げた場合の下落のメドとし$9871~10524近辺、

そこを終値でこえてしまうと、$7914~8076近辺までの下落する予想もしておいたほうが懸命だと思います。

これと同じ予想し$8000近辺までの下落が予測したから参入を見送ると表明してますよね。
但し、また$8000近辺もしくは$9871~10524近辺までの下落をした後、上昇転換が見込まれますので長期ホルダーはあまり慌てることは全然ありません。

まずは$12549.91~12969.97を死守できるかがキモになってきます。
そのまま長期ホールドの方はそれでもいいとおもいますが、一旦リスク回避をしたいけど、もしまた上がってきたら後悔してしまうという方は半分フィアットに変えておくというのも一つの手段かとおもいます。

でも、これって誰でも簡単にできる事でもありません。

下手に目先の利益を追いかけた結果、今まで持っていた枚数を減らすなんて事だって十分考えられます。

なので、私は基本ガチホを推奨しています。

そして、下がったら買い増しする!

これが、一番堅実でリスクなく資産を増やすことができます。

というより、そもそも買い増しに不安を感じるようであれば、ビットコインの基礎、お金の本質から学んだ方が良いです。

そんな中途半端なメンタルやマインドだと、せっかくのチャンスを逃す事になりかねませんからね。

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© 暗号通貨投資家倶楽部 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.