Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンス



blog

Lisk ICOのパイオニア その名も『MADANA』

更新日:

Liskで初のICOとなるMADANAはどんな暗号通貨なのか?

MADANAは、参加者がデータ収集やデータ分析などの市場に参入できるようにするBlockchain技術を使用したプラットフォームであり同時にブロックチェーンを活用したシステムデザインによって非中央集権化しプライバシーや機密情報を保護するサービス。

データ分析を主にしているプラットフォームのサービスみたいです。

プロジェクトの方向性としては、あらゆる種類のデーターを収益化に導き、プライバシーを侵害することもなく、データハックのリスクを最小限に抑えたプラットフォームの構築みたいですね。

一応、公式サイトやLISKのファウンダーmaxkordekがマダナについて書いている記事を更に読み込んでみました。

MADANAはドイツのブロックチェーン産業を可能な限りサポートしたい。

MADANAのチームはドイツ国内からICOを合法的に実施することを目指しており、ブロックチェーン技術の後発になることがドイツにとって今後痛手になる可能性が高いと、ドイツの今後のブロックチェーン発展貢献も視野に入れたプロジェクトとのことです。

 

テレグラムやツイッター、公式ブログなどで情報発信して行くので注目しててくれ!とも書いてありますね。

MADANAが発行するトークンの名称はPAXtoken(PAX)

LISKのプラットフォームで展開されるMADANAプラットフォーム上ではPAXtoken(PAXトークン)が発行されるそうです。

今までのビックデータや個人データは中央集権で管理されており、ハッキングで根こそぎ情報を持っていかれる危険があった問題を解決できるMADANAの決済をPAXでできるということですね。

LISKブロックチェーンを活用した非中央集権型、分散型アプリケーションで運用すれば漏洩、ハック、情報リークなどのリスクも下がることを想定してのことでしょうね

確かにブロックチェーン自体が非中央集権を掲げているのでデータ漏えいなどのリスクは下がりそうです。

それなりにちゃんとしたビックデータを扱う会社なら当然、設備投資で遠隔地にサーバーを複数設けるなどデータ管理を一極集中していないと

思いますが、どんなに優秀なファイアーウォールでもハッカーの手にかかれば破られる可能性はありますよね。

また高いセキュリティを維持するには費用もかかるし大企業でないと難しいのが現状。

よってこのLISKプラットフォームを活用したMADANAで上記のような大企業がやれる分散管理をブロックチェーンの安い仕組みで、多くの企業のセキュリティー強化に貢献しようという感じがします。

ついに始動か!?

2018年8月1日より、MADANAは事前販売のホワイトリスト作成プロセスを開始します。これは私たちにとって、またLiskの生態系全体にとって大きな功績を残しています。私たちは、Liskブロックチェーンプラットフォーム上の将来のdAppのためのプライバシーとデータマネタイズソリューションとして自分自身を位置づけるユニークな機会を持っています。

この点で、私たちは未来が私たちに何をもたらすかについて積極的です。

引用元:https://blog.madana.io/madana-pioneering-lisk-icos-c4ef471c872f

 

正直今までLISKはプロダクトがなく敬遠していた人も多いのではないでしょうか?

まだ安値で仕込めるうちにLISKの検討をしても良いかもしれません。

LISKを購入されるのであれば仮想通貨取引所ビットフライヤーやコインチェックがオススメです。

グーグルアドセンス




-blog

Copyright© サトロウ会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.